プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村






RIMG0954.jpg
今回は長野のB氏からの依頼でエソテリックのP-2sのオーバーホールと音質改善です。
現在はCDの読込み不良のようです。

RIMG0842.jpg
アイパターンはと言うと電圧幅が異常に大きく、レーザー電流も許容値をはるかに超えた数値で調整されていました。
電圧幅や電流値を確認せずに調整を行ったものと思われますね。
因みにピックアップは再生産のHマーク付きの物です。

RIMG0871.jpg
電源基板の半田クラックです。
このP-2sは温度上昇が大きいのか両面基板なのに半田クラックが見られます。

RIMG0938.jpg
写真下に見えるのがP-2s初の高精度クロック取り付けです。
基板上の未実装部のスルーホールを使って載せています。

RIMG0930.jpg

わりとゴミの付着が有ります。
これではせっかくのVRDS機構の効果が弱くなりますよね。

RIMG0959.jpg
内部のパーツの構成や回路からはWADIA6改のトランスポート部より良いものを使っていると思うのですが、聴き比べてもP-2sが勝っているとは言えないのが残念ですね。



 2019_06_23



 RIMG0795.jpg
今回はYAMAHA CDX-10000の11台目をお持ちの福岡のM氏からの依頼でWADIA6の改LTD-Blue化です。
昨年に入手して受付再開を待ちわびていたと嬉しい連絡です。
現状はトレイが出こない状態に成っているそうです。


RIMG0631.jpg
中を見るとベルトが溶けてしまってギアに纏わりついています。
WADIA6のトレイギアは材質が悪いのか表面が白くささくれだってしまいます。
今回は状態が悪いので交換です。

RIMG0692.jpg
トランジスタの発熱に因ると思われるパターンの浮き上がりが有りました。
これもたまに見かける症状です。

 RIMG0687.jpg
コントロール基板のブリッジダイオードも横の電解コンデンサの接着材の影響でかなり錆が進行していました。

RIMG0760.jpg
D/Aアナログ基板のフィルムコンデンサですがこれは初めてみる症状です。
かなりの熱が加わらないとこのようにはならないと思うのですが、どうしたのでしょうか。
容量も100nFが70nFと低下していました。

RIMG0642.jpg
前期型なのでコントロール基板を外すににはほぼ全バラ状態に成ります。

RIMG0788.jpg
色々とありましたがほぼ完成です。
VRDS円盤の変更もかなりの数を実施しましたが、最近は入手が難しいので今後VRDS円盤の変更は出来なくなりそうです。

RIMG0801.jpg
LTD仕様の音質改善でもかなり聴かせてくれる音に成りますがBlue化まですると繊細な表現力が上がるので気持ちが良いですね。



関連記事
 2019_06_22



 
 
  YAMAHA CDX10000        
  記事リンク オーナー様 日付 日付 状態
  15
富山・T氏 2019/5/14   令和Blue流用音質改善
  14 YAMAHA CDX-10000 14台目 ??・F氏 2017/12/26   Blue化流用音質改善
  13 YAMAHA CDX-10000 13台目 福島・E氏 2017/7/17   中期音質改善
  12 YAMAHA CDX-10000 12台目 北海道・S氏 2016/7/29   前期音質改善
  11 YAMAHA CDX-10000 11台目 福岡・M氏 2016/3/22   前期音質改善
  10 YAMAHA CDX-10000 10台目 兵庫・M氏 2015/8/26   オーバーホール
  9 YAMAHA CDX-10000 9台目 大阪・H氏(5台目) 2015/5/25   前期音質改善
  8 YAMAHA CDX-10000 8台目 北海道・I氏 2015/4/3   前期音質改善
  7 YAMAHA CDX-10000 7台目 香川・Y氏 2015/2/3   前期音質改善
  6 YAMAHA CDX-10000 6台目 大分・E氏 2015/1/12 2018/3/28 Blue化流用音質改善
  5 YAMAHA CDX-10000 5台目 大阪・H氏(9台目) 2015/1/11   前期音質改善
  4 YAMAHA CDX-10000 4台目 新潟・H氏 2014/9/30 2018/3/4 Blue化流用音質改善
  3 YAMAHA CDX-10000 3台目 岡山・J氏 2014/3/18 2019/2/10 Blue化流用音質改善
  2 YAMAHA CDX-10000 2台目 埼玉・T氏 2013/12/15 2016/3/13 前期音質改善
  1 YAMAHA CDX-10000 愛媛・K氏 2010/5/25 2014年5月 前期音質改善
*仮称*令和Blue出来上がっています。


関連記事
 2019_06_20



RIMG0578.jpg  
今回は1つ前のZIA NEW FUSIONの音質改善(Blue化流用)を実施した東京のW氏からの依頼でWADIA25のBlue化です。

RIMG0486.jpg
変更前に動作確認をすると入力4(BNC)からのデーターが認識できないので調べると入力のレシーバーICの不良である事が判りました。
入力の5もBNCなので今回この入力の修理は見送ることにしました。
レシーバーIC等の不良は過去に経験が無かったのでICを入手しておりませんでしたが、今後の事を考えて手配だけはして置きました。

RIMG0496.jpg
D/AコンバーターのICがDIPタイプなのでWADIA860よりWADIA16に近い基板の様にみえますね。

RIMG0517.jpg
D/AコンバーターICの変換に関係するコンデンサが全て容量抜けを起こしていました。
性能に影響が出るコンデンサには寿命の長いものを使って頂きたいですね。

RIMG0584.jpg   
変更内容はお見せ出来ませんが、音の仕上がりは上々と言ったところです。
WADIA6~WADIA850辺りまでに作られた機器はBlue化で潜在能力が出てきて良いでね。



関連記事
 2019_06_01




05  « 2019_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

受付に付いて

只今、受付は休止中です。 DAC・トランスポートを含むCDプレーヤー専門です。 OH前提の上での不具合対応と成ります。 「修理のみ」の対応はリピーター機器に限定しています。 問合せは、下記メールをコピーペーストして送信ください。 mailto:meerschaum@wonder.ocn.ne.jp    山手サービス 高橋

全記事表示リンク

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

BARCO

CHORD

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

検索フォーム

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.