プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




RIMG0463.jpg  
今回は少し前にWADIA850 3台目LTDのBlue化の実施をした東京のW氏からの依頼でZIA NEW FUSIONのオーバーホールと音質改善です。
音質改善は現時点でのベストの状態にして下さいと嬉しい依頼です。

RIMG0347.jpg
ピックアップはシールの油染みからは古いと物と思われましたが、性能は新品状態でした。

RIMG0353.jpg
今回の音質改善はこのRF・サーボ基板にも電源強化等を施す事としました。
音質改善は使われているICや回路パターンを調べてからの実施となります。

RIMG0366.jpg
NEW FUSIONの設計不良はパルスアレイの温度上昇が一番に挙げられますが、次はこのコントロール基板の固定方法です。
固定のネジ穴は右端上下2個とトランス右側上下の4個です。当然基板はトランスの重みで左側が垂れている状態です。

RIMG0394.jpg  
アナログ回路は面実装となっていますが、その周りの3端子レギュレーターが取り囲んでいるのでオペアンプやセラミックコンデンサの取り外しは簡単ではありません。

RIMG0459.jpg
現在出来る範囲のBlue化を使った音質改善を施しほぼ完成状態です。

RIMG0469.jpg
元々音の素性が良いのでBlue化を使った音質改善を行うと情報量が増えWADIA6LTD-Blueとの比較でも見劣りしない音となりますね。
FUSIONは真空管を変えることで音色が変わりますので、真空管アンプの様に球を変えて楽しんで頂きたいものです。






関連記事
 2019_05_17



RIMG0331.jpg  
今回は富山のT氏からの依頼でCDX-10000のオーバーホールと音質改善です。
現状はトレイの開閉と表示に問題が有るとのことです。
音質改善はT氏との話し合いにより現在のBlue化流用をもう少し進めてみることにしました。

RIMG0230.jpg
トレイのローラーはご自分で代用品にてゴム部分を交換していましたが真円が出ておらずトレイ動作の抵抗に成るようなので上下のガイドはジュラコン製のものに交換です。
真円が出ていれば十分な出来のローラーだと感心ですね。


RIMG0220.jpg
ローラー交換だけではトレイ開閉動作が改善しないのでモーターのコミュテーターの清掃やモータードライバーの交換など実施しましたがそれでも駄目なので駆動電圧を少し上げる事で対応しました。

RIMG0237.jpg
今回はこのデジタルトランシーバー基板へもBlue化を実施です。

RIMG0325.jpg
D/Aアナログ基板も今までよりBlue化を進めたところ、オペアンプとのマッチングが合わずWADIAのBlue化で使用しているオペアンプを使うこ事としました。

RIMG0339.jpg
Blue化を進めたことでやはり隠れていた音が出て来る様になったので成功ですね。
また一歩進歩です。


関連記事
 2019_05_14



RIMG0168_20190509133205c03.jpg  
今回は鳥取のW氏からの依頼でオーディオアルケミーのdde v3.0のオーバーホールの依頼です。
BNC入力で雑音が入るとのことでしたがまる1日確認するも確認ができないのでオーバーホール作業はW氏に了解を得て実施です。

RIMG0151.jpg
dde V3.0はD/AコンバーターをそれまでのV1.0やV2.0のビットストリームではなくマルチビット(20bit)のD/Aコンバーターを使っているようです。
低ノイズ部品の使用や各パート毎に電源を分ける等、丁寧な物作りがされているコンバーターだと思います。

RIMG0150.jpg
電源側は樹脂が封入されており電解コンデンサを交換する事が出来ませんでした。

RIMG0171.jpg

見栄えはいまいちですが音は違和感なく聴くことが出来ますね。
販売価格から言えばこの辺りもコストパフォーマンスが高いD/Aコンバーターですね。


 2019_05_09



 RIMG0131.jpg
今回は鳥取のN氏からの依頼でフィリップスのLHH500Rの修理・オーバーホールの依頼です。
現状はCDの認識不良・音飛びが発生する様になっているそうです。

RIMG0053.jpg
ピックアップはレーザー電流調整にて新品時の電圧幅にできたので丁度折り返し点といったところですね。

RIMG0073.jpg
ベルトは全て伸びがでていましたので汎用品に交換です。

RIMG0126.jpg  
予定の作業が完了し後は音出しエージングをするのみとなって、ここでCDの認識不良の発生です。
原因はなんとRF信号を出力しているピンの半田不良です。
よくこの状態で25年間も動いたものですね。

RIMG0139.jpg
この年式にすれば繊細な音が出るプレーヤーだと思います。
リファレンスと名付けたのは伊達ではないようですね。


関連記事
 2019_05_08




今回は高知のH氏からの依頼でP-50sのオーバーホールとOdeon-Agの音質改善です。
以前No.390SLのRCA出力に7VからのDC漏れが見つかりトランスポートとして使う事に成りましたが、その後レビンソン特有のトレイ動作不具合に悩まされその代役に購入されたのが今回のP-50sとOdeon-Agとの事です。
現状P-50sに読取り不良が出ている様です。

RIMG9967.jpg
ピックアップの状態確認をしようとしましたがなかなか波形が確立せず。波形が出た時にすぐ取った写真です。
残念な事にピックアップは寿命の判断を遥かに超えた電流値を示していました。
レーザーは使用限界を超えると雪崩のように悪く成りますので電流調整すれば良いと言う物では有りません。
おまけに今回駄目になっているピックアップも再生産品のマーク付きでした。

RIMG0033.jpg
オーバーホールを実施している時は出来る範囲途中で電源投入して動作確認をする様にしますが、今回その動作確認中に何かが焼ける匂いの発生です。
調べて行くと焼けたのはバージョンアップの高精度クロックです。
幸い焼損した部品は代替品で対処できましたが、
原因は印加された無負荷電圧が焼損部品の絶対定格電圧を超えた事です。

RIMG0036.jpg
初めてみるVRDS円盤です。
P2-sのVRDS円盤から真鍮板を外し緑のアルマイト処理を施している感じですね。
 
RIMG9945.jpg
Odeon-Agのフロントパネルはアルミの無垢を削り出して作られており少し高級感を出しています。
印刷も丈夫で取れる事は無さそうです。
リモコンが有ればボリュームはリモコンで上下出来る仕様になっています。

RIMG9916.jpg
此方がOdeon-Agの内部です。Odeon-lite同様にICの型式を削って判らなくしていますがどうも旭化成の24bitのD/Aコンバーターが使われている様です。
お見せできませんが変更後はBlue化の手法を使った音質改善を施しています。

RIMG0047.jpg
Odeon-liteは力強さがありますがOdeon-Agは音の表現力が良いですね。




 2019_05_07



 RIMG9679.jpg 
今回は1つ前の記事のZIA FUSIONと同じ埼玉のN氏からの依頼でOdeon-liteの音質改善です。
Odeon-liteの弱点はフロントパネルの印刷の弱さですね。殆どの個体はこの様に印刷が消えてしまっています。
現状は入力2のRCAコネクタからの入力が使えないそうです。

RIMG9646.jpg   
同じ入力2のAES/EBUは使用出来るので回路を追いかけるとどうもRCA入力のラインレシーバーのICに不具合が起こっている様です。
入力1にBNCと入力3にRCAの入力が有るので、これにRCA-BNCの変換コネクタにて使う事で対応出来るので入力2のRCAはそのままとさせて頂きました。

RIMG9682.jpg  

代理のブログの影響が大きかったのか今回の受付ではOdeon-liteが5台来ています。
WADIA6LTD-Blueとまではゆきませんが十分楽しめる音だと思いますね。



関連記事
 2019_05_06


ZIA FUSION 6台目

Category: FUSION  

 RIMG9896.jpg
今回はWADIA6 23台目をお持ちの埼玉のN氏からの依頼でZIA FUSIONの音質改善です。

RIMG9791.jpg
ピックアップがほぼ寿命だったので交換したのですがこの時スレッドのガイドレールにかなり大きく開いたクラックが見つかりました。
今後の事を思ってドライブユニットを交換する事としましたが、これがこれから起こる不具合の始まりです。

RIMG9792.jpg
程度の良いドライブユニットに載せ替えて後はオーバーホールと音質改善の実施のはずでしたが、ここでノイズの発生です。
FUSIONは結構パルスアレイの不具合でノイズが出るのでパルスアレイの不良なのかとがっかりすると共にオーバーホール不可の連絡をN氏に伝えました。

返却の為にドライブユニット・ピックアップを元に戻した所で再度音出しするとノイズが出ていません。

RIMG9807.jpg
再度確認して行くとどうもドライブユニット交換で一緒に交換したRF・サーボ基板に問題が有るようです。
同じ型式の基板ですがバージョンが違うので何か信号に違いが有ると思われますね。
時間を取られましたが勉強に成りました。

RIMG9893_20190503145458486.jpg
不具合解決のあとは作業も順調にすすみBlue化を用いた音質改善を実施してほぼ完成です。
出始め頃のFUSIONのパルスアレイは発熱があまり無いのでヒートシンクは必要ないので良いですね。

RIMG9909_201905031509570e8.jpg
笛吹童子とブラックバーン(ムラード)の2種類の真空管を一緒に送って頂いていたので聴き比べてみる事ができました。
今回の音質改善において、笛吹童子はブラックバーンに比べ音が薄く物足りなかったのでブラックバーンをお勧めする事になりました。


関連記事
 2019_05_03



 RIMG9739.jpg
今回はWADIA850LTD-Blue 13台目をお持ちの和歌山のN氏からの依頼でOdeon-liteの音質改善です。

RIMG9722.jpg  
型番を削っているのですが24ビットのD/Aコンバーターが使われています。
これも音の良さの一因でしょうね。

RIMG9746.jpg
N氏からは既に850LTD-Blueを超えたかもと言った一報が入りました。
確かにその位インパクトがある仕上がりに成っていると思いますね。






関連記事
 2019_05_01




04  « 2019_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

受付に付いて

只今、受付は休止中です。 DAC・トランスポートを含むCDプレーヤー専門です。 OH前提の上での不具合対応と成ります。 「修理のみ」の対応はリピーター機器に限定しています。 問合せは、下記メールをコピーペーストして送信ください。 mailto:meerschaum@wonder.ocn.ne.jp    山手サービス 高橋

全記事表示リンク

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

BARCO

CHORD

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

検索フォーム

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.