プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




 RIMG5892.jpg
今回は福岡のH氏からの依頼でスチューダのA727のオーバーホール・音質改善(LTD仕様)です。
現状は電源が投入できない状態だそうです。

RIMG5814.jpg
電源投入不具合の原因はすぐ見つかったのでピックアップの確認です。
ピックアップはレーザー部に樹脂が見えなかったのでリビルトかも知れませんが測定結果は良い状態です。

RIMG5844.jpg
基板を見ると過去に電解コンデンサを交換している事が判ります。交換している所は過去にオーバーホールを実施したプレーヤーでも液漏れが有ったところなので、頷けます。

RIMG5888.jpg
今回はWADIA6LTD等で使っているオペアンプを採用しての音質改善の実施です。
写真では見えませんが高精度クロックの取り付けやD/AコンバーターIC周りも触っています。

RIMG5901.jpg
音は今回の音質改善がが功を奏して情報量が多く繊細さが増しA727の潜在能力を引き出せたと思います。
H氏からも
「まだ硬さはありますが、音の輪郭がしっかりとして聞いてて楽しく成ります。」
と頂きました。

1週間後に今度は液晶パネルがついたり消えたりして電源OFFしてしまうと言った事で再入院です。
此方はコネクタの接触不良が原因だったのですが、コネクタの材質に問題が有りそうです。



関連記事
 2020_04_30



 RIMG5790_20200425002056b28.jpg
今回は大阪のO氏からの依頼でVRDS-25XSのオーバーホール・音質改善(LTD仕様)です。
現状としてはトレイが開かない時が有る様です。

RIMG5636.jpg
ピックアップの状態は悪くないのですがHマーク付きなので今回の音質改善には使用出来ないので交換です。

RIMG5652.jpg

トレイ開閉不具合の原因は細いサイズの伸びたベルトの様です。
古いVRDS-25辺りのベルトはもう少し太いベルトを使っていたと思うのですが、これが純正なのでしょうか?

RIMG5715.jpg
VRDS-25はオペアンプの数が多く使われているので音質改善を行うとどうしても高くなりがちなので余りお勧めしていないのですが、今回はWADIA6LTDで使用しているオペアンプ及びBlue化用のフィルムコンデンサを使っての音質改善の実施です。

RIMG5789.jpg
スペース的に厳しい基板ですが何とか音質改善組み込み完了です。

RIMG5796_20200425003920ba1.jpg  
WADIA6と同様のトランスポート部を持っているだけにここまで音質改善を施すとWADIA6改LTD-Blueの片鱗が伺える音が聴こえるので楽しんで頂けると思います。


関連記事
 2020_04_25


Meridian 207

Category: 207  


今回は愛知のH氏の依頼でメリディアン207mkⅡのオーバーホール・音質改善です。
現状は操作ボタンが途中で反応しなくなる事が有るそうです。

RIMG5482.jpg
何が起きたらこのように成るのか理解できない状態です。

RIMG5503.jpg
過去のメンテナンスでスルーホールぎりぎりの径のリードの電解コンデンサを使用しておりましたので、今回の電解コンデンサの交換で大半のスルーホールが抜けてしまいました。
写真では既にパターンが浮いている状態です。もう少し丁寧に作業をして頂きたいですね。

RIMG5531.jpg
筐体の鉄板への塗装が悪く至る所に錆が見られました。状態からはプライマー等の下処理をしていない様に見えます。コストダウンでしょうか?

RIMG5539.jpg
押釦が反応しない症状が出たので調査です。
調べるとヨーロッパの某メーカーに良くある不具合が原因で有る事が判り対処療法で対応です。

RIMG5609_20200422011528b2d.jpg
色々と有りましたがほぼ完成です。

RIMG5620.jpg
コンパクトな筐体に押し込まれたプレーヤーなので非常に作業性が悪く順調とはいいがたい状態だったのと過去のメンテナンスでのブラックゲートへの変更やオペアンプの変更があったので、最初は音質改善効果が出るかどうかと言った状態でしたが、案ずるに及ばずそこそこに良い音に成ったので一安心と言った所です。
H氏からも
「メンテナンス前と比較して、音の響きがはっきりと聞き取りやすくなり、特にピアノの音が生々しく聞こえるように成りました。メリディアン207でこの音なので、WADIA6はどのような音か興味深いですね。」
と頂きました。


 2020_04_22



 RIMG5436.jpg
今回は愛知の伊藤氏の依頼でマークレビンソンの37Lのオーバーホール・音質改善です。
2001・2013・2017にピックアップを交換されているようですが
現状は読取りが出来たり出来なかったりとの事です。

RIMG5355.jpg
ピックアップの状態は既に寿命の状態なので交換する事に成りました。
2017年に交換であるならばかなり疑問が残りますね。

認識しないCDも同封されていたので確認するとデノンさんのCDでしたがかなり反射の悪い物なのとピックアップの状態が悪かったダブルパンチで読取りが出来なかった物と思われます。

RIMG5394.jpg
過去に37Lや390LをオーバーホールしたのにCD抑えの裏のスポンジ?に記憶が有りません。
意外と写真を撮っていない事に対して悔やまれます。

RIMG5433.jpg
多少トラブルが有りましたがオーバーホール・音質改善の作業も完了です。

RIMG5443_202004141932345cd.jpg
ブログ内で甘い緩いと記載している事を気にされていますが、WADIA6改LTD-Blueを基準にした評価であることを判って下さい。
通常の判断なら十分良い音だと思います。

関連記事
 2020_04_14




今回は千葉のK氏からの依頼でマッキントッシュのMCD7007のオーバーホールです。
現在はトレイ開の出が悪いとの事です。

RIMG5201.jpg
ピックアップの状態は良く当分心配のない状態です。

RIMG5240_20200410235656df0.jpg
ヘッドフォンの片chから音が出ないので確認するとボリューム部のブラシが脱落していました。
合うボリュームが判らず、取り合えずブラシを接着剤で固定して修理を行いました。

RIMG5251.jpg
問題のトレイ開の調査を進めるとモーターのブラシ部の抵抗が大きいのでモーターは交換する事にしました。
それでもトレイ開の動作は良く成りません。

RIMG5308.jpg
モーターの両端電圧を確認するとトレイの開動作は閉動作よりも電圧が低くなっている事が判りました。

RIMG5340.jpg
無事エージングも完了し再度トレイの動作を確認するとやはりトレイ開の動きが悪いのでベルトのサイズを変更する事で対応し返却しました。

残念な事にK氏宅ではトレイが動かない状態で再度入院です。
返却前には開閉出来ていたトレイが開閉出来ません。
動きからトレイが開くときにはCD抑えを持ち上げる負荷が+される構造と成っているのでトレイ開時の電圧が低くなっているのはかなり疑問と成ったので、トレイ開時は印加電圧を上げる様に回路変更で対応です。

トレイの開閉機構が簡単に読めないのですがたぶんCDドライブのサスペンション辺りのヘタリが起因している様にも見えるので次はこの辺りの確認ですね。

 2020_04_11




03  « 2020_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

受付に付いて

只今、受付は休止中です。 DAC・トランスポートを含むCDプレーヤー専門です。 OH前提の上での不具合対応と成ります。 「修理のみ」の対応はリピーター機器に限定しています。 問合せは、下記メールをコピーペーストして送信ください。 mailto:meerschaum@wonder.ocn.ne.jp    山手サービス 高橋

全記事表示リンク

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

BARCO

CHORD

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

検索フォーム

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.