プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




 2017年8月6日掲載
RIMG3148.jpg
本年初めにLTD化したWADIA9ですがご近所の東京のI氏のWADI6LTD-Blueを試聴した事で、WAIA9LTDにも更なる高みの音を目指しBlue化への依頼です。
目を凝らせばBlue化の一端が見えますね。
WADIA9は元々音が濃いので出て来る音の迫力はWADIA随一ですね。
音の評価会は後日、東京のA氏・I氏・M氏が集まってするものと思われます。


2017年1月13日掲載
RIMG8910.jpg
今回は東京のA氏からの依頼でWADIA9のLTD化です。A氏は既にWADIA21LTD・WADIA6LTDをお持ちですがさらに音のたかみを目指しての依頼です。

RIMG8768.jpg
このWADIA9のSTリンク入力の1番のコネクタのロックピンが破損しておりましたので以前のWADIA9でも行ったRCAコネクタ入力への変更を実施です。
WADIAで使用しているSTリンクコネクタの受け部分は樹脂で出来ており頻繁な抜き差しには耐えられないものの様ですので、抜き差し時のロックはピンに負担が掛からないように気を付けるしかないですね。


RIMG8804.jpg
今回の表示基盤は過去に行った2台とは基盤が違っています。アフターパーツなのでしょうか・・・

RIMG8767.jpg
コントロール基盤のD/Aアナログ基盤への信号の受け渡し部は、フォトカプラーによる信号伝達を行いデジマスター側の不要なデジタルノイズを遮断しているのが判ります。

RIMG8873.jpg
WADIA9の元のアナログ出力回路は回路設計にかなり矛盾したところが有りRCA出力のGNDやXLR出力のシールドがGND(出力回路の0V)に落ちていないとかRCA・XLRの出力電圧が同じとか通常のCDプレーヤーの基本から外れた物でした。
今回WADIA9初のLTDなので今までの経験より最も良いと思われるアナログ出力回路を新たに制作です。
今回出力回路基板をつくるだけで3日位掛かってしまいましたが、自分でも満足できる仕上がりでホットしています。フラグシップだけに中を見たらなにこれではね。
当然元の回路の矛盾したところは全て解消させ通常と同じ感覚で使用出来る様にしました。

RIMG8911.jpg
流石はWADIA9言った処でしょうか、実施した事が素直に音に反映されている様に感じます。
音の厚みや力強さ・繊細さ等どこをとってもすごいなと思わせる物が有ります。ひとえに作りの良さが音に対してかなりの余力を持っていたと思える結果でした。


 2017_08_06


STUDER A727

Category: A727  

2017年8月4日掲載
修理オーバーホール後5年経過で音飛びや認識不良が出るとの事で再入院です。
RIMG3105.jpg
アイパターンよりピックアップの性能自体には問題が無く5年前と同等の性能を保持しているのが判ります。
前回の処置に使用したパーツに耐久性が無かった事が原因の不具合発生なので、今回は耐久性が有る物を使い再度対処する事で修理は完了です。

2012年2月19日掲載

blog_import_53b8dd5e41e33.jpg
 
今回は広島のI氏よりの依頼でスチューダA727です。
A727はA725の3年後に発売された後継機の業務用CDプレーヤーですね。
外観はA725と殆んど見分けが付きませんが、よく見ると液晶表示器が変更されています。
このA727は1時間位再生するとCDを認識しなくなるとの事で此方にきました。

blog_import_53b8dd5f33ff7.jpg
早速アイパターンを見るとCD認識をしなくなった時は波形がとんでもない事になっています。
RF回路が何か不具合を起こしているのか、CDM1のフォーカスやラジアル動作に何か問題が出ているのかと調査すること2日目やっと問題点を見つけCD認識不具合は解決です。
写真は載せていませんがアイパターンの電圧幅は1.56Vとこれもほぼ新品状態の波形が出ていました。
ほんとCDM1は寿命の長いピックアップですね。

blog_import_53b8dd602a312.jpg
フィリップス系の配線の弱点と思われるコネクタ部分の発錆びです。
緑色の液状となっています。

blog_import_53b8dd60e50c9.jpg
今回はもう1か所錆びが発生していました。
何の関係でこの錆びがでるのでしょうかね。

blog_import_53b8dd61b345c.jpg
バランス出力基板が以前に修理したA725とは配置が違っている様に見えます。
使用している部品や回路はほぼ同じ様なのですが、変更する意味があったのでしょうか。
ルボックスではD/Aアナログ基板が片面基板でしたが、こちらは両面基板になっています。
さすがは業務用ですね。

blog_import_53b8dd62961a6.jpg
修理・オーバーホール・音質改善を行い作業もほぼ完了です。

blog_import_53b8dd63798b6.jpg
フィリップス系の音は安心できる音ですね。
元々がかなりしっかりした音作りをしているのでオペアンプやコンデンサの変更で音域レンジの広がりやスピード感のUPでさらに魅力が増した音に仕上がっています


関連記事
 2017_08_04



2017年8月3日掲載
RIMG3118.jpg
オーバーホール後6年の経過で音飛び、トレイ動作不具合で入院です。
気に成るピックアップは此方も問題の無い状態で一安心です。
不具合の原因はやはりスレッドガイドバーの引っ掛かりの様なのでグリスアップを行いました。
トレイの不具合は汎用ベルトに変更した事での経年によるトレイスピードの低下が原因の様なのでトレイベルトを標準の角ベルトに変更です。

2011年8月18日掲載
blog_import_53b8ddef71107.jpg
 
今回は愛媛のT氏より久々となるWADIA6の修理依頼です。
内容はCDを認識出来なかったり、音飛びが発生するそうです。

blog_import_53b8ddf05590c.jpg
早速アイパターンを測定です。電圧幅は0.89Vとまだ使用出来る範疇の様に見えますがレーザー電流が56mAと既に限界状態となっていました。
波形も時間軸方向でのブレがあり交換をしないと駄目なようです。

blog_import_53b8ddf144f19.jpg
表示窓もおきまりの接着の剥がれが出ている様で少し奥に入っています。

blog_import_53b8ddf1f274a.jpg
ベルトも加水分解により柔らかくなっていますので汎用ベルトで修理です。

blog_import_53b8ddf2d40b5.jpg
普通では見られないWADIA6の側板とフロントパネルとコントロール基板が無い状態の写真です。今回は側板を裏から留めている6角穴付皿ネジを外すときに6角穴をナメテしまい1本のネジを取るのに2時間位かかってしまいました。
少さい6角穴付皿ネジにネジロックをしないでほしいですね。
いつも外す時はヒヤヒヤ物です。

blog_import_53b8ddf3b6517.jpg
それでもオーバーホールも含め作業は順調にすすみほぼ完成状態です。
WADIA6は密閉性が良いので内部の汚れが他のプレーヤーの様に埃等が殆ど入らないので割ときれいです。
但し密閉性が良い分ICから発生するスス状の汚れが内にこもりピックアップのレンズには悪影響を及ぼしている様に思います。

blog_import_53b8ddf4ed0d1.jpg
音は電解コンデンサを交換しましたので力強いWDIA6の復活です。
これはこれで良いですね。


関連記事
 2017_08_03



2017年8月2日掲載
一昨年オーバーホール・音質改善、去年LTD化と段階を追改善されてきたWADIA850の滋賀のT氏より今回Blue化の依頼です。
今年2月の受付予告を見て次のバージョンアップを見越し着手可能となった時にはぜひお願いしたいとの事で、遅ればせながら半年後の実施です。

RIMG3071.jpg
blue化で外したコンデンサですが今回はスケールを一緒に写したので大きさが判ると思います。
音は十分期待に応えられる仕上がりと成っていますのでオーディオライフの充実間違いなしですね。


2016年4月20日掲載
去年の受付で音質改善を行ったWADIA850の滋賀のT氏よりLTD化を行ってほしいとの事で再びやって来ました。
T氏より
「850はO/Hとバランス出力の音質改善で、まるで別物のように生き生きと音楽をたのしませてくれています。これ以上どこを良くするのだろうと思いながらさらなる変貌を聴きたくLTD化をお願い頂く次第です。」(少し文面を端折っています)

以上の申し出でですが音質改善は基礎体力を健全な物とした状態までですが、LTDはその持っている能力を目一杯出せる様に変更をしますのでかなり聴き応えが有る音と成り音質改善では見えなかった表現がハッキリ判る様になると思います。

RIMG6089.jpg 
出力回路用の電源を専用で設ける事は高級機では当たり前の処方ですが効果ありですね。この他にもVRDS機構の補強等音に対して影響の有る改善を施していますが写真ではお見せ出来ません。

今回WADIA850入院中にT氏自身で山手サービスのブログに写っているXLRケーブルを作ったと思われるのでWADIA850LTD+XLRケーブルで音としてはかなりの変化が起こる物と思われますので楽しみですね。


2015年9月8日掲載
RIMG2835.jpg

今回は滋賀のT氏からの依頼でWADIA850のオーバーホールの依頼です。
受付時はノアでの修理受け付けが出来た時期なのですが、ブログで850のオーバーホールを見て所有の850にもオーバーホールや音質改善をしたいとの事で、事前にノアでのピックアップ交換やギアの交換をしたうえで此方にきています。

RIMG2736.jpg 
まずは現状の音出し確認を行いましたが音の出力レベルが低くWADIAの迫力が出てきません。
内部を確認すると出力回路のゲイン調整が設定替えされており音が絞られていました。T氏に確認するとパワーアンプダイレクトで使用する時に850のデジタルボリュームを最大で使う為に設定替えを行ったそうです。
デジタルボリュームが50以下に成らないのであれば基板上でのゲインは落さ無い方が良いと思われるのでスイッチの設定は戻す事にしました。
WADIAのデジタルボリュームは少々落としても分解能を落とさない工夫がデジマスター側のソフトでされておりますので、ハードのゲイン回路等で落とすよりは良好な音に成る様です。

RIMG2748.jpg 
ピックアップの状態確認やギア周りの確認で異常のない事を確認した後でオーバーホールの実施です。
コントロール基板を見るとEFM信号処理ICのデカップリングコンデンサの足が浮いていました。一度は半田をした跡があるので販売後のメンテナンスでのミスでしょうか、直接的な影響が出ない処なので判らなかったのでしょうね。

RIMG2762.jpg 
此方は表示パネルの裏面です。WADIA6・21とは違ってフィルムシートでの表示窓に変更されています。
これなら表示窓の脱落は心配しなくても良いですね。

RIMG2827.jpg 
オーバーホール・音質改善とスムーズに作業もすすみほぼ完成です。
大きさはWADIA6・21と比べ大きいのですがピックアップ周りの確認に関しては整備性が非常に悪くピックアップを交換・確認するには右のD/Aアナログ基板を外すその下に有るコントロール基板上のアイパターン測定ポイントに配線を繋ぎ、その後D/Aアナログ基板を元に戻さないとCDドライブが動かない構造と成っています。

RIMG2841.jpg 
音質改善で音域が広がった事でデジマスターの潜在能力が発揮出来る様に成り気持ちの良い音がでてきますね。
ジャンルを問わず色々なCDを聴いて頂ければと思います。

2015年今年最初の修理受付時にはノアでの修理が出来ていたのですが現在は修理受付がされていない様です。修理不可のWADIAは2012年に販売されたモデルにも及んでおり驚きです。ノアが自社で販売していない物を体よく切り捨てた感じですね。


関連記事
 2017_08_02



2017年8月1日掲載
RIMG3033.jpg
新潟のH氏よりBlue化の記事を読んで我慢できなくなり今年の2月の受付に参加するメールを頂きましたが、
本来リピーターは常時受付OKとしていますが、丁度受付再開案内を出してすぐに本業の予定が入り暫くお待ち願っていた作業です。
ブルーLEDが表示器とマッチしていて良いですね。

RIMG3031.jpg
ブルーLEDの取り付け部の拡大です。
場所が狭いのですが何とか加工できる状態です。

当方が扱っているWADIAの中ではやはりWADIA6後期が元々の作りこみが一番良いのでその分、音の改善巾も大きいですね。
金額的には高いかも知れませんが素のWADIA9+WADIA7をはるかに凌駕した音なので納得して頂けると思います。



2016年7月26日掲載

RIMG7526.jpg




今回はCDX-10000の4台目をお持ちの新潟のH氏からの依頼でWADIA6LTDの作成依頼です。
今回の10台の受付時にはSTUDER D730のオーバーホールと音質改善の依頼でしたが同等のコスト(購入・O/H・音質改善)を投入するならWADIA6LTDが出来るので此方をお勧めした事に拠ります。
A730やD730は業務機器なので「アナログ出力回路はこれくらい音が出れば良いかな」的な造りと成っており音質改善しても劇的な伸びしろは有りません。
方やWADIA6はLTDまで実施するとWADIA9の音質改善した物と同等以上の音が出る程の変化が有るので、投資した甲斐がある機種だと思って頂けます。

RIMG7359.jpg
届いたWADIA6を診ると過去に色々と触った跡が残っており、触っている場所から見るとどうもVRDS機構をアルミ円盤に載せ換えようとして断念した様に見えます。

RIMG7364.jpg
ピックアップは残念ながら寿命まじかの状態だったので交換です。

RIMG7378.jpg
例にもれず表示窓も接着剤の剥がれで片側が完全に浮き上がっており再接着です。

RIMG7425.jpg
コントロール基板はオーバーホールと同時にLTD化の変更も実施です。
LTD化の時は実施する内容が多いのでこの基盤だけでも通常の3倍くらいの作業時間が掛かりますね。

RIMG7515.jpg
改LTD化の時はVRDS機構を始めOSコンデンサやオペアンプ等入手が困難な状態なのでパーツの確保が悩みの種です。
このWADIA6の作業中にも先に向けてのOSコンデンサの手配を行いました。今回手配したOSコンデンサは3年来探していた容量の物です。
写真でも判るように作業後の仕上がり状態もメーカー出荷の物に比べて遜色のない状態に仕上げられるのもWADIAの良い処です。


RIMG7533.jpg
やはりLTDまで実施すると音の深みや表現力が際立ちますので音出しエージングを始めるとオーディオ鑑賞に成ってしまいますね。




関連記事
 2017_08_01




07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.