プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



LUXMAN L-580

Category: アンプ  

blog_import_53b8df49c0bcb.jpg
今回は我が家の現在のシステムで一番古参のアンプLUXMAN L-580のオーバーホールです。
プレーヤー等の修理後の音出しにかなり酷使した為かこの正月明けに高音域での音の濁りが感じられる様になりました。
最近は夜も昼もこのアンプが鳴っていない時はないくらいの使用頻度でしたのでとうとうギブアップの様です。

blog_import_53b8df4b0f54a.jpg
カバーを取ると1/3を占める程のパワートランジスタ用の冷却フィンとこれもまた大きい電源トランスが眼にはいります。
配置はシンプルで回路を追うのが楽そうです。
手前右にあるドライバー基板等を外そうと思いましたがどうも裏からでないと取れないようです。
サイドに2002年に修理を行った時のシールが貼られていました。
丁度このアンプを購入した少し前に修理をした事になります。

blog_import_53b8df4c5ae57.jpg
裏に有るボトムシャーシーはセラミックをFRPに混ぜて作ったとのメーカーの説明が有りますが、持った感じと型で抜いている外観はまるでアルミ鋳物です。

blog_import_53b8df4d75328.jpg
ボトムシャーシーを取り基板押さえのステーを取れば基板が出てきます。
内部には錆び等無く過去に亘って環境の良い所で使われてきた事がわかります。
なかなか分解しやすい構造で整備性はいいですね。

blog_import_53b8df4ec12d9.jpg
こちらはドライバー基板の半田クラックです。見事にヒビが入っています。
他にも多数のクラックが有りました。

blog_import_53b8df4fe7cbb.jpg
こちらはヒートシンク部分に取り付けられているパワーアンプ基板の半田クラックです。
ここはパワートランジスタへのコネクタ部分です。
L型のコネクタピンの先に直接パワートランジスタが半田付けされています。
A級動作のアンプの為に常時出ている熱気はかなりの物なのでクラックが出るのは仕方がない事ですね。
今回は早めの修理を行いましたので、電解コンデンサ以外で交換部品は無く作業も順調に進みました。

blog_import_53b8df5130fbc.jpg
L-580の修理中は古いLUXMANのL-309で音だし確認をしていました。
L-309は高音域での繊細さは無いものの低音の迫力はL-580より有るなと感じました。
しかしオーバーホール後L-580に戻すと出てくる音の迫力が違いますね。
今まで聴いていたL-580の音は何だったんだろうと思うほどオーバーホール前よりもレンジの広がりとスピード感がアップしています。
どうも半田クラックで音の情報が無くなっていた為に低音の迫力がL-309にも敵わないと感じてしまったようです。
以前の修理時に行ったと思われる半田部分は全く問題の無い状態でした。
メーカーの半田槽で行う半田付けはほとんどが薄付け状態に成っているため経年劣化による耐久性は低いので修理するならば全体の半田増しを行ってもらいたいもんですね。

2015年  お嫁にいきました。
代理の「思うところ」・・・(L-580 押しかけ女房・・1)
代理の「思うところ」・・・(L-580 押しかけ女房・・2)
代理の「思うところ」・・・(L-580 押しかけ女房・・3)
代理の「思うところ」・・・(L-580 押しかけ女房・・4)
代理の「思うところ」・・・(L-580 押しかけ女房・・5)
代理の「思うところ」・・・(L-580 押しかけ女房・・終)
関連記事

 2011_01_08


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.