プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



STUDER A727 4台目

Category: A727  

2020年3月14日掲載
表示が暗くなってきたので入院です。
RIMG4568.jpg
6年前にはハッキリしていた表示が見えにくくなっていたので汎用のバックライトに交換です。
元から付いていた状態の良いバックライトでしたが寿命はあまり無かった様です。

RIMG4569.jpg
ピックアップは状態も良く劣化は有りませんでした。

2013年11月12日掲載
blog_import_53b8dbb1669d9.jpg
今回は東京のY氏用に愛媛のO氏よりの依頼でスチューダA727の修理・オーバーホールです。
これは2台の修理依頼の内の1台目です。
来た時は電源用ヒューズが外され表示器も不具合で表示出来ない状態でした。
表示器はフロントパネル毎でもう1台のA727と交換しました。
現状確認にヒューズを付けてトレイの開閉を何度かしているうちに取り付けたヒューズが飛んでしまいました。

blog_import_53b8dbb28b2a5.jpg
トレイ開閉だけでヒューズが飛ぶ事はあり得ないのでトレイの動作タイミングを測定してみました。
上からトレイ開信号・トレイモーター電圧・トレイ開端信号・トレイ閉端信号です。
波形を見る限りモーターが勝手に回っていたり、負荷が掛かっている訳では無い様です。
元のヒューズが1.25Aのスーブローの所に1.0Aのヒューズを入れた為に容量不足だったようです。

blog_import_53b8dbb387967.jpg
こちらはヒューズ切れの確認をしている時に見つけたコネクタ部分の発錆です。
左から4番目に緑色の液体が見えると思います。

blog_import_53b8dbb4b92ff.jpg
今回のA727は殆んど使用していたと思われる痕跡が無い位綺麗でRCAやXLRのコネクタもピカピカです。
本体の有色メッキにも発錆びもなくデットストックと言っても通じる位の程度の良いプレーヤーです。
こんなにきれいな個体は今後見られる事は無いと思われます。

blog_import_53b8dbb5ce2ca.jpg
ピックアップの状態も波形やレーザー電流からも新品状態である事が判ります。

blog_import_53b8dbb6f3018.jpg
この後CDの再生不良が発生したのでピックアップももう1台のA727より載せ替えです。
どちらのピックアップも錆びや汚れも無くとても綺麗です。

blog_import_53b8dbb83e201.jpg
音出しするとバランス出力の右側より音が出ないので調べるとコンデンサの不良によるものでした。
使用しなくても壊れるものなのですね。

blog_import_53b8dbb929bb9.jpg
オーバーホールの依頼も有りましたが殆んど使用された形跡が見えないのと音出し確認では音にまだ硬さが残る感じの音が出てきます。
これは電解コンデンサを交換した時に感じるのと同じ傾向なので今回は不具合の修理だけにさせて頂きました。
過去に修理に来たA727とは違い音が立っておりなかなか良い感じの音がします。
たぶんこれが新品時の音だと思われます。

関連記事

 2020_03_14


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2021_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

受付に、ついて

【2021年6月6日現在 受付休止中です。】
OH前提の上での不具合対応と成ります。
DAC・トランスポート・CDプレーヤー専門です。
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
問合せ・ご依頼については、 下記メールをコピペして送信ください。
mailto:meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
   山手サービス 高橋
「修理のみ」の対応はリピーター機器(当方でメンテナンスした機器の再依頼)に限定しています。 当方でメンテナンスした機器はオーナー様が代っても最後まで面倒をみる所存です。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

全記事表示リンク

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

BARCO

CHORD

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

検索フォーム

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.