プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



ESOTERIC P-2s・D-3 2台目

Category: P-2s D-3  

 2014年9月15日記載
082.jpg
今回は兵庫のY氏からの依頼でエソテリックのP-2sとD-3の修理とオーバーホールです。
購入後20年位で音飛びする様になり今回の修理となりました。
20年という事はワンオーナーだと思われるので定価130万円のプレーヤーを購入している事になります。
好きで尚且つ金銭的に余裕がないと出来ない事ですよね。 
1111.jpg
早速ピックアップを確認すると残念ながらほぼ寿命状態でしたのでピックアップの交換です。
VRDS機構だと読み取りが良いのかピックアップが少し位へたって来ても読み込んでしまうのでピックアップの寿命ぎりぎりまで使える様です。
222_201411020201431ed.jpg
ピックアップ交換時にトレイの開閉に重さを感じたので、調べるとトレイのガイドバー部のベアリングの当たりがかなりきつく写真の状態でバーを動かしてもカクカクした動作となります。
最初からだったのでしょうか?
明らかに調整不良ですね。
333_20141102020144da8.jpg
トレイベルトも加水分解が始まっていましたので汎用ベルトに交換です。
444_201411020201468a8.jpg
トレイの塗装も粘つきが出ており此方は塗装除去で対応です。
トレイはアルミの厚板からの削り出しで作成されており、此れだけでもかなりのコストが掛かっている様にみえますね。555_201411020201477ab.jpg 

機構的な不具合の対処が出来たので後は電解コンデンサ交換や半田増しを実施してP-2s側の作業はほぼ完了です。666_2014110202023128c.jpg
D-3の電源基盤のブロックコンデンサには当時流行った?銅箔貼り付けが実施されています。
777.jpg
D/Aアナログ基板のコンデンサにも銅箔貼り付けがあります。
出力周りの回路への電源供給は銅バーでコンデンサにはOSコンと電源周りにはかなり配慮して設計しているのが伺えます。
888.jpg
D-3は温度が高くなるのか・半田の質が悪いのか
基板は両面のスルーホールなのにクラックが発生しています。
999.jpg
此方は不具合が有った訳ではないのでオーバーホールの実施だけで作業は完了です。 
Last.jpg
トランスポートとD/Aコンバーターに分かれているので掛かる作業も部品数も倍くらいになってしまのが難点ですね。
バブル期の物量投入機だけにまだまだ現役で十分通じる音ですね。

2015年8月25日
トレイを閉じた時にトレイが勝手に開いてしまうとの事で入院です。
RIMG2974.jpg 
非分解のリミットSWが有りオーバーホール時に特に問題がなかったので清掃していなかったので、たぶんこのSWの接触不良と判断して思い切って分解清掃しました。
残念な事に原因はリミットSWでは無さそうです。

RIMG2986.jpg
他のトレイに関するリミットSWの導通状態を確認をするも問題の無い抵抗値が出るのでコントロール基板の半田増しの実施です。
P-2sのコントロール基板は両面基板なので半田クラックは起こり難いのですが念の為に実施です。
結果は半田の問題でもありませんでした。
トレイに関するリミットSWの信号をコントロールしているマイコンの足で確認すると正常な信号入力をしているのでどうもコントロールしているマイコンが壊れている様です。
コントロール基板を載せ替えれば修理は出来ますが、P-2sの基板は専用基板なのでコントロール基板を入手するにはP-2sを購入するしかないので、残念ですが今回は修理不可とさせて頂きました。

過去にもKRELL CD-DSP ZIA FUSION WADIA9 WADIA27等のプレーヤーで同様な不具合が発生しています。この様な不具合は買い当たりの良し悪しとしか言えない所ですね。
関連記事

 2015_10_27


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.