プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



WADIA WADIA6 2台目

Category: WADIA6  

blog_import_53b8df91a5a65.jpg 
2台目のWADIA6が修理で舞込んできました。
このCDプレーヤーは東京のI氏よりCD再生時にノイズが入るので修理してほしいとの事で此方にきました。
ノイズが乗るCDを同時に送って頂いていたので早速音だしして症状の確認をしました。
I氏の問題にしているノイズが再生時に常時出てくる事を確認しました。
もしかしたらCDその物の問題かも知れないと思い我が家のCDプレーヤーで再生すると全く同じノイズが出てきました。
この後ピックアップの汚れやアイパターンを確認しCDプレーヤー側の問題ではないと判断しました。
それにしてもこれほどCD自体が悪くなるとは驚きです。
同時に基板の半田増し・電解コンデンサの交換・オペアンプの交換の依頼がありましたので引き続き作業です。

blog_import_53b8df92edaf3.jpg
今回天板を外そうとした時にキャップスクリューの頭をナメテいるボルトがありましたが、インチネジのロングボルトなので簡単に入手できそうにないのでこのまま使う事としました。
天板を外すと左側にD/A・アナログ基板、右側3/4にCDドライブが見えます。
メイン基板(RF・サーボ・コントロール)はCDドライブの下にあります。

blog_import_53b8df9424dde.jpg
底板を外すとメイン基板が見えます。
フラットICの足等に既に修理した後が見られます。
半田増しとコンデンサ交換をした後動作チェックを行いましたが表示器が表示しません。
調べて行くと3端子レギュレーターが1個ダメになっていました。
半田増しの熱で弱っていた3端子レギュレーターが力尽きたんでしょうか。
3端子レギュレーターを手持ちの物と交換して此処までの作業はOKです。

blog_import_53b8df958ecad.jpg
写真はメイン基板の半田クラックです。写真写りが悪いですが光っている所とつや消しに成っている所の境にクラックが入っています。
この基板にはこんな状態のところが数箇所ありました。
半田の艶はあり良好な半田付けと思いますが、原因は熱でしょうかね?

blog_import_53b8df968ff7a.jpg
続いてD/A・アナログ基板です。
基板が外されてプレーヤーの上に有りますが、今回は側板を取り付けているボルトが外れなかった為に基板を外すのに専用の6角レンチを作成しました。
この基板1枚外すのにほとんど1日格闘です。当然付けるにも一苦労でした。
古くなると外れなくなる確立が高いので、メンテナンスを考えると6角穴付き皿ネジは使ってほしくないですね。
又、この基板では出力のオペアンプや高速バッファー用±12V電源の電解コンデンサーのマイナス側のコンデンサーが極性を間違えて取り付けられていました。
爆発していなくて幸いだったと思います。

blog_import_53b8df9804f1f.jpg
WADIA6の表示器の窓は瞬間接着剤で付けられており、前回も表示器の窓が脱落しかけていましたが今回も同様に脱落しかけていました。
瞬間接着剤は年数が経つとだめですね。
WADIA6をお使いの方は表示器を強く拭くと窓が外れてしまうので要注意です。
外れるとほぼ全バラにしないと修理できません。

blog_import_53b8df993b3f9.jpg
音は中低音に独特な押しと広がりがありこれに嵌った人には堪えられないんでしょうね。
また、今回はオペアンプに入力換算ノイズの小ない物をチョイスしたので変更後は音の輪郭がわかりやすくなり全体的な音のバランスが良くなったと思います。
I氏は真空管アンプ作成30年のキャリアを持つ方で、今回WADIA6との接続は自作のEL34シングル(3結 たまにULに)アンプとDYNAUDIOのSP25のスピーカーの組み合わせの様です。
どのような音に成るのか楽しみですね。

関連記事

 2010_10_29


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ

IPアドレス




PAGE
TOP.