プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




RIMG6414.jpg 
今回は東京のH氏からの依頼でWADIA6のオーバーホールとアルミ円盤への改造です。
此方が本業で忙しい時にトレイが動かなく成りやむなく他所でメンテナンスを行ったそうですがCDによっては読み取りが出来なく成ったので今回入院です。

RIMG6301.jpg 
WADIA6の発売初期の物が使っている6角穴付きボルトは特殊な穴形状をしており通常のインチ工具を使用すると穴がばかに成ってしまいます。
他所の修理ではそれを考慮せず6角穴をなめています。プロならプロらしく作業を進めて貰いたい物ですね。

RIMG6378.jpg 
付いていたピックアップは寿命だったのでアルミVRDS機構載せ替え後に交換を実施しました。
何度見てもアルミ円盤のVRDS機構は良いですね。

RIMG6420.jpg 
オーバーホール・アルミ円盤VRDS機構の載せ替えと書いていますが音質改善しない物についてはアルミ円盤化は実施しませんので音質改善も当然実施しています。
素のWADIA6も音質改善・アルミVRDS機構載せ替えで完全リフレッシュですね。

アルミ円盤のVRDS機構がなかなか入手出来ない状態に成って来ていますので、残念ですが次回受付時にはアルミ円盤化はお受けできないと思われます。


関連記事
 2016_04_29



RIMG6292.jpg 
今回は滋賀のI氏よりの依頼でWADIA21のオーバーホールです。
トレーは開閉できるがCDを認識しないとの事できました。
WADIA21はWADIA6の後継機なので全体に程度の良い物が多いですね。このWADIA21も例に漏れず綺麗な個体です。

RIMG6232.jpg 
CDを認識しない原因はスレッドギアの破損でした。ギアの破損はWADIA21の持病みたいなものですね。

RIMG6260.jpg 
オーバーホール途中のWADIA21です。トランスポート部は広くて整備性が良いのですが、D/A側は狭くておまけに深さが有るので整備するには厄介な作りです。

RIMG6280.jpg 
常時通電を推奨している弊害と思われるのが内部発熱による電解コンデンサの膨らみです。風通しの良い場所に設置しないと結構温度が上がるので電解コンデンサにダメージが来るのでしょうね。

RIMG6288.jpg 
ギアの交換・ピックアップの交換・オーバーホールと順調に作業も進みほぼ完成です。
この基板を見るとWADIA850の元に成ったのが良く判る構成ですね。

RIMG6297.jpg 
WADIA21辺りは音がスッと耳に入ってくるので違和感のない音作りだと思います。

関連記事
 2016_04_24



RIMG6224.jpg 
今回は東京のK氏からの依頼でWADIA6のオーバーホールと音質改善です。
長年使用してきましたがとうとう音飛びの発生やCDの認識が出来なく成る事が頻繁になって来たそうです。
実際の状態はトレイ閉をしてもトレイが勝手に開く状態でCDの認識以前の状態でした。

RIMG6117.jpg 
トレイが勝手に開くのはK氏が交換したトレイベルトの径が小さく、それによるトレイギアやプーリーの摩擦抵抗でトレイの開閉スピードが遅く成っていた事が原因でした。
トレイベルトはホームセンターで似通ったベルトを購入し半分にカットして使っていたそうです。
リフトベルトの交換は煩わしいのでしたくないしたくない作業の1つなのですが、リフトベルトもこのベルトに交換されていたので、かなり器用な方だと思います。

RIMG6179.jpg  
メールでのやり取りでは修理・オーバーホールだけだったので、ほぼ完成した状態で連絡を入れた所、20年もつピックアップと予算の範囲で出来る事を依頼されたので新品ピックアップへの交換と音質改善を行う事になりました。

RIMG6193.jpg 
ピックアップを新品に交換して感じたのは音の良さですね。やはり新品の物は取りこんでいる情報量が多い感じです。

RIMG6213.jpg 
リモコンの調子も悪いとの事だったので、分解時にケースが割れる可能性を了解頂き分解してみました。
基板を確認すると数か所パターンが黒く変色し操作出来なかった釦へのパターンが断線していました。
電池の液漏れでケース内部に残った液漏れのガスでパターンが腐食したようです。腐食の疑いがあるパターンはレジストを剥がして半田メッキの実施です。
残念な事にケースは電池ボックス付近にヒビが入ってしまいました。WADIAのリモコンに付いては3勝1敗と言ったところですね。

RIMG6228.jpg 
殆ど中古のピックアップでしか聴く事がないので判らなかったのですが、新品のピックアップは音に張りが出て良いですね。
気に入った物が無いとの事でしたが今回の音質改善で気に入った物に成ると良いですね。


関連記事
 2016_04_22



2016年4月20日掲載
去年の受付で音質改善を行ったWADIA850の滋賀のT氏よりLTD化を行ってほしいとの事で再びやって来ました。
T氏より
「850はO/Hとバランス出力の音質改善で、まるで別物のように生き生きと音楽をたのしませてくれています。これ以上どこを良くするのだろうと思いながらさらなる変貌を聴きたくLTD化をお願い頂く次第です。」(少し文面を端折っています)

以上の申し出でですが音質改善は基礎体力を健全な物とした状態までですが、LTDはその持っている能力を目一杯出せる様に変更をしますのでかなり聴き応えが有る音と成り音質改善では見えなかった表現がハッキリ判る様になると思います。

RIMG6089.jpg 
出力回路用の電源を専用で設ける事は高級機では当たり前の処方ですが効果ありですね。この他にもVRDS機構の補強等音に対して影響の有る改善を施していますが写真ではお見せ出来ません。

今回WADIA850入院中にT氏自身で山手サービスのブログに写っているXLRケーブルを作ったと思われるのでWADIA850LTD+XLRケーブルで音としてはかなりの変化が起こる物と思われますので楽しみですね。


2015年9月8日掲載
RIMG2835.jpg

今回は滋賀のT氏からの依頼でWADIA850のオーバーホールの依頼です。
受付時はノアでの修理受け付けが出来た時期なのですが、ブログで850のオーバーホールを見て所有の850にもオーバーホールや音質改善をしたいとの事で、事前にノアでのピックアップ交換やギアの交換をしたうえで此方にきています。

RIMG2736.jpg 
まずは現状の音出し確認を行いましたが音の出力レベルが低くWADIAの迫力が出てきません。
内部を確認すると出力回路のゲイン調整が設定替えされており音が絞られていました。T氏に確認するとパワーアンプダイレクトで使用する時に850のデジタルボリュームを最大で使う為に設定替えを行ったそうです。
デジタルボリュームが50以下に成らないのであれば基板上でのゲインは落さ無い方が良いと思われるのでスイッチの設定は戻す事にしました。
WADIAのデジタルボリュームは少々落としても分解能を落とさない工夫がデジマスター側のソフトでされておりますので、ハードのゲイン回路等で落とすよりは良好な音に成る様です。

RIMG2748.jpg 
ピックアップの状態確認やギア周りの確認で異常のない事を確認した後でオーバーホールの実施です。
コントロール基板を見るとEFM信号処理ICのデカップリングコンデンサの足が浮いていました。一度は半田をした跡があるので販売後のメンテナンスでのミスでしょうか、直接的な影響が出ない処なので判らなかったのでしょうね。

RIMG2762.jpg 
此方は表示パネルの裏面です。WADIA6・21とは違ってフィルムシートでの表示窓に変更されています。
これなら表示窓の脱落は心配しなくても良いですね。

RIMG2827.jpg 
オーバーホール・音質改善とスムーズに作業もすすみほぼ完成です。
大きさはWADIA6・21と比べ大きいのですがピックアップ周りの確認に関しては整備性が非常に悪くピックアップを交換・確認するには右のD/Aアナログ基板を外すその下に有るコントロール基板上のアイパターン測定ポイントに配線を繋ぎ、その後D/Aアナログ基板を元に戻さないとCDドライブが動かない構造と成っています。

RIMG2841.jpg 
音質改善で音域が広がった事でデジマスターの潜在能力が発揮出来る様に成り気持ちの良い音がでてきますね。
ジャンルを問わず色々なCDを聴いて頂ければと思います。

2015年今年最初の修理受付時にはノアでの修理が出来ていたのですが現在は修理受付がされていない様です。修理不可のWADIAは2012年に販売されたモデルにも及んでおり驚きです。ノアが自社で販売していない物を体よく切り捨てた感じですね。


関連記事
 2016_04_20




03  « 2016_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ

IPアドレス




PAGE
TOP.