プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



KRELL KSA100MK2

Category: アンプ  

blog_import_53b8df59ee723.jpg 
KRELLデビュー作のKSA-100の改良版のMK2です。
とにかく重たい、動かすのが嫌になります。約50kg弱ある様です。
以前紹介したプリアンプのPAM-3と合わせる為に購入した物で、今回はオーバーホールで此方にきました。

blog_import_53b8df5b99e58.jpg
金メッキのプレートに小さな文字でMK-2の刻印が入っています。
デビュー作との違いは大まかにトランス(トロイダル)とドライバー段のトランジスターにFETをつかっている2点の様です。
スピードUPを狙っての変更でしょうか。

blog_import_53b8df5cefefc.jpg
早速音出しを行ってみましたが左右で音が違って聞こえます。
内部を確認すると左右のパワートランジスタの型式が違っていました。
このアンプは過去に1度修理をしたそうで、当時の代理店の修理シールが貼ってあります。
別件でやはりこのメーカー修理シールのアンプを修理した時も左右のパワートランジスタが違っておりました。
このときはワット数も違うと言うひどい物でした。
音色が好きで結構気に入ってるメーカーだけに残念です。
せめて左右同じトランジスタを使ってほしいものです。

blog_import_53b8df5e37008.jpg
一つ上の写真はオーバーホール後の写真なので綺麗に見えますが、こちらが実際のオーバーホール前の写真です。
錆び・埃・ヤニの様な汚れが25年の歳月を感じさせます。
中で眼を引くのが40000μのコンデンサ4つと直径170mm高さ145mmのトランス2つです。
内部構成はとてもシンプルで整備性はかなりいいですね。

blog_import_53b8df5fa6fd0.jpg
パワーアンプの心臓部は底からのネジ8本を外す事で筐体から取り出せます。
この後ドライバー基盤の半田増しとパワートランジスタの全交換とヒートシンクの清掃を行いました。
コンデンサも巨大なブロックコンデンサを除いて交換です。

blog_import_53b8df6107172.jpg
先の音出しの時にファンの軸受けの音が気になったので分解して清掃・グリスUPをおこないました。
動作テストでは異音も無く動いてくれました。これで当分はもつでしょう。

blog_import_53b8df625106d.jpg
内部を触った後の電源投入にはいまだに緊張します。
過去のコンデンサの爆発・部品の焼損のとらうまですね。
バイアス・ゼロ調整を確認していよいよ音出しです。
これ位のクラスになると出てくる音がかなり違いますね、音に余裕が感じられます。
我が家の604-8G(620タイプ)では低域が素直に出て来れない位のパワー(スピード)がある様でボリュームを上げると低音がこもる様な音になります。
こんな時はエンクロージャーの容量を大きくしたいと思わされます。
力強さ・スピード・繊細さ・レンジの広さどれをとっても問題のないアンプです。
特色は温かみのある音でしょうか。早くPAM-3・CD-DSPと繋いでみたいですね

関連記事

 2010_12_24


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.