プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



REVOX B226-S 7台目

Category: B226  

036_20141223003403804.jpg 

今回は神奈川の田中氏よりの依頼でB226-Sの修理・オーバーホールです。
このB226-Sは約30年前にオランダの代理店経由にて220V仕様の物を購入し15年前にステラボックスにて100V仕様に変更し現在に至っているそうです。

10年位前から音飛びが出る様に成り日本のオーディオメーカーにて修理するも音飛びは治らずとの事で今回此方に来ています。

この前触れからはちょっと手こずってしまいそうな気配がプンプンです。

B226-Sは過去にも対応したことが有りましたがこのB226-Sは外観が民製器のごとくサイドプレートが化粧板となっており押釦の意匠も黒色に金が覗き表示器は液晶にバックライトとスチューダーのA727と同じと言った状態で高級機の佇まいです。

041_20141223005503942.jpg  

中を確認するとピックアップがCDM-1 mKⅡと高級機に使われるものを使っています。名前はB226-Sですがこれは全くの別物ですね。

早速動作を確認しましたがレーザー発光をしている様に見えません。ピックアップが駄目かと思いましたが調べるとRFのICの不良が見つかり交換です。

レーザー発光はする様に成りましたが全くCDの認識をしてくれません。ピックアップの動作をよく観察するとピックアップ自体にも不具合があり再調整です。

なんとかCDを認識する様になったのでアイパターンを確認すると電圧幅が異常に広く成っています。レーザー電流をみるとこれまたかなり電流を流す様に調整されています。

どうも過去の修理でCD認識をさせる為にレーザー電流を大きくしていた様です。このままでは早めにピックアップがお釈迦になってしまうので電流を下げる様に調整です。

003_20141223010645ff0.jpg 
現状ではまだCDの認識が4回に1回位しか成功しないのでさらに調査です。

RF基板・スピンドルモーター基板のオーバーホールを行っても症状は改善しないのでスイングアームを制御しているICも交換です。少しCDの認識が良く成りましたがまだ確立的には5割程度です。
電気系はほぼ新品状態なので今度はスイングアームの機構の調査です。

スイングアーム系はメカ的な不具合は過去にあまり無かったのでまさかと言った状態を発見です、やはり思い込みは厳禁ですね。

やっとCDの認識も出来る様になりオーバーホールの実施です。

031_20141223011934fdc.jpg 

何時もの様に電解コンデンサの交換や半田増しの実施を行い完成まじかです。

フロントパネルを取り付けエージング開始です。順調に音出しが出来ていると思ったらCDの最後の方で音が歪む様な音飛びの様な妙な感じに成る不具合が発生です。

026_20141223012149955.jpg
不具合調査を行うとなんとスイングアーム部のフィルムケーブルに折り目がくっきりとついています。折り目が抵抗に成り再生に支障を発生させていた様なので折り目を修正して此方も解決です。

001.jpg 

エージングを再開して3時間位でしょうかスピーカーからの音に異常を感じ、調べていると電源回路部のトランジスタが目の前で白煙を上げて焼損です。
焼損したトランジスタは過去の不具合でも焼損して交換しておりましたので、型式や回路電流を確認して倍の電流容量のトランジスタに交換しました。
トランジスタ焼損と共に表示器のバックライトもきえてしまっています。此方も過去に同様の不具合が有ったと聞いていたので元の回路の使用をやめて新たな回路にて修理です。
トランジスタが目の前で煙を上げた時には目が点になりました。ほんと古い機器は何が起こるか判らない物ですね。




043_20141223012705b52.jpg 

前回のEMT981に引き続きこのB226-Sも最初の予感の通りかなり手こずってしまいましたがこれで当分良い音を聴かせてくれると思います。

難しい不具合が続くと暫くは何もしたくないと思うのは私だけでしょうか・・・

後日夫婦でオーディオ三昧のメールを頂きました。この様なメールを見るとぼやいていている間があるなら頑張って1台でも多くオーバーホールしなければと思ってしまいます。



関連記事

 2014_12_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.