プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



Mark Levinson No.30.6L

Category: No.30.6  



098.jpg
 
今回は以前WADIA21の修理・オーバーホールをされた東京のA氏よりの依頼でマークレビンソンのD/AコンバーターNo.30.6Lの修理とオーバーホールです。
プリアンプ側にてミュートを行うとパワーアンプの保護回路が働くと言った症状が出るそうで、他のD/Aコンバーターでは不具合の発生は無くこのNo.30.6Lの時のみこの症状になるのでNo.30.6Lに不具合が発生している様です。
2年前に起動不良にてハーマンにて全電解コンデンサを交換する修理を行いましたが片ch音が出ない状態で帰ってきた事が有り、できればハーマンでは修理したくないとの事でした。
丁度福島での仕事が有ったので仕事帰りにA氏宅に寄り症状の確認をおこないました。
A氏のメインの機器構成はプリアンプNo.32LパワーアンプはジェフローランドのModel9スピーカーはJBLのK2 S9500とハイエンド機器の集まりです。
確認を始めると意外に早く原因らしき状態を確認出来ましたので一安心と言った所です。
余裕となった時間でA宅氏にてWADIA6LTDでの試聴会その後A氏のお勧めのお店でWADIA6LTDのI氏と3人でお酒を飲みながら楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。

001_20141223185937fce.jpg 
東京での確認でバランス出力のHOT側に導通が無かったので内部で断線発生とふんでいましたが、どうも回路上に何か不具合が発生しているようです。
回路図がないのでは不具合の判断ができないので最初の作業は回路図の作成です。
調査の結果出力トランジスタへ電源供給しているトランジスタに不具合が見つかりましたので、早速トランジスタの販売を探しました。
同じ型式のトランジスタの販売は有りましたがメーカーの違うトランジスタだと仕様も違っており不良の箇所のみの交換とは行きません。仕様が違う海外製のトランジスタを使う位なら信頼性の高い日本の定番のトランジスタにて代用です。
028.jpg 
アナログ出力回路部分の拡大です。診れる人が見れば判ると思いますがアナログ出力回路にニッケミのKMGの使用です。
デジタル回路であれば妥当ですがアナログ回路には頂けない選択ですね。電解コンデンサは2年前に交換していますがA氏に了解を得て音響用の電解コンデンサに交換です。

021_201412231915187c2.jpg 

不具合で交換したトランジスタや音響用の電解コンデンサの交換を両chに施し本体側の修理は完了です。

097.jpg

電源ユニットもアナログ回路用の電解コンデンサを音響用のコンデンサに交換です。
整然と部品が並んでおり本体側に比べ整備性は非常にいいですね。
デジタル電源が意外に小さくまとまっているので内部を確認するとスイッチング電源が出てきました。フラグシップなのにコストダウンでしょうか・・・

082_20141223192218eff.jpg   
アナログ電源基板の裏側です。出力に近い処の基板に変色が見えます。変色している処には制限抵抗?が有りこの抵抗がかなり熱く成るものと思われます。
電源ユニットの上下にはスリットが有りますが、放熱の為には設置スペースはゆとりを持つ必要があると思います。

107.jpg 
修理・オーバーホールも完了し後はエージングです。
音はWADIA9と同様に静かで尚且つ情報量が多く流石はフラグシップ機と思わせてくれます。WADIA9は押しが有りますが、No.30.6Lはしなやかさが有りますね。聴く人の好みで分かれる処でしょうね。



 2014_12_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ

IPアドレス




PAGE
TOP.