プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



LUXMAN CL-36 ULTIMATE

Category: アンプ  

blog_import_53b8dc99497a9.jpg
今回は愛媛のK氏よりの依頼でLUXMANのプリアンプCL-36 ULTIMATEのオーバーホールです。
LUXMANの設計者である上原氏のCL-36へのこだわりを込めて作られたアンプで限定200台だったようです。
外観は高級品だと言わんばかりにピカピカです。
触ると指紋が付いて気になってしまいます。

blog_import_53b8dc9a26037.jpg
早速中を拝見すると物の見事に埃だらけです。
幸い錆びは出ていない様なので湿度の低い所での使用だったようですね。

blog_import_53b8dc9b05460.jpg
トーンの切り替えSWは見事に錆びて黒ずんでいました。
切り替えでノイズが出ても当前の状態です。

blog_import_53b8dc9bbc21a.jpg
セレクトSWも同様に錆で真っ黒です。
今回の接点は全て真っ黒になっていましたので使用環境に何か銀を強く酸化させる問題が有ったと思われます。

blog_import_53b8dc9ca6e6c.jpg
高圧ブロックコンデンサは頭が膨らんでいましたので全て交換です。

blog_import_53b8dc9d8010a.jpg
作りはCL-36と全く同じで整備性は非常に悪い作りとなっています。
コスト的に制約がある事はわかりますが、アマチュアが作るような配線をそのまま製品とするのは如何なものでしょうか。
電解コンデンサの交換やSW類の清掃するにはほぼ全バラ状態にして、部品がぶら下がった状態での実施となりました。

blog_import_53b8dc9e8c57f.jpg
ケースは後ろから見ても丁寧に作られている様に見えますが、ひっくり返してみるとなんと底板は釘で打ち付けてあります・・・何か残念ですね。
音は透き通った綺麗な音で良いですね。
しかしベースと成ったCL-36とどう違っているかは実際に横に置いて聴き比べてみなければ判らないですね。

関連記事

 2013_02_06


Comments

申し訳ありません。 

2014年の春から、アンプはやめて、
CDP・DACのメンテナンス専門となっております。
申し訳ありませんが、
アンプについては、アンプ屋さんあたりに、
お尋ねください。

また、しっかり、ネットを調べれば
詳しく書いていらっしゃる方がいると思います。

山手サービス高橋(代理)  URL   2019-03-15 18:24  

Lux CL-36の修理 

Lux CL-36のVolumeが接触不良でガリオームになっています。
自分で交換しようと思いましたが、レバースイッチのつまみが外れません。
つまみはどのようにすれば外れるのでしょうか教えて頂けると幸いです。
西堀より
西堀 齊  URL   2019-03-15 15:14  

 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

受付に付いて

只今、受付は休止中です。 DAC・トランスポートを含むCDプレーヤー専門です。 OH前提の上での不具合対応と成ります。 「修理のみ」の対応はリピーター機器に限定しています。 問合せは、下記メールをコピーペーストして送信ください。 mailto:meerschaum@wonder.ocn.ne.jp    山手サービス 高橋

全記事表示リンク

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

BARCO

CHORD

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

検索フォーム

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.