プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



WADIA WADIA6改LTD-Blue 55台目

Category: WADIA6改LTD  

RIMG7592.jpg 
今回はWADIA6改LTD-Blue 50台目をお持ちの名古屋のY氏からの依頼でWADIA6改LTD-Blue 2台目の作成です。
代替え用に購入されたWADIA6の様ですが中途半端にオーバーホールしたのでは結局使わなくなる可能性があるのでLTD-Blueまで実施する事をお勧めした次第です。

RIMG7403.jpg 
何の役に立つのか判らないオカルト的なパーツです。
当然除去しました。

RIMG7532.jpg 
状態の良い外観でしたがD/Aアナログ基板のブロックコンデンサに液漏れが見られました。
RIMG7485.jpg
コントロール基板の作業が終わった段階ですがここで問題発生です。
表示がちらつき動作チェックが出来ない状態です。表示はクロックを処理している専用のICを交換する事で正常になりましたが、スピンドルの動作にも異常が見られ関係するICの交換するも対処できないので結局コントロール基板を交換する事に成ってしまいました。

RIMG7598.jpg 
コントロール基板にはてこずりましたがWADIA6改LTD-Blueの完成です。

Y氏より興味深いメールが来ましたので紹介です。
「今回のWADIA(2号機)が本来の音であれば前回のWADIA(1号機)はとても同じグレードとは思えません。
中域の厚み、音の分離、定位、実在感、全て、(2号機は)繋いで聴き始めた瞬間から
レベルが違います。
これはすごいと思います。ALTEC(620A)のうたい方が全く違います。2号機が支配しているのがはっきりわかります。」


1号機はどうだったかと思うと、かなり状態の悪い個体であった事が記憶に残っています。
特にD/Aアナログ基板のコンデンサ交換時に大半のランド(パターンのスルーホール部)が取れてしまった事です。
ランドが簡単に取れると言う事はスルーホールとパターン間の接続が不十分な状態で有ると思われるので、信号伝達に支障が出ているのではと考えられます。

当方が扱う機器は中古(メーカーが見放した機器)なのですがこう言った事を鑑みるととにかく大事に扱われた個体を購入するのが無難なのかなと思ってしまいます。

関連記事

 2021_05_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2021_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

受付に、ついて

【2021年6月6日現在 受付休止中です。】
OH前提の上での不具合対応と成ります。
DAC・トランスポート・CDプレーヤー専門です。
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
問合せ・ご依頼については、 下記メールをコピペして送信ください。
mailto:meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
   山手サービス 高橋
「修理のみ」の対応はリピーター機器(当方でメンテナンスした機器の再依頼)に限定しています。 当方でメンテナンスした機器はオーナー様が代っても最後まで面倒をみる所存です。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

全記事表示リンク

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

BARCO

CHORD

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

検索フォーム

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.