プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



お問合せ・ご依頼の前に

Category: 問い合せ  

*CDプレーヤー&DAコンバータのメンテナンス・OHと成ります。*

下記を熟読して賛同頂ける方のみ次回受付再開後に連絡をメールでお願いします。
                         (2016年2月17日 改訂)

ブログ:憧れのオーデイオを立ち上げて、2016年5月で6年になりますが、この間、ブログに掲載していない物まで含めると300台近くの機器のメンテナンスを行ってきました。 
多くの依頼を受ける様になってきて、此方の主旨がきちんと伝わっていないことに気が付きました。
当方がオーバーホール・修理を始めた主旨は
憧れたオーディオを本来の状態に戻す・要望があれば元以上の音を出せる様にする事です。(思い入れや憧れの有る機器をこれからも使い続けたいと言った人の為にオーバーホール・修理を行なうつもりです。)
修理はオーバーホール(半田増し・全電解コンデンサ(グレードを上げた物)交換)を施すことを前提に修理をしています。
 ここで、修理のみという方は経年劣化のコンデンサ&半田クラック(劣化)でもかまわないということになります。経験上こんな機器では本来の性能を発揮できないかぎりか、劣悪な音を本来の音と勘違いして聴いている状態です。
機器への思い入れも薄く、とりあえず音さえ出れば構わない物を直すのはお断りしようと思います。
何人もの方が憧れたオーディオを本来の状態に戻したい。
思い入れや憧れの有る機器をこれからも使い続けたい。
と、オーバーホールを待って下さっています。
これらの方をさしおいて、鳴ればいい、動けばいいを受付つけていては 申し訳ないとも思います。
初回依頼において、修理だけで良いと言われる方の機器については、 
私は修理屋ではないし主旨から外れますので申し訳ないですがお断りします。
憧れのオーディオのタイトル、すぐ下に“愛機のメンテナンスをしませんか?”となっているのはこの為です。
ただオーバーホールとなるとかなりの金額に成るので出来るだけ金額を押さえる様にしてユーザーの負担を軽くしようとしているのも思い入れや憧れに協力する為です 。
過去の色々な情報から当方で行っているオーバーホールはショップの半値以下の代金になっています。
 (全基板半田増し・全電解コンデンサー(グレードを上げたもの)交換を行うオーバーホールですので、代金は半値以下のうえに、施す内容が違います。)

blog_import_53b8db0123c14.jpg
写真はほんの一部になりますが良く使う電解コンデンサの写真です。
最初は小売り店でばら売りのコンデンサを入手していましたがグレードの高い物が少なくそれでも一般の85℃を使うところには105℃を使用しアナログ回路には音響用コンデンサを使用するようにしていました。
本業で資材を購入している商社に無理を言ってコンデンサも入手して貰うようにしたので最近はできるかぎりメーカー推奨でグレードの高い物を購入する様にしています。

blog_import_53b8db02829c8.jpg
写真の電解コンデンサの拡大です。
個人で購入すればかなりの価格になる電解コンデンサです。当然商社からの購入となると最低数量があり1種類でも数万円と言った価格になる物もあり電解コンデンサだけでも数十万円の在庫を持っている状態です。

blog_import_53b8db039785b.jpg
此方が通常使用している半田です。
通常の半田増しに使用するのは松尾ハンダのRH60-1.0・0.8で配線に使用するのはアルミットのKR-19RMA 0.8です。基板上のフラットパッケージ等は同じくアルミットのKR-19RMA 0.5等です。
これらの半田でも現在では入手がしにくい半田と成っていますがこの先10年程度の在庫は確保しています。

いずれにしても20年を超えている機器が本来もっている性能を発揮する事は出来ません。此れを可能にす るのがオーバーホールです 。
場当たり的な修理であるなら他所の修理業者をおあたり下さい。
当然此方で修理した物については後々まで出来る限りの対応はさせて頂きます。

                                          山手サービス  高橋

                                     2014 年3月26日 記

関連記事

 2016_02_17


Comments

No title 

EMT981ユーザーです。
どうぞ宜しくお願いいたします。
正常に動いていましたが今日から動作中にパチパチと音がして停止するようになりしまた。またトレーの開閉がスイッチでは出来ない状態です。音的には気に入っているのでオーバーホールをして長く使いたいのですがお願いできるでしょうか?
フルでコンデンサー交換を含めておおよそどのくらいの費用でしょうか?
尚改造品で電源トランスとルビジュウムのクロックが外付けになっています。(購入時改造されていました)
竹中亮三郎  URL   2014-04-01 04:02  

No title 

お問い合わせ有難うございます。
修理(オーバーホール)をお受けした場合、
メール本文に画像貼り付けで
確認や報告をしております。
このため、メールでの連絡をお願いしております。

問い合わせは下記メールにお願いします。
meerschaum★wonder.ocn.ne.jp

スパム防止の為@マークを★に換えていますので
@マークにさしかえて、ご利用下さい。
山手サービス 高橋(代理)  URL   2014-04-01 13:53  

No title 

山手サービス 高橋様
以前、受け付け休止中にご相談した「クラッセ CLASSE SACD2」の修理・改善をお願いしようと思い連絡します。
下記の症状です。
①SACD層を読み取らずにCD層を再生してしまいます。(該当のSACDは修理の際に同封します。)
電源を落として電源を入れたばかりであれば、きちんとSACD層を再生しますので、この症状はでません。
しかししばらく使用するとCD層を再生して、この症状がでます。
CDの再生自体には問題は有りません。 
また、常にSACD層を再生するSACDもあります。
輸入代理店のデノンマランツに修理依頼したところピックアップの劣化が原因といわれました。
残念ながら専用のピックアップが入手できないのでデノンマランツでは修理不可能と断れました。
ドライブメカはソニー製のようです。
②トレイが閉まらなくなったことがありました。
その後、自然に通常通りに動作するようになりましたので、現在不具合はないです。
また不具合が生じないように、これを機会にギア・ベルト(?)交換などで改善していただければと思います。
以上の二つの症状が改善されることを願っています。
気に入っている機器ですので、オーバーホールにより本来の音質が変わってしまう事はありませんよね。
概算の見積もり含め、ご連絡頂ければ幸いです.
何卒宜しくお願いします。
瀬川輝久  URL   2014-04-01 20:17  

No title 

高橋様、お久しぶりです。
以前WADIA7の修理でお世話になりました山口です。
いつもブログが更新されるのを楽しみにしていますが、3/26に掲載された主旨、とても興味深く拝見させていただきました。私もいままでは故障しないかぎり機器をメンテナンスに出したりはしなかったのですが、オーバーホールされたWADIA7の音を聴いてからはメンテナンスの重要さを改めて認識させられました。

かつての名機も本来の実力を発揮できない状態では、機器にとっても使い手にとっても不幸なことですよね。古くても愛機を大切に使い続けたいという人にとって、このブログは本当に心強くありがたい存在です。

わたしの現用機にも老兵が多くなってきたので、またご依頼することもあるかと思いますが、そのときはぜひ宜しくお願い致します。
山口裕介  URL   2014-04-01 21:03  

No title 

おひさしぶりです 山口さま
オーディオのオーバーホール・修理受付を始めて既に200台を超える機器を扱いましたが共通して言えることは電解コンデンサの劣化です。通常の85℃タイプの電解コンデンサの耐久性は1000時間とか2000時間となっていますので流石に20年位経つとその性能を維持できていないのが現状です。
電解コンデンサを交換するだけでも音が鮮明になります。これらの事よりオーバーホールを強くお勧めする次第です。
昨年から今年にブログに2台のWADIA9を載せましたがこれらはオペアンプの変更等の音質改善を実施したので更に音質向上しています。
折角聴くならもてる能力を最大に発揮できる状態で聞く事が良いのではと思います。
山手サービス 高橋  URL   2014-04-01 21:30  

 管理者にだけ表示を許可する


03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ

IPアドレス




PAGE
TOP.