プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



アンプのメンテナンスについて


[歪計等の測定器を持っていませんので自分の耳だけが頼りなので修理代金を取ってはいるものの「修理ができました」と言い切れない所を持っています。
アンプ修理に対しては常にこの様な難点があり修理依頼に対しては躊躇してしまいます。
それでもどうしてもと言われれば修理をさせて頂きます}

上記のような状態でありながら、是非とものご依頼をいただきありがとうございました。
アンプのメンテナンスをお断りする様に成ってからも
なおかつのご依頼を頂戴しながら、お断りして申し訳なく思っております。
どちらというと、CDプレーヤーの方が得手ています。
アンプのほうは、修理機器がそろっていないのと同様にアンプ用のコンデンサー等細かな部品が整備されておらず(在庫保持)請け負ってから発注するという事も多く、
かつ、回路図を起こしていくのにかなりの時間を要します。
この間にCDプレーヤーなら複数台対応できるという事もあり得ます。
わがままを言いますが
アンプ修理をされる方は他にもおられますので、餅は餅屋で、アンプについては
専門の方にお任せして、CDプレーヤーのメンテナンスに専念したいと思っています。


***************** アンプメンテナンスの詳細 ***************************

*[2014年4月よりはアンプの修理・オーバーホールは控えています]*

基本的にはCDプレーヤーのオーバーホールの受付です。が、アンプ(真空管を含む)も可能です。

アンプのオーバーホール 

 1.電解コンデンサ(ブロックコンデンサは出来ない物があります)の全交換

 2.全基盤の半田増し

 3.セレクトSWの清掃(分解ができれば)

 4.ボリュームの清掃(分解ができれば)

 5.出力リレーの清掃(分解ができれば)

 6.出力波形の確認とバイアス調整(ボリュームがあれば)

 7.3日間のエージング

価格的には部品代込みで4万円前後

 


 
ブログ に掲載したアンプのメンテナンス履歴です。
    
    
  Mcintosh MC275R2012/7/10 
  AUREX SB-Λ77c2012/9/18 
  mcintosh C34V2013/4/6 
  PRIMARE 301L2012/6/28 
  harman kardon hk825・hk8702011/12/13 
  LINN MAJIK・LK1002011/10/31 
  harman kardon hk8252011/9/24 
  MUSICAL FIDELITY A1S2012/3/6 
  LINN LK1002011/8/14 
  YAMAHA CA-1000 2台目2011/8/10 
  MUSICAL FIDELITY A1 2台目2012/2/4 
  MUSICAL FIDELITY A12011/4/6 
  YAMAHA CA-1000・CT-8002011/7/6 
  SONOGRAPH SC-12011/6/29 
  SONOGRAPHE SC222011/5/16 
  VAC 60M2011/5/3 
  LUXMAN L-5802011/1/8 
  KRELL KSA100MK22010/12/24 
  SANSUI AU-α907DR2010/12/10 
  Threshold STASIS22013/11/7 
  SANSUI AU-X1111 MOS VINTAGE2013/1/29 
  LUXMAN CL-36 ULTIMATE2013/2/6 
  ACCUPHASE E-303 2台目2012/9/19 
  ACCUPHASE E-3032010/5/12 
  LUXMAN LX-3602010/10/14 
  SANSUI AU-α607 MOS Premium2010/10/14 
  LUXMAN M-4000・C-5000A2010/8/23 
  自作・KT88プッシュプル LUX・A33002010/8/21 
     


自分のアンプは相変らず、好きなように触っている高橋です。
現在、LAXMAN2台は引退して 別のアンプにかわっています。
機種は内緒です。
かなり、特性の強い(パワーもある、個性もある・レンジも広いなどなど)アンプのため、
たいへんな事に気が付きました。
CDプレーヤーの個性を食いつぶしてアンプの表現に色づけられてしまう。
と、いうことです。
一般的に音楽を鑑賞するには、オールマイティで頼もしいアンプといえますが、
当方ではメンテナンス時にCDプレーヤーの音特性がみえにくくなるのは、困りものです。
このため、アンプの中身をすべてやりかえて、プレーヤーの個性を表現できる様に変えました。
うまくいかなかったら、LAXMANに戻さなければならないところだったのですが
上々の結果になりました。

いろいろ、アンプは聞いていますが
CDプレーヤーの個性の違いをきちんと表現するという点では
LAXMANは繊細で綺麗な余韻をもたせることができたぶん、
CDプレーヤーの音質の違いをくっきりみせるアンプだと思いました。
(あくまでも、代理の個人印象です)

 2014_10_01


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ

IPアドレス




PAGE
TOP.