プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




 RIMG9644.jpg
今回は兵庫のMA氏からの依頼でWADIA6の修理Spirit化です。
Spirit化は2回目に成りますがMA氏からの出来る限りのことをして欲しいとの意を受けて前回のSpiritより進化すべくまだLTDにも実施していない内容を盛り込むことにしました。
この画面であれ!?何か違うと思った方は目ざといですね。そうです最大ボリュームのLEDの色がブルーなんです。これはMA氏からの要望で実施したものですが、なかなかクールでMA氏のセンスの良さがわかりますね。
このブルーLEDは今後のLTD仕様やSpirit仕様の標準にしようと思います。

RIMG9487.jpg

トレイが開かないとの事だったので調べるとトレイベルトの切れが原因でモーターが空回りしていました。
ベルトを新たに取り付け動かすと何かコトコトと動きがおかしいので確認するとトレイギアの歯が一部潰れていることが判りました。
壊れにくい材質の様ですが柔らかいギアなので無理な力を加えるとこのように変形してしまいます。

RIMG9503.jpg
表示がかなり暗かったので程度の良い中古品に交換です。

RIMG9627.jpg
このWADIA6も過去のメンテでピックアップを交換していたようでレーザー電流調整を行いアイパターンの電圧幅を新品状態にできました。

RIMG9635.jpg
新たなSpiritの変更が少し見えると思いますが変更には通常のオーバーホールに比べると3倍位の手間が掛かっています。

RIMG9650.jpg
Spirit変更後、音を聞いた時点でこれは良いと思える感じになりました。前に出てくる音で力強く響きのある気持ちの良い音です。
荒削りですが体で音を感じさせてくれるSpiritの名付にぴったりの出来栄えに嬉しくもありMA氏の期待に応えられた思います。
前期のWADIA6は後期型に比べるといまいちだなあと思っていましたが、今回の仕上がりは現在のWADIA6LTDを超えた様です。



関連記事
 2017_01_30



 RIMG9314.jpg
今回は兵庫のMI氏よりの依頼でWADIA21のオーバーホールです。
内部の歯車の故障でトレイの開閉が出来なくなったとの事で来ています。

RIMG9223.jpg
予想されていた通り定番のギア破損です。小さいギアはきれいさっぱり割れて無くなっていました。
トレイギアは過去に交換されていたのですがこの際なのでジュラコン製のギアに交換です。

RIMG9226.jpg
WADIA21では珍しくピックアップは十分使用出来る状態だったのでレンズの清掃のみでOKです。

RIMG9247.jpg
お決まりの表示窓の再接着をと思いましたが此方も過去にシリコンの接着剤で修理されていました。
今回のWADIAはギア・ピックアップ・表示窓と良くメンテナンスされておりオーナーの愛着がわかる個体ですね。

RIMG9234.jpg
良くメンテされており半田ましもそこかしこに実施していますが、それでも半田クラックは次の弱い所に発生してしまいます。

RIMG9274.jpg
アナログ出力回路のオペアンプやバッファーを過去に交換した痕跡が有ります。
交換しているバッファーはRCA出力用なので負荷が大きすぎた(ショートさせたか?)か経年劣化か原因は判りませんが、わりとバッファーの破損は多い感じですね。
オペアンプ>バッファーと続く回路ではバッファーが壊れるとオペアンプが釣られて壊れるみたいで以前にも何度か同様の不具合を経験しています。
今回外したオペアンプの中にはノイズが出ている物が有りこれでは本来の性能を発揮できていなかったと思われますので音質改善まで行ったのは正解ですね。

RIMG9308.jpg
ギアの修理・オーバーホール・音質改善と作業も進み天板を付けない状態で一晩の音出しエージングです。

RIMG9320.jpg
WADIA21辺りはもともと音域が広いので音質改善まででも十分聞かせてくれる音ですね。



関連記事
 2017_01_27



 RIMG9211.jpg
今回は神奈川のY氏からの依頼でWADIA16のオーバーホールと音質改善です。
不具合としては音が突然出なくなったとの事です。
天板に張り付けているのはピックアップのロック用の冶具です。小さい物なので大半の方は無くされているのではないかと思いますので珍しいですね。

RIMG9026.jpg
動作確認を行うとCDの認識・再生はするものの音にノイズが混じり聴けたものではありませんでした。
同時にVRDS辺りから擦れる音がしたのでVRDSを確認したところモーター部分の磁石とコイルに接触した跡が残っていました。フラックスか何か柔らかい材質の物がコイルと磁石の間に入っていた様です。
幸いな事にコイル側に傷が無かったのでこのまま使用出来そうです。

RIMG9047.jpg
こちらはVRDSのシャフト受けですが受けがプラスチックなのでシャフトの受け部に凹みが発生していました。
設計時の耐用年数はどの位を見たのでしょうか・・・これもまずいですね。

RIMG9123.jpg
トレイ開閉のリミットSWです。過去のメンテナンス時に曲げちゃったんでしょうね。

RIMG9207.jpg
WADIA16のデジマスターに使用されているパルスアレイのメーカーは同じ頃に販売されたWADIA6・9とは違います。気になるのはパルスアレイの発熱で、手で触れない位の温度に成るのでZIA FUSIONを彷彿してしまいます。
天板にパルスアレイ用のヒートシンクが取り付けられているので写真の様に天板を外したままでは音出しエージングを続ける事は出来ませんのでメンテナンスするには少し厄介なプレーヤーですね。

RIMG9214.jpg
今回は音質改善まで行いましたので音域の広がりや暗雑音の低下で新たな音が見える様になったのではと思います。
Y氏は趣味の一環としてCDの評論を行っているそうなのでこのWADIA16がそのお役に立てる事と信じています。




関連記事
 2017_01_26


LINN KARIK Ⅲ

Category: KARIK Ⅲ  

 2012年10月24日掲載
blog_import_53b8dcc92f2f2.jpg
今回は茨城のA氏よりの依頼でKARIK Ⅲの修理です。
音飛びが出るとの事でメーカーへ修理依頼をされたそうですがピックアップ等の部品が無いとの事で修理出来なかったそうで此方での修理となりました。
KARIKは7年に渡るロングラン商品なので多岐に渡り色々な所が変更・改良されています。
このKARIKはコントロール基板上にD/A変換・アナログ回路が載っているのでバージョンⅢと思われます。

blog_import_53b8dcca1ddf4.jpg
早速アイパターンの確認です。
電圧幅は1.2Vなので問題が無いと思われますので音飛びの原因は他に有るようです。

blog_import_53b8dccb12057.jpg
色々と確認してゆくとCD押さえとブリッジで僅かに接触が発生しているのが判りましたので、CDドライブのダンパー部分に補強を施して対応しました。
この後リピートにて連続再生を行うと音飛びは無くなったので原因は此処だと思われます。
ただCDの最後のトラックより最初のトラックに移る時にトラックを認識してくれません。
まだ他に問題があるようです。

blog_import_53b8dccbef690.jpg
丁度同じバージョンⅢのKARIKを所有していましたので気になった所を比較してみました。
大きな違いはアイパターンの電圧幅でした。
1.2V有ったので問題ないと思っていましたが、所有していたKARIKは1.4Vと大きく上回っておりどうもこのピックアップは劣化をしている様です。

blog_import_53b8dccceceeb.jpg
何時も思うのが海外にはまだピックアップの販売があるのに日本での販売はほぼ有りません。
フィリップスを除くピックアップメーカーのSONY・SANYO・日立等は日本製なのに何故なのでしょうかね。
ピックアップを海外から入手して交換を行うと1.5Vとフィリップス系と同じ位の電圧幅となりリピート再生も問題がなくなりこれで修理は完了です。
blog_import_53b8dccddfc26.jpg
バージョンⅢのコントロール基板です。
D/A変換やRCA出力回路が基板の右側に面実装で配置されています。
コンパクトに纏められていますが個々の部品が小さいので修理しなければならない時はちょっと手間ですね。

blog_import_53b8dccec2618.jpg
オムスビの形をした定電圧電源です。
こちらもケースのオムスビ形状に合わせてコンパクトに纏められており無駄のない作りです。
コンデンサの電圧からみるとスイッチング電源のようです。

blog_import_53b8dccf9d50d.jpg
オ-バーホールも無事完了し音出しです。
音はLINNらしく輪郭のはっきりとしたスピード感のある音です。
販売後20年近いプレーヤーですが何の違和感もなく耳に入ってくるのは流石です。

2017年1月22日掲載
2016年4月にも一度読み込みがおかしくなるとの事で来ていましたがその時は不具合症状が出ず。そのまま暫く使って頂いているうちに症状がひどくなったので再度入院です。
CDの読み出しが飛ぶような症状が此方でも確認が出来ましたので手持ちのKARIKのドライブユニットを載せ換えると問題が無くなるのでどうもドライブユニット側に不具合が出ているようです。

RIMG9415.jpg
古い機種なのでコネクタ類の接触不良があるといやなのでまずはコネクタの清掃からです。

RIMG9440.jpg
スレッド動作が悪くても読み出しが飛ぶ場合があるのでスレッドのギアやガイドバーの清掃、スレッドモーターの性能を回復するためにブラシ部の研磨等出来ることは全て行うと、以前オーバーホールした時ぐらいの状態に戻りました。
前回もアイパターンの電圧幅の小さくなるCDでは音飛びやLOOPが出来ない状態だったので今回もこれで修理完了と思っていました。

RIMG9456.jpg
せっかく修理に来ているので、4年前にA氏のピックアップを購入した時に複数購入していたピックアップと載せ替えてみました。
なんと、認識しにくいCDを難なく再生してしまいました。試しに全く認識出来ていなかったCD-Rを再生させると此方も問題なく再生してしまいました。
4年前に交換したピックアップの波形と今回交換したピックアップの波形を比べてもはっきりとした違いはありません。
ピックアップを新品交換し波形が奇麗な状態だったのでピックアップを疑わなかったのですが、今回の事例より波形が奇麗に出ても駄目なピックアップが有る事を判らされた内容になりました。
何はともあれ状態が良くなり良かったと思います。


 2017_01_22



 RIMG8352.jpg
今回は三重のT氏からの依頼でWADIA850のオーバーホールと音質改善です。
トレーが動作しないのでギアの破損だろうとの事で来ました。

RIMG8258.jpg
予想されていた通りスレッドギアが破損していましたのでジュラコン製のギアに交換です。同時に純正の柔らかいトレイギアも交換です。


RIMG8266.jpg
ピックアップも寿命だったので交換です。左が外したピックアップで右がこれから付けるピックアップです。
並べるとレンズの落ち込みが良く分かりますね。

RIMG8347.jpg
順調に作業も進みほぼ完成状態です。
WADIAのVRDS円盤は通常は黒色なのですがこれは珍しく緑色です。TEACの生産ロットの関係でしょうか。

RIMG8357.jpg
WADIA850の後ろ姿はわりと殺風景ですがこの850はデジタル出力が有るので少しはましですね。
今回音質改善・クロック交換まで行いましたので、ワンランクアップした音でCDを楽しんで頂けると思います。


関連記事
 2017_01_11



 RIMG8238.jpg
今回は埼玉のK氏よりの依頼でWADIA16のオーバーホールです。
トレー開閉不具合が有ったのでご自身でトレイ・リフトベルトの交換を行ったそうですがリフトベルトの交換がうまく行かず、また気に入っている機器なので今後の事を思いこちらに依頼されたものです。

RIMG8190.jpg
気になるリフトのリミットSWを見ると曲がりが有りましたのでCDの認識・再生に影響が出ていたものと思われます。

RIMG8117.jpg
ピックアップの状態は残念ながら音飛びが発生し始める電圧幅と成っていましたので交換です。
RIMG8196.jpg
D/Aアナログ基盤はWADIA21のD/Aアナログ基盤とよく似ておりベースに成った事が良く分かります。

RIMG8167.jpg
リアパネルはWADIA6やWADIA21とは違い厚板の削り込みで作られています。一体型CDプレーヤーのリファレンス機として発売されただけに手抜きが無いですね。

RIMG8236.jpg
無事オーバーホールも完了し後はエージングのみです。
判りにくいですがD/Aアナログ基盤とトランスポートの間には10mm厚のアルミ板で仕切りが有りリアパネルと同様に筐体の剛性に一役買っているようです。

RIMG8248.jpg
オーバーホールだけですが電解コンデンサを変えた事により音に張りが出てきていますので往年のWADIA16を十分彷彿して頂けると思います。




関連記事
 2017_01_09



 
α 備考欄*BLUEは、2017年2月1日時点の最新改良施工版です  
   
  WADIA 6改 LTD 後期型LTD化
8 WADIA WADIA6 36台目LTD 2016/7/26
7 WADIA WADIA6 34台目LTD デモ機 2016/5/1 *BLUE
6 WADIA6改LTD 6号機 2015/4/12
5 WADIA6改LTD 5号機 2015/2/14
4 WADIA6改LTD 4号機 2015/1/17
  3 WADIA6改LTD 3号機 2014/12/28
  2 WADIA6改LTD 2号機 2013/9/28
  1 WADIA6改LTD 初号機 2013/5/24
  0 WADIA6改LTD  プロトタイプ
     
    WADIA 6 - SPIRIT- LTD 前期型LTD化
  1 WADIA 6 - SPIRIT-  2015/6/6
     
    WADIA 6改 - SPIRIT- LTD 前期型LTD化
  1 WADIA WADIA6 改 Spirit 38台目 2017/1/30 *BLUE
     
    WADIA 6改 VRDSアルミ円盤
  11 WADIA WADIA6 35台目 改造 2016/7/8
  10 WADIA WADIA6 33台目 改造 2016/4/29
  9 WADIA WADIA6 11台目 アルミ円盤化 2016/3/4
  8 WADIA WADIA6 24台目改造 2014/10/31
  7 WADIA WADIA6 22台目改造 2014/7/11
  6 WADIA WADIA6 21台目改造 2015/10/27  
  5 WADIA WADIA6 15台目改造 2013/5/22
  4 WADIA WADIA6 5台目改造 2012/6/13
  3 WADIA WADIA6 7台目改造 2011/5/31
  2 WADIA WADIA6  6台目 改造2 2011/5/29
  1 WADIA WADIA6 2台目 改造1 2011/2/21
     
    WADIA 6i 改 VRDSアルミ円盤
       
  1 WADIA WADIA6i 改造 2011/12/25
     
    WADIA 6  
  38 WADIA WADIA6  38台目-SPIRIT-*BLUE  WADIA6改SPIRIT参照
  37 WADIA WADIA6 37台目 2016/8/9
  36 WADIA WADIA6  36台目LTD  WADIA6LTD参照
  35 WADIA WADIA6  35台目改造   WADIA改参照
  34  WADIA6 改LTD 34台目 デモ機 *BLUE  WADIA6LTD参照
  33 WADIA WADIA6  33台目改造   WADIA改参照
  32 WADIA WADIA6 32台目 2016/4/22
  31 WADIA WADIA6 31台目 2016/3/26
  30 WADIA WADIA6 30台目 2016/3/23
  29 WADIA WADIA6 29台目 2015/7/16
  28 WADIA WADIA6  28台目改造 前期型LTD化 ーSPIRITー参照
  27 WADIA WADIA6  27台目改造 LTD5 WADIA6LTD参照
  26 WADIA WADIA6  26台目改造 LTD4 WADIA6LTD参照
  25 WADIA WADIA6 25台目 2014/12/28
  24 WADIA WADIA6 24台目改造 WADIA改参照
23 WADIA WADIA6 23台目 2014/4/24
22 WADIA WADIA6 22台目改造  WADIA改参照
21 WADIA WADIA6 21台目改造  WADIA改参照
20 WADIA WADIA6 20台目 2013/11/27
19 WADIA WADIA6 19台目 2013/11/25
18 WADIA WADIA6 18台目    未掲載
17 WADIA WADA6 17台目 2013/6/17
16 WADIA WADIA6 16台目    未掲載
15 WADIA WADIA6 15台目改造  WADIA改参照
14 WADIA WADIA6 14台目 2012/12/10
13 WADIA WADIA6 13台目 2012/3/27
12 WADIA WADIA6 12台目    未掲載
  11 WADIA WADIA6 11台目 2012/2/25
  10 WADIA WADIA6 10台目 2011/12/16
  9 WADIA WADIA6 9台目 2011/8/18
  8 WADIA WADIA6 8台目 2011/7/19
  7 WADIA WADIA6 7台目改造  WADIA改参照
  6 WADIA WADIA6 6台目 2011/4/29
  5 WADIA WADIA6 5台目 2011/3/19
  4 WADIA WADIA6 4台目 2011/3/18
  3 WADIA WADIA6 3台目 2011/1/30
  2 WADIA WADIA6 2台目 2010/10/29
  1 WADIA WADIA6 2010/8/10
   
    WADIA 21  LTD LTD化
  2 WADIA 21 LTD 近日作成予定*BLUE
  1 WADIA WADIA21 10台目 LTD 2016/2/21
    WADIA 21i  
  3 WADIA WADIA21i 3台目 2014/6/9
  2 WADIA WADIA21i 2台目 2014/4/16
  1 WADIA WADIA21i 2014/3/28
 
    WADIA 21  
  22 WADIA WADIA21 22台目 2017/1/27
  21 WADIA WADIA21 21台目 2016/4/24
  20 WADIA WADIA21 20台目 2015/11/25
  19 WADIA WADIA21 19台目 2015/3/15
  18 WADIA WADIA21 18台目 2014/11/26
  17 WADIA WADIA21 17台目 2014/9/13
  16 WADIA WADIA21 16台目 2014/4/6
  15 WADIA WADIA21 15台目 2014/3/19
  14 WADIA WADIA21 14台目 2013/11/2
  13 WADIA WADIA21 13台目 2013/9/27
  12 WADIA WADIA21 12台目     未掲載
  11 WADIA WADIA21 11台目 2013/5/20
  10 WADIA   WADIA21 10台目 WADIA21LTD参照  
  9 WADIA WADIA21 9台目 2012/6/7
  8 WADIA WADIA21 8台目 2012/3/12
  7 WADIA WADIA21 7台目 2012/2/11
  6 WADIA WADIA21 6台目 2011/9/26
  5 WADIA WADIA21 5台目 2011/7/24
  4 WADIA WADIA21 4台目 2011/9/29
  3 WADIA WADIA21 3台目 2011/7/2
  2 WADIA WADIA21 2台目 2011/6/14
  1 WADIA WADIA21 2012/7/3
     
    WADIA 7  
  1 WADIA WADIA7 2012/2/8
     
    WADIA 20  
  1 WADIA WADIA20 2013/3/18
     
    WADIA 850 LTD LTD化
  3 WADIA850 5台目 LTD 2016/4/20
  2 WADIA WADIA850 8台目 LTD 2016/3/31
  1 WADIA850 6台目 LTD  2016/2/20
     
    WADIA 850   
  10 WADIA WADIA850 10台目 2017/1/11
  9 WADIA WADIA850 9台目 2016/7/12
  8 WADIA850 8台目 WADIA850LTD参照
  7 WADIA WADIA850 7台目 2016/3/5
  6 WADIA850 6台目 WADIA850LTD参照
  5 WADIA850 5台目 WADIA850LTD参照
  4 WADIA850 4台目 2014/10/10
  3 WADIA WADIA850 3台目 2014/6/21
  2 WADIA WADIA850 2台目 2014/1/9
  1 WADIA WADIA850 2012/1/9
     
    WADIA 9LTD  
       
  1 WADIA WADIA9 4台目 LTD 2017/1/13
     
    WADIA 9  
  4 WADIA9 4台目 WADIA9LTD参照
  3 WADIA WADIA9 3台目 2014/1/11
  2 WADIA WADIA9 2台目 2013/12/18
  1 WADIA WADIA9 1台目    未掲載
 
    WADIA 8  
  1 WADIA WADIA8 2014/1/28
     
    WADIA 16  
  3 WADIA WADIA16 3台目 2017/1/26
  2 WADIA WADIA16 2台目 2017/1/9
  1  WADIA 16 1台目 2015/7/27
     
    WADIA 860LTD  
       
  1 WADIA WADIA860 LTD 2016/7/8
     
    WADIA WT2000  
       
  1 WADIA WT-2000 2016/3/8
 
    その他・修理不能・部品入手不可能    
    WADIA WT32000    
    WADIA 581i    
    WADIA27    
         
         
       
* 581iは修理部品の入手が出来れば、メンテナンス可能
* WT3200はCDM-1 の為 オーナー様で入手要す
* W27 は、LSIの不具合のため修理不可能でした。

関連記事
 2017_01_02




12  « 2017_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.