プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




1001.jpg  
今回は新潟のH氏からの依頼でヤマハのCDX-10000の修理とオーバーホールです。
トレイの開閉が出来なくなりH氏がメーカーのYAMAHAに問い合わせたところ、ベルト等の部品が欠品で修理受付ができないとの回答だったそうです。
で今回此方に来ています。
 
1002.jpg  
中をみるとトレイベルトが加水分解で切れており、ガイドローラーのゴムも溶け始めてトレイに粘りつくようになっていました。
ベルトを汎用ベルトに交換し、ガイドローラーをジュラコン製の物に交換してもまだトレイの動きが遅い状態です。
トレイモーターのブラシ部の接触も悪くなっている様なのでブラシ部分の清掃を行いましたが、トレイ開で半分位の位置からスピードが落ちます。歯付ベルトがプーリー当り部にて変形している事が原因の様なのですが、この症状は使い込む事で改善すると思われるのでこのまま使用して頂くこととしました。 
1003.jpg  
やっとピックアップの確認が出来る様になりましたので波形の測定です。
YAMAHAさんのピックアップは過去の修理・オーバーホールで駄目だったピックアップは一度もありません。
ピックアップの設計にかなり余裕をみたのでしょうね。 
1004.jpg  

半田クラックは酷くは有りませんがそれでも発生しています。 
060_2014101418025792c.jpg  
今回のCDX-10000も2・3台目と同じ様に音質改善をするのでRCA出力回路のオペアンプ交換とこのデジタルフィルター基板にあるクロックの交換です。 
115.jpg  
トレイを裏からみた写真ですがトレイ一つにもこの様なリフト機構が組み込まれています。
手が込んでいますね。 
119.jpg  修理・オーバーホール・音質改善を実施しほぼ完成状態です。
音もリフレッシュされ今まで以上にCDを楽しんで頂けると思います。

関連記事
 2014_09_30



    
    
  Mcintosh MC275R2012/7/10 
  AUREX SB-Λ77c2012/9/18 
  mcintosh C34V2013/4/6 
  harman kardon hk870 2台目2011/7/23 
  harman kardon hk8702011/5/22 
  PRIMARE 301L2012/6/28 
  harman kardon hk825・hk8702011/12/13 
  LINN MAJIK・LK1002011/10/31 
  harman kardon hk8252011/9/24 
  MUSICAL FIDELITY A1S2012/3/6 
  LINN LK1002011/8/14 
  YAMAHA CA-1000 2台目2011/8/10 
  MUSICAL FIDELITY A1 2台目2012/2/4 
  MUSICAL FIDELITY A12011/4/6 
  YAMAHA CA-1000・CT-8002011/7/6 
  SONOGRAPH SC-12011/6/29 
  SONOGRAPHE SC222011/5/16 
  VAC 60M2011/5/3 
  LUXMAN L-5802011/1/8 
  KRELL KSA100MK22010/12/24 
  SANSUI AU-α907DR2010/12/10 
  Threshold STASIS22013/11/7 
  SANSUI AU-X1111 MOS VINTAGE2013/1/29 
  LUXMAN CL-36 ULTIMATE2013/2/6 
  ACCUPHASE E-303 2台目2012/9/19 
  ACCUPHASE E-3032010/5/12 
  LUXMAN LX-3602010/10/14 
  SANSUI AU-α607 MOS Premium2010/10/14 
  LUXMAN M-4000・C-5000A2010/8/23 
  自作・KT88プッシュプル LUX・A33002010/8/21 
     

 2014_09_24



111.jpg  
今回は大阪のN氏からの依頼でWADIA21のオーバーホールと修理です。
このWADIA21はN氏が香港駐在の時に現地で購入してそのまま日本に持ち帰ったので正規品では有りませんが、過去のトレイ開閉不具合はアクシスにて対応して貰えたそうです。
最近トレイ開閉の不具合が再発した為N氏自身で内部を確認・スレッドギア破損を見つけられ今回此方に来ています。 
222.jpg  
早速スレッドギアの交換をしました。トレイ開動作は問題ありませんがトレイ閉動作が途中で止まってしまいます。
不具合の原因をを探る為に内部を確認するとCDドライブユニットへのフィルムケーブルのコネクタ部がいつもと違っており、よくみると接触部が少し切り取られて短くなっていました。
たぶんコネクタの抜き差しでケーブルの先の接触部がフィルムより剥がれてきたのを取り除いたと思われます。接触部の荒れを修正して接点用のグリスを塗布して動作確認を行いましたがトレイ閉動作は依然途中で止まってしまいます。 
333.jpg  
さらに調べてゆくと、見た目ではリフト機構に問題は無さそうですがトレイ開時にリフトが下がらない症状になります。
どうもトレイとリフトの動作を決めているカムに歪みが出ていると思われるのでドライブユニットを交換する事で対応しました。 
444.jpg   
やっとCDを再生出来る状態になったのでピックアップの確認です。
元のピックアップも新しそうに見えますがアイパターンの電圧幅が0.85Vともう少しで音飛びが出る状態になっていたので交換です。
右が外したピックアップで左の新品のピックアップと比べるとレンズが下がっているのが判ります。 
555.jpg  
不具合対応に時間を取られましたが、この後オーバーホール・音質改善と順調に進み作業もほぼ完了です。 
666   
香港で購入時には既に製造番号のシールが無くなっていたそうですが、シールの無い後ろ姿の方がスッキリしていて似合っていますね。
関連記事
 2014_09_13



Q: 
   初めまして、松井と申します。
この度、Vintageアンプを入手致しましたが
古い機器である為に修理メーカも無く、Netで
検索したところ御社がHitしメールした次第です。
申し訳ありませんが下記のアンプは修理可能かご検討下さい。
機種 GAS AMPZILLA パワーアンプ
症状 電源投入しパイロットランプ点灯するが
   音が出ない。
   全面のヒューズが2本共に欠品の為に6Aヒューズと
   ヒューズキャップは取り寄せ中。
   ヒューズキャップが上手く入らないと思われます。
   (ヒューズだけの問題なのかは分りません) 宜しくお願い致します。
 

A:
  残念ながら、アンプのオーバーホールまで手が回りません。

 

アンプの修理・メンテナンスについては

かなりの多くの人が携わっていらっしゃるので

おごった言い方ですが

其方に任せて、CDプレーヤーに専念したいと思います。

修理受付のページに
*[今回はアンプの修理・オーバーホールは控えています]*
と、書いていますが、 今後、アンプの修理はお受けしないと思います。
【付記】にも
歪計等の測定器を持っていませんので自分の耳だけが頼りなので修理代金を取ってはいるものの「修理ができました」と言い切れない所を持っています。
アンプ修理に対しては常にこの様な難点があり修理依頼に対しては躊躇してしまいます。
と、書きましたように趣味の範疇から抜け切れていない処が有ります。

メールにも書きましたように
CDプレーヤー(メーカーにこだわらず)のオーバーホール・修理・音質改善・改造(四位一体)をできる人がほぼ皆無のため
残念ながら、アンプのオーバーホールまで手が回りません。
アンプの修理・メンテナンスについては かなりの多くの人が携わっていらっしゃるので
おごった言い方ですが
其方に任せて、CDプレーヤーに専念したいと思います。
アンプ専門の方にお任せしたいというのも
「CDプレーヤーになってくると、スキルの積み重ねによって
勘も働きやすくもっと良くなる改造や修理・工夫まで思いつくわけです。
これが専門分野の強みであると思います。」
アンプ専門の方にも、また同じことがいえると思うからです。

   山手サービス 高橋(代理)




関連記事
 2014_09_11




08  « 2014_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.