プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




077.jpg
今回は以前YAMAHAのCDX-10000のオーバーホールを行った岡山のJ氏からの依頼でWADIA6のオーバーホール・改造です。このWADIA6は改LTD仕様を作る事を前提で少し前にJ氏自身にて入手されています。
素のWADIA6は以前音質改善したCDX-10000と比べると残念な音でがっかりされたそうです。
025_20141126174003167.jpg 
何時もの様に電解コンデンサの交換や増し半田の実施です。
038_20141126174223024.jpg 
表示窓は表からは何ともなく見えてもほぼ接着部のクラックが見られ再接着が必要です。
067_20141126175511df8.jpg 
VRDSのアルミ円盤化やD/Aアナログ基板の音質改善を実施しほぼ改の完成です。
064.jpg 
付いていたピックアップはレーザー電流調整で使用可能な状態となりました。同等のピックアップを入手しようとすると4万円位は掛かるのでこのWADIA6はお買い得だったと思います。
083.jpg 今回はWADIA6改の音を暫く聴いて頂いてこの先LTDまで改造する予定です。
ここ暫く本業の見積もりが続いていますので本年中は本業だけでオーディオの修理・オーバーホールはあまり進みそうに有りません。
何とか時間を作ってLTDにさせて頂こうと思っていますが・・・

*******ギリギリ本年中でのLTD化の実施です。********
006_20141228220319477.jpg 
信号回路の電源強化と高精度クロックの取付けです。
変更した所が判る様ならかなりの物です。判るかな?
013_201412282205454ca.jpg 
アナログ電源も新に電源トランスを追加してデジタル系の影響の排除です。

026_20141228220845c63.jpg 
これでWADIA6LTD4台目ですが、エージングで聴いていてもほんと心地の良い音が出てきます。現在一番のお気に入りかな?・・・YBAのCD Integreも違った音で好きですね。

関連記事
 2014_12_28



078_201412281719483a6.jpg 
今回は神奈川のA氏の依頼で久々のWADIA6の修理・オーバーホールです。
20年前に新品購入その後読み込み不良の修理・その数年後に音飛び発生するが対応期間終了との事で修理できず現在に至ったそうです。
外観には目立つ傷も無く大事に扱われていた事がわかります。

003_201412281730220e7.jpg 
トレイが開かないので中を確認するとトレイベルト・リフトベルト共に加水分解して伸びきっていましたので汎用ベルトに交換です。


006_201412281732576fc.jpg 
ベルト交換にてCDの認識が出来る様に成ったので早速ピックアップの確認を実施です。
残念な事にアイパターンの電圧幅が無く電流調整代もないので交換する事になりました。

012_20141228173632161.jpg 
表示窓は完全に脱落していましたので元の接着剤を取り除き再接着を行いました。WADIA6の表示窓はほぼ全滅ですね。

040_20141228173904c17.jpg 
何時もの様に電解コンデンサの交換と半田増しを実施して作業はほぼ完了です。

064_20141228174157183.jpg 
ピックアップの状態は良いのにCDの認識が不安定な感じなので調べて行くとVRDS円盤に振れが見つかりました。
モーターのシャフトの曲りかと思いスピンドルモーターを新品に交換しましたが振れが治らず、結局VRDS円盤部のアッシー(写真右)にて交換をする事になりました。
どうもVRDSプラ円盤の加工不良の様です。早めに判っておればクレーム物ですね。

067_20141228175123732.jpg 
VRDS円盤の振れは止まりCDの認識は安定しましたが、リフトアップ後すぐにリフトが下がりトレイが開くと言った妙な動作が発生するので再調査です。
CDの動作を良く確認しているとリフト機構の動作に引っ掛かる様な動きが見えたので此方もリフトアッシーごと交換です。

083_20141228182512f2c.jpg 
不具合の内容からこのWADIA6は買い当たりで言えば悪い方だったと思われます。
それでもオーバーホール・VRDS円盤の振れ対処とこれで本来のWADIA6の音を出してくれると思います。

 
関連記事
 2014_12_28





098.jpg
 
今回は以前WADIA21の修理・オーバーホールをされた東京のA氏よりの依頼でマークレビンソンのD/AコンバーターNo.30.6Lの修理とオーバーホールです。
プリアンプ側にてミュートを行うとパワーアンプの保護回路が働くと言った症状が出るそうで、他のD/Aコンバーターでは不具合の発生は無くこのNo.30.6Lの時のみこの症状になるのでNo.30.6Lに不具合が発生している様です。
2年前に起動不良にてハーマンにて全電解コンデンサを交換する修理を行いましたが片ch音が出ない状態で帰ってきた事が有り、できればハーマンでは修理したくないとの事でした。
丁度福島での仕事が有ったので仕事帰りにA氏宅に寄り症状の確認をおこないました。
A氏のメインの機器構成はプリアンプNo.32LパワーアンプはジェフローランドのModel9スピーカーはJBLのK2 S9500とハイエンド機器の集まりです。
確認を始めると意外に早く原因らしき状態を確認出来ましたので一安心と言った所です。
余裕となった時間でA宅氏にてWADIA6LTDでの試聴会その後A氏のお勧めのお店でWADIA6LTDのI氏と3人でお酒を飲みながら楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。

001_20141223185937fce.jpg 
東京での確認でバランス出力のHOT側に導通が無かったので内部で断線発生とふんでいましたが、どうも回路上に何か不具合が発生しているようです。
回路図がないのでは不具合の判断ができないので最初の作業は回路図の作成です。
調査の結果出力トランジスタへ電源供給しているトランジスタに不具合が見つかりましたので、早速トランジスタの販売を探しました。
同じ型式のトランジスタの販売は有りましたがメーカーの違うトランジスタだと仕様も違っており不良の箇所のみの交換とは行きません。仕様が違う海外製のトランジスタを使う位なら信頼性の高い日本の定番のトランジスタにて代用です。
028.jpg 
アナログ出力回路部分の拡大です。診れる人が見れば判ると思いますがアナログ出力回路にニッケミのKMGの使用です。
デジタル回路であれば妥当ですがアナログ回路には頂けない選択ですね。電解コンデンサは2年前に交換していますがA氏に了解を得て音響用の電解コンデンサに交換です。

021_201412231915187c2.jpg 

不具合で交換したトランジスタや音響用の電解コンデンサの交換を両chに施し本体側の修理は完了です。

097.jpg

電源ユニットもアナログ回路用の電解コンデンサを音響用のコンデンサに交換です。
整然と部品が並んでおり本体側に比べ整備性は非常にいいですね。
デジタル電源が意外に小さくまとまっているので内部を確認するとスイッチング電源が出てきました。フラグシップなのにコストダウンでしょうか・・・

082_20141223192218eff.jpg   
アナログ電源基板の裏側です。出力に近い処の基板に変色が見えます。変色している処には制限抵抗?が有りこの抵抗がかなり熱く成るものと思われます。
電源ユニットの上下にはスリットが有りますが、放熱の為には設置スペースはゆとりを持つ必要があると思います。

107.jpg 
修理・オーバーホールも完了し後はエージングです。
音はWADIA9と同様に静かで尚且つ情報量が多く流石はフラグシップ機と思わせてくれます。WADIA9は押しが有りますが、No.30.6Lはしなやかさが有りますね。聴く人の好みで分かれる処でしょうね。



 2014_12_23


REVOX B226-S 7台目

Category: B226  

036_20141223003403804.jpg 

今回は神奈川の田中氏よりの依頼でB226-Sの修理・オーバーホールです。
このB226-Sは約30年前にオランダの代理店経由にて220V仕様の物を購入し15年前にステラボックスにて100V仕様に変更し現在に至っているそうです。

10年位前から音飛びが出る様に成り日本のオーディオメーカーにて修理するも音飛びは治らずとの事で今回此方に来ています。

この前触れからはちょっと手こずってしまいそうな気配がプンプンです。

B226-Sは過去にも対応したことが有りましたがこのB226-Sは外観が民製器のごとくサイドプレートが化粧板となっており押釦の意匠も黒色に金が覗き表示器は液晶にバックライトとスチューダーのA727と同じと言った状態で高級機の佇まいです。

041_20141223005503942.jpg  

中を確認するとピックアップがCDM-1 mKⅡと高級機に使われるものを使っています。名前はB226-Sですがこれは全くの別物ですね。

早速動作を確認しましたがレーザー発光をしている様に見えません。ピックアップが駄目かと思いましたが調べるとRFのICの不良が見つかり交換です。

レーザー発光はする様に成りましたが全くCDの認識をしてくれません。ピックアップの動作をよく観察するとピックアップ自体にも不具合があり再調整です。

なんとかCDを認識する様になったのでアイパターンを確認すると電圧幅が異常に広く成っています。レーザー電流をみるとこれまたかなり電流を流す様に調整されています。

どうも過去の修理でCD認識をさせる為にレーザー電流を大きくしていた様です。このままでは早めにピックアップがお釈迦になってしまうので電流を下げる様に調整です。

003_20141223010645ff0.jpg 
現状ではまだCDの認識が4回に1回位しか成功しないのでさらに調査です。

RF基板・スピンドルモーター基板のオーバーホールを行っても症状は改善しないのでスイングアームを制御しているICも交換です。少しCDの認識が良く成りましたがまだ確立的には5割程度です。
電気系はほぼ新品状態なので今度はスイングアームの機構の調査です。

スイングアーム系はメカ的な不具合は過去にあまり無かったのでまさかと言った状態を発見です、やはり思い込みは厳禁ですね。

やっとCDの認識も出来る様になりオーバーホールの実施です。

031_20141223011934fdc.jpg 

何時もの様に電解コンデンサの交換や半田増しの実施を行い完成まじかです。

フロントパネルを取り付けエージング開始です。順調に音出しが出来ていると思ったらCDの最後の方で音が歪む様な音飛びの様な妙な感じに成る不具合が発生です。

026_20141223012149955.jpg
不具合調査を行うとなんとスイングアーム部のフィルムケーブルに折り目がくっきりとついています。折り目が抵抗に成り再生に支障を発生させていた様なので折り目を修正して此方も解決です。

001.jpg 

エージングを再開して3時間位でしょうかスピーカーからの音に異常を感じ、調べていると電源回路部のトランジスタが目の前で白煙を上げて焼損です。
焼損したトランジスタは過去の不具合でも焼損して交換しておりましたので、型式や回路電流を確認して倍の電流容量のトランジスタに交換しました。
トランジスタ焼損と共に表示器のバックライトもきえてしまっています。此方も過去に同様の不具合が有ったと聞いていたので元の回路の使用をやめて新たな回路にて修理です。
トランジスタが目の前で煙を上げた時には目が点になりました。ほんと古い機器は何が起こるか判らない物ですね。




043_20141223012705b52.jpg 

前回のEMT981に引き続きこのB226-Sも最初の予感の通りかなり手こずってしまいましたがこれで当分良い音を聴かせてくれると思います。

難しい不具合が続くと暫くは何もしたくないと思うのは私だけでしょうか・・・

後日夫婦でオーディオ三昧のメールを頂きました。この様なメールを見るとぼやいていている間があるなら頑張って1台でも多くオーバーホールしなければと思ってしまいます。




関連記事
 2014_12_23



085.jpg 
今回は神奈川のT氏よりの依頼でBARCOのEMT981です。
今年の4月の受付時頃に問い合わせで再生が出来なくなる事があるとの連絡が有りましたが、不具合が確実に出ない状況では不具合検証に時間を取られてしまう可能性が高かったので確実に不具合が出る様に成ってからの受付とさせて頂いていた所、やっと頻繁に不具合が出る様になったので修理オーバーホールを実施です。

008.jpg 
早速中をみるとこれでもかと言った改造が各所に施されています。
T氏に改造内容を尋ねた所、改造はT氏に拠る物ではなく購入時には既にこの状態になっていたそうです。
これを見た時にはこれは迂闊に触ると動かなくなる可能性が高いと思わされました。さわらぬ神に祟りなしですね。
取りあえずトレイベルトがなかったので汎用ベルトを付けましたがまともに動作しない状況です。

004_201412042120436d7.jpg
ピックアップはアイパターンの電圧幅も問題なく良好な状態です。
電源トランスが外付けと成っており内部で必要な電源DCは全て改造されています。
各電圧を順次調べると基本の制御電圧の+5Vが+4.7V位しかなくこの電圧が4.6V辺りになるとCDの再生に問題が発生してしまいます。
どうも改造された電源に問題がありそうで此処を直さない限りどうにもならないと思われます。

ただ変更されている箇所が多いのと素人配線で半田の状態も良くないので触っているうちに動かなくなる可能性が非常に高く、現状のままでの修理は出来ない事を伝え一旦は修理をお断りをしました。

修理をお断りした後で、T氏が電源を修理出来る処をさがして元に戻したらオーバーホールをお願いできるかとの連絡です。
素人に近いやっつけ仕事の物を修理して貰える処が有るだろうかと考えると、まずどこも引き受けてくれないだろうと思われるし、乗り掛かった舟なので電源を元の状態に近付ける事を条件にして此方で対応させて頂く事にしました。

049.jpg 

AC電源のインレット部分が煤けていたので分解すると何かがショートした痕が見つかりました。
原因は判りませんがどうも電源トランスをショートさせてトランスを外付けにしたようです。どちらにしても煤が残った状態は電気的には問題があるので清掃です。

006.jpg 
変更されていた電源周りを全て取り払い後付のトランスにて出来る範囲元の状態に近づけました。
電源周りはトランスの容量と電圧の違いが大きく元の電源回路では回路で必要な電圧が作れず新たに3端子レギュレーターを追加する等して対応しています。
元の整流のダイオードは全て無くなっていたので新たに音響用の物をチョイスです。

031_20141204215159d66.jpg CDドライブユニットのサスペンション部のダンパー目的のスポンジが劣化でなくなっています。音質に影響の有る処なので新たにスポンジの入れ直しです。

041.jpg  
押釦スイッチの接点は見事に硫化して黒ずんでいます。分解できる構造としているのは良い事ですね。

074.jpg 
スピーカーはバッファーアンプやスピーカーが無いので復活は出来ませんがヘッドフォンは使用できそうなので無くなっていた配線の造り直しにて復活です。


079_2014120422025984c.jpg 
修理・オーバーホール・音質改善と作業も終わりあとは音出しエージングを残すだけと成りました。
残念な事にエージング半日で再生が止まる不具合発生です。
今回気になっていた+5V電源の修理後の電圧がブリッジ整流後が8Vぎりぎりなので3端子レギュレーター後で+4.85Vとなんとかなる範囲の電圧でした。
商用電源がAC100V有れば問題無く動作するはずでしたが電源事情の良い当方の地域でもやはり100Vを下回る事が発生してしま不具合の発生です。
このEMT981は神奈川での使用なので当然使用条件が此方以上に悪いと想像されますので、T氏に依頼してステップアップトランスを準備して貰いました。
後付けのトランスの2次電圧があと2V位高ければ問題が無かったと思われますが仕方がないですね。

080.jpg 
色々と有りましたが、オーバーホール・音質改善によりEMT981が本来持っている性能を引き出せた様でなかなか良い音を聴かせてくれる様になりました。
古いCDプレーヤーなので電源周りの性能を上げて音を良くしようと思っての改造と思われますが、やはり電解コンデンサや半田増し等のオーバーホールを先に実施しその音をきいてから改造をするべきだと思います。
古いCDプレーヤーでもちゃんとオーバーホールをするとそこそこの音に成りますし当時のフラグシップ辺りであれば現行の機種より聴きごたえのある音が出る事間違いなしです。
とにかく基本を大切にして欲しいと思います。




関連記事
 2014_12_05




11  « 2014_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ

IPアドレス




PAGE
TOP.