プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




2020年2月18日掲載
CDを認識出来なくなったとの事で入院です。
RIMG4416.jpg
確認するとRF回路にピックアップからの信号が入ってきていません。

RIMG4421.jpg
アイパターンの測定より状態の良いピックアップだと思っていましたがどうもピックアップの不具合だった様です。ピックアップ交換で復活です。

せっかく来たので音質改善も最新版の音質改善3に変更です。

2017年12月26日掲載

RIMG4023.jpg
今回はF氏からの依頼でYAMAHAのCDX-10000のオーバーホール・音質改善です。
現在は右chのノイズ発生とトレイ開閉が困難との事です。

RIMG3878.jpg
まずはノイズの確認をと本業の合間に音出しをすること1か月全くノイズが出ず、通常の使用では問題がなさそうなので、今年の夏のかなり暑い日が続いた事を考慮し、温度上昇試験の実施です。
雰囲気温度を45℃位まで上げてみましたが問題なさそうなのでノイズについては今後何か有れば対応する事にさせて頂きました。
 
RIMG3885.jpg
トレイ開閉についてはいつもの如くローラーの加水分解が原因で開閉できない状態に成っていました。
ここまでベタベタになると清掃するのにかなりの手間が掛かりますね。

RIMG3875.jpg
ピックアップの状態はかなり良く、メーカーでの交換から10年以上経っていますが新品並みの電圧幅には驚きです。ほんと良い仕事してますね。

RIMG3892.jpg  
半田クラックは御覧の通りの状態です。片面基盤の半田クラック発生は仕方がない事ですね。

RIMG4016.jpg
今回はWADIA6で実施しているBlue化の手法を取り入れての音質改善の実施です。
このCDX-10000にももう少し新しいオペアンプを使用できるといいのですが、アナログ出力回路のディスクリート構成が邪魔をしてオペアンプの効果を発揮できません。残念ですね。

RIMG4026.jpg
音は狙い通り通常の音質改善に空間の静けさが増し良くなりましたね。



関連記事
 2020_02_18



2020年2月14日掲載 

RIMG4326.jpg

ボリュームとバランス出力不良との事で入院です。
状態を確認するとフロントパネルの表示が誤動作を起こしていました。此方は表示関係のマイコンを交換する事で解決と思いましたが信号線の断線が原因でした。
不具合の対処と共にLTD化も依頼されたので此方も実施です。

RIMG4412.jpg
作業を始めて気が付いたのがHマーク付きのピックアップです。
2013年当時はこのピックアップの音が良くない事は判っておらず当方で交換対応していた物でしたので、今回事情を説明して再度ピックアップの交換です。

LTD化したWADIA6を聴いたN氏からは「今はCDの良さを実感できます」と頂きましたが、
Blue化では更に新しい世界が待っていますので機会が有れば実施して頂きたいものです。

2013年11月25日掲載
blog_import_53b8dba2360b2.jpg
今回は東京のN氏からの依頼でWADIA6の修理とオーバーホールです。
今回は読み取り不良とのことで入院です。
10年前にも修理をされた事があるそうです。

blog_import_53b8dba34aa94.jpg
早速ピックアップの状態を確認するのにアイパターンを見ると波形が乱れてアイパターンが確立しません。
レーザー電流値から見るとまだ使用出来そうですがどうにもならないので交換です。

blog_import_53b8dba47c308.jpg
いつもの如く表示窓の剥がれが有りましたので接着剤を除去のうえ再貼り付けです。

blog_import_53b8dba57c036.jpg
ベルトもトレイ・リフト共に伸びていましたので汎用ベルトに交換です。

blog_import_53b8dba671335.jpg
電解コンデンサ交換や半田増しを実施後に音質改善を行い組み上げたところでピックアップを交換し作業も無事完了です。
作業完了と思いきやここでVRDS円盤に上下で0.5mmのブレが有る事を見つけました。
音飛びが出ている訳では有りませんがCDの読み取りに影響が出るのでスピンドルモーターを交換です。

blog_import_53b8dba797806.jpg
後期型のWADIA6なので音域も広くジャンルを問わずオールマイティに聴かせてくれるプレーヤーですね。


 2020_02_14



2020年2月7日掲載

CDを認識出来ないとの事で入院です。
RIMG4303.jpg
動作確認するとスピンドルが回らない状態に成りました。手で少し補助をするとスピンドルが回り始めCDも認識する様になりましたので、どうもスピンドルモーターのブラシ部の荒れが出ている様です。
この後スピンドルモーターを交換して一件落着です。

2018年3月29日掲載
RIMG4686.jpg
今回は京都のM氏よりの依頼でWADIA850の修理・オーバーホールです。
現在は音飛びの発生・音量が小さくなった・往年の元気さもないと言った様です。

RIMG4633_201803281918438d9.jpg
ピックアップを確認するとアイパターンの電圧幅が小さく寿命状態となっているのが判りました。
不具合についてはピックアップ交換にて修理完了と思いましたが今回はどうもそれ以外に問題が有りそうです。
ピックアップ交換後CD再生2枚目で再生が出来ない症状の発生です。

RIMG4644.jpg
最初はコントロール基板の交換をしようと思いましたがWADIAに載せるにあたって回路を変更している所が多数あり作業+基板代金では費用が大きくなるので部品交換をすることで対処しました。
WADIA850では初めての不具合箇所だったので今後の為に不具合の有った部品は手配する事にしました。

RIMG4670.jpg
過去にギア類も交換していると思いますが柔らかいタイプだったのでジュラコン製に交換です。

RIMG4641.jpg
表示は写真では明るく見えますがかなり暗くなっていたので交換です。

RIMG4692.jpg
コストを抑える為のデジタル出力無しの仕様ですね。
デジタル出力基板の削除程度ではそれほどコストが低下するとは思えないですが、チリも積もればと言ったところでしょうか。

今回オーバーホールだけですが今後音質改善等を実施していただきWADIAの実力を知って頂きたいですね。



関連記事
 2020_02_07



 多くのご依頼ありがとうございました。

予定人数20名を大幅に越してしまいましたが

今回もご依頼のあった方

全員を受け入れました。



2月4日 19時35分 2020年度 第一回受付を閉じました。




関連記事
 2020_02_04




01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

受付に付いて

只今、受付は休止中です。 DAC・トランスポートを含むCDプレーヤー専門です。 OH前提の上での不具合対応と成ります。 「修理のみ」の対応はリピーター機器に限定しています。 問合せは、下記メールをコピーペーストして送信ください。 mailto:meerschaum@wonder.ocn.ne.jp    山手サービス 高橋

全記事表示リンク

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

BARCO

CHORD

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

検索フォーム

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.