プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



ZIA FUSION 4台目

Category: FUSION  

2018年2月3日掲載
RIMG4192.jpg
CDが回転不良との事で再入院しましたが、確認するもスピンドルは回らないし、ピックアップのスレッドも動かない状態でした。
ドライブユニットに不具合が出ている様なので動作品のドライブユニットに交換です。


RIMG4202.jpg
ドライブユニット交換でCDの認識・再生は出来る様になりましたが音飛びの発生があり、調べると交換したドライブユニットのスレッドガイドのプラにクラック発生が有りました。
再度メカ部分のみを元の物にもどして音飛びにも対処です。
CDRも余裕で再生する状態なので当分は良い音を聴かせてくれそうです。


2015年1月8日掲載

048.jpg
今回は京都のM氏からの依頼で久しぶりのZIA FUSIONです。
これが昨年の受付した最後のプレーヤーとなります。
音飛びが発生とのことですが、FUSIONは発熱が酷く修理不可となる致命傷の発生率がかなり高いので致命傷でない事を祈りつつ修理対応です。

004_201501081716119c5.jpg 
早速アイパターンを確認すると電圧幅が無く寿命だったのでピックアップの交換で音飛びには対処できそうです。

022_20150108171906d09.jpg 
内部にはM氏みづから熱対策のヒートシンクが至る所に付けられていました。熱対策の実施は良い事ですが、このFUSIONには少し役不足の所が有りますね。

035.jpg 
一目瞭然ですがコンデンサの頭が爆発しそうなくらい膨らんでいます。
トランスの容量が足らないのかFUSIONのトランスは手で触れない位熱く成ります。そのトランスと引っ付くくらい近いのに電解コンデンサの使用温度範囲は85℃タイプの物です。
前回の記事でアフターサービスで此処のコンデンサを交換して85℃の物を付けたと記載しましたが、どうもメーカーが始めから付けている様です。105℃のタイプを使用すれば単価が上がるのは判りますがここのコンデンサは105℃が必須ですね。

043_2015010817360075d.jpg 
電解コンデンサの交換等のオーバーホールや熱対策を実施してほぼ作業は完了です。
ただ残念な事ですが、やはりパルスアレイの劣化が発生している様で外部信号によるDAC機能が使用出来ない状態に成っていました。

051.jpg 
今回オーバーホールのみですが真空管バッファーを使っているので気持ちの良い音が出てきますね。





関連記事

 2018_02_03


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2018_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

受付に、ついて

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、 下記メールをコピーペーストして送信ください。
mailto:meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
   山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.