プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



ZIA FUSION 2台目

Category: FUSION  

blog_import_53b8de5c3d60d.jpg 
今回は茨城のW氏よりの依頼でZIA FUSIONの音飛びの修理です。
W氏はFUSIONが雑誌に発表されてすぐ購入し大事にされていたようで傷もなくきれいな外観です。
ZIA FUSIONも台数的にはあまり販売されていないと思われますので貴重な存在ですね。
今後も長く使える様に全体的に整備です。

blog_import_53b8de5d8be87.jpg
内部を見ると以前ブログに載せたFUSIONとはD/Aアナログ基板が全く違っています。
トランスが基板上ではなく単独になっている事と
オペアンプがOPA2604と2回路入りを使用しています。
以前のFUSIONはNE5534の1回路入りを2個つかっていましたので同じFUSIONの中で基板のバージョンUPが行われたようです。
こちらのFUSIONはトランスやパルスアレイの温度上昇は僅かで温度的にはこちらが優れていますね。

blog_import_53b8de5ec3ff3.jpg
早速同封されていた音飛びが出るCDで確認を行いましたが音飛びが確認できずアイパターンの確認を行いました。
電圧幅が0.9Vを切っておりほぼ寿命が来ている状態でした。
またピックアップのスレッドの機構にかなりの埃が見られましたので、埃とピックアップの劣化により音飛びが発生したものと思われます。

blog_import_53b8de60311aa.jpg
FUSIONは両面基板を使用しているので半田クラックは発生しにくいと思っていましたがよく確認するとクラックが発生している所があり一部半田増しを行いました。

blog_import_53b8de613b73e.jpg
表示窓の剥がれが出ていましたので接着剤を取り除き再度貼り直ししました。
元々の接着ポイントが少なく運悪く表示窓が強く押されると接着が外れてしまうのでしょうね。

blog_import_53b8de6257100.jpg
ピックアップが弱っていたのでピックアップの交換とこの際なのでベルトの交換です。
この他電解コンデンサの交換を行い作業は完了です。

blog_import_53b8de63d8080.jpg
音は芯の有る中に真空管のまろやかさが有り聴いていて安心出来る音ですね。

関連記事

 2011_06_11


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.