プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




blog_import_53b8dac97020d.jpg  
今回は埼玉のN氏よりの依頼でWADIA6の修理・オーバーホールです。
たまに音飛びが発生するとの事なので、確認すると確かに音飛びが発生します。

blog_import_53b8daca9217d.jpg  
早速アイパターンの測定をすると電圧幅は1.0Vですがレーザー電流はこれ以上げられない位流れているのでピックアップを交換する事となりました。
電圧幅が1.0Vあるのでこれで音飛びが出るのはちょっと早いのでスレッド動作のガイドバーへの給脂を念入りに行いました。

blog_import_53b8dacbb5440.jpg  
過去にメンテナンスで一部半田増しを行っていますがそれでもいつもの如く半田クラックの発生です。

blog_import_53b8daccb0a38.jpg  
表示窓は接着補強で良さそうに見えましたが、よく見ると写真右側が浮き上がっていたので元の接着剤を取り除き再接着です。

blog_import_53b8dacdc0e1a.jpg  
後期型の基盤は使用されている電解コンデンサが多いので交換にはかなりの時間を必要とします。コンデンサの足の太さに対してスルーホールの穴径が小さくスルーホール部に入り込んでいる半田がなかなか取れません。
もう少し穴に余裕があれば気楽に作業ができるのですが・・・。

blog_import_53b8daceee7d8.jpg 
オーバーホール・音質改善と実施してほぼ完成です。
いつもの事ながら側板を付けるのは苦労してしまいます。

blog_import_53b8dad041baf.jpg 
いつもと違うRCAケーブルはN氏がWADIA6と一緒にエージングして欲しいと送って来たものです。
少しヌケが良くなる感じがしますね。


関連記事
 2014_04_24



blog_import_53b8dad15ea44.jpg  
今回は以前KRELL CD-1を修理オーバーホールを行った静岡のS氏よりの依頼でGOLDMUNDの√SR CDトランスポートです。
ネット上には全く情報は有りませんがステラボックスのシールが貼ってある正規輸入品です。
なかなか珍しい物をお持ちですね。

blog_import_53b8dad273b37.jpg 
CD押さえにガタが有って使用できないとの事だったのでまずはCD押さえの確認です。
CD押さえの中央のウエイトと円盤との接着が剥がれてウエイトが浮き上がっていたので原因はここの様です。

blog_import_53b8dad349f79.jpg 
再生できる状態になったので早速ピックアップの確認です。
電圧幅は1.42Vと十分なのでこの後オーバーホールの実施です。

blog_import_53b8dad496b6c.jpg 
まずはCDドライブユニットを外そうとしましたがM4の6角穴付きトラスネジ2本を緩めようとするも6角穴をなめそうで外す事が出来ません。
格闘すること1時間やっと外す事ができました。ネジの大きさに対してトルクを掛ける穴が小さすぎます。
今後の事を考えてネジを通常のキャップスクリューに交換です。

blog_import_53b8dad568df1.jpg 
5・6年前に騒がれたSACDとは違い内部に使用している基板は全てゴールドムンドが製作している物です。
使用されている電解コンデンサはルビコン・マルコン・フィリプスと多様です。

blog_import_53b8dad6d6281.jpg 
オーバーホールも終わり音出し確認するとCDを認識出来ない事があるので原因の調査です。
手持ちのピックアップと交換するも症状の改善は無くピックアップの問題では無い様です。
作業中にCDドライブユニットへのフラットケーブルのコネクタ部の圧接に隙間が有る様に感じたのでフラットケーブルを触ると症状が改善する様なのでフラットケーブルの作り直しです。

blog_import_53b8dad7d72fa.jpg 
トップは1枚物のスモークのアクリル板で、大きさは小さいですがLPプレーヤーの様な作りです。

blog_import_53b8dad8ceeb0.jpg 
後ろにはRCAジャックの穴?と思われるめくら栓があります。
同じ形でCDプレーヤーも作っていたのでしょうか。
後ろ姿もシンプルですね。


 2014_04_18



blog_import_53b8dada2a0d7.jpg 
今回は千葉のN氏からの依頼でWADIA21iです。
CDの認識不良や音飛びが有るとの事で入院です。
今回のWADIAも綺麗で殆んど傷がみえません。

blog_import_53b8dadb20315.jpg 
CDを認識出来ない原因はいつものスレッドギアの歯こぼれです。

blog_import_53b8dadbe899f.jpg 
ピックアップもアイパターンの電圧幅をみると寿命となっていたので交換です。

blog_import_53b8dadd08cf5.jpg 
今回のWADIA21iはコントロール基板とD/Aアナログ基板を繋ぐクロックとデーターの配線が基板直付けとなっており配線を外さないとコントロール基板を外す事が出来ません。
バージョンUPされたD/Aアナログ基板は同じに見えますがコネクタがないのでこれらの配線を取るのにD/Aアナログ基板を先に作業する事になりました。

blog_import_53b8dade01a7d.jpg 
アナログ電源用の配線を外すと配線が根元で切れてしまいました。
共締めしていたコンデンサの足が配線を押し潰していた様です。

blog_import_53b8dadf05d48.jpg 
作業の順番が変わったので今回は全バラ状態での作業となってしまいました。

blog_import_53b8dae0339b8.jpg 
修理・オーバーホールと作業もほぼ完成まじかですがここでCDの認識が出来ない状態になってしまいました。
原因はコントロール基板の半田増し時の半田ブリッジです。
今回は作業手順がかわったので半田確認も念入りに行ったはずですが、見落としです。
此処に来てまた全バラ状態に逆戻りです。

blog_import_53b8dae13b713.jpg 
バージョンアップしている分WADIA21よりは音域レンジの広さが有りますね。


関連記事
 2014_04_16



blog_import_53b8dae26c3f6.jpg 
今回は埼玉のT氏よりの依頼でMCINTOSHのMCD7000です。
フロントパネルにあるパイロットランプが点滅して出力が揺れるとの事できました。

blog_import_53b8dae39517c.jpg 
早速アイパターンを確認しましたが電圧幅は十分出ていますのでピックアップとしては問題の無い状態と思われます。
試しに傷だらけのCDを再生させると中央のダメージランプが点灯し音の強弱が発生するのを確認できたので、どうも不具合はCD側の傷や汚れが原因の様です。

blog_import_53b8dae4b71ee.jpg 
D/Aアナログ基板を外す時に基板がグラグラするので確認すると基板を固定する爪が2か所とも折れて無くなっていました。
どうも過去の作業のパワープレイで折ってしまったようです。

blog_import_53b8dae5d4add.jpg  
D/Aコンバーター部分の半田では足の部分の半田全体にクラックが出ているのが見えます。

blog_import_53b8dae6ed5de.jpg 
表示基板は表示器の下に電解コンデンサを実装しているので表示器を外して交換作業です。

blog_import_53b8dae82bc40.jpg 
トレイのリミットSWも硫化で真っ黒です。これでは誤動作の原因になります。

blog_import_53b8dae939ef5.jpg 
スイングアーム独特の柔かい音で聴きやすいですね。


関連記事
 2014_04_15



blog_import_53b8daea65afe.jpg 
今回は富山のA氏の依頼でバルコのEMT982です。
憧れのEMT982を入手できたのにトレイの開閉が出来ないとの事で此方にきました。
EMTは業務用で多用の操作が出来る様に成っていますが、チェックの確認に必要な繰り返しの操作設定が出来ず今回もCDが止まる度に再生スタートを繰り返す事になりそうです。

blog_import_53b8daeb775a4.jpg 
トレイの開閉原因はA氏からの連絡の通りトレイ開閉ギアの歯が全て無くなっていた事によるものでした。
ギアのシャフトも錆が出ておりかなり前にグリス切れを起こしていたようです。

blog_import_53b8daec52874.jpg 
このEMT982のCDドライブユニットもダンパーがへたりCDとトレイが接触する状態に成っていましたのでダンパー部を補強して対応です。

blog_import_53b8daed55257.jpg 
今回はオーバーホールの他に音質改善も提案して実施する予定でしたが、ここで大きな間違いに気が付きました。
EMT982のアナログ出力のオペアンプは2回路入りの16ピンフラットパッケージで交換できるオペアンプが有りません。
間抜けた事にEMT982を2台もオーバーホールして全然気が付いていなかったんですね。この事をA氏に連絡して音質改善は無しとさせて頂きました。

blog_import_53b8daeeb04b2.jpg 
EMT982の電源部は日本製のスイッチング電源が使用されております。ドイツ人から見ても日本製の方がコストパフォーマンスが高いのでしょうか。
スイッチング電源に使用されているコンデンサの耐電圧や容量が特殊なために別途手配を行っていた為に最後の作業です。
コンデンサを外すと電解液の漏れている物が数個ありパターンに錆がでていましたが、まだ基板のパターンが無くなっていない状態だったので、今回のオーバーホールはグットタイミングですね。

blog_import_53b8daefbddd4.jpg 
音質改善は出来ませんでしたが電解コンデンサを交換したので往年の音を堪能できると思います。


関連記事
 2014_04_12


REVOX B226 5台目

Category: B226  

blog_import_53b8daf11e010.jpg 
今回は岐阜のN氏からの依頼でREVOXのB226です。
15年前にトレイが開かなくなりずっとオーディオ棚に置いていたそうですが往年のルボックスサウンドが忘れられず今回の修理依頼となったそうです。

blog_import_53b8daf23074d.jpg 
トレイ開閉不良はタイミングベルトの歯こぼれに拠る物でした。
何度かタイミングベルトを交換していますがB226に使用している物と同じ物は無く少し幅の広い物を購入して幅を切り詰めて使用しています。
手作業なのでなかなか真直ぐ切れないのは愛嬌です。

blog_import_53b8daf31eafb.jpg 
ピックアップはまだまだ使用出来る範囲です。
CDM-1もかなり診てきましたがほんと耐久性のあるピックアップですね。

blog_import_53b8daf418428.jpg 
今後の使用に向けてCDM-1も給脂等のメンテを実施です。

blog_import_53b8daf52ab90.jpg 
今回もトレイのガイドローラーのゴムリングが切れていましたので汎用ベルトにて修理です。

blog_import_53b8daf622646.jpg 
修理・オーバーホールもほぼ完了した所でフロントパネルのランプ切れに気が付きここで再度分解です。

blog_import_53b8daf770459.jpg 
せっかくなのでランプのLED化です。
最近はLEDも広角の物の販売が一般的に成って来たので白熱灯との交換が容易になりました。

blog_import_53b8daf843acc.jpg
アナログチックな音なのでBGM等で連続で流しても聴き疲れしない音ですね。


関連記事
 2014_04_08



事実無根のうえ、本人の勝手な邪推や一方的な解釈で、
ぼったくりの罵詈の他、いくつもの、雑言をブログにアップし、
そのアドレスをこちらのコメント欄に張り付けておくという、非常識極まりない行動があったため、
その記事を読まれた人が誤解されてはいけないと、保存してあったN氏とのやりとりメールを公開しました。

途端にN氏は記事を削除してしまいましたが、代理の一存で記事のコピーを保存しています。
(高橋からは姑息な真似をするなと叱られましたが)
さすがに、これみよがしにN氏の罵詈雑言を公開するなどという、N氏と同じ態度を取る事はありませんが、
この度のことを振り返って考えてみますと
人の事を言っているつもりが、自分を披歴してしまう。 そのものだと思いました。
高橋は都合が悪くなったら記事を削除するなどと言うことは一切ありません。
それは、自分の言動に責任をもっているからです。
ですから、虚偽を書くこともしません。
今までのメンテナンス記事をお読みになっている方は気が付いていらっしゃると思いますが
かなりの技術があっても、基板に拠ってはスルーホールのランドがとれるというアクシデントが起こります。
これに対して、正直にランドが取れてしまったと書きます。
自分のスキルがたりないと自分の責任としてとらえます。
こういう姿勢もむろん、儲けや時間を度外視して機器に対して少しでもベストな状態に成る様に提案・施工していく姿を見るにつけ 生粋の職人気質(しょくにんかたぎ)が在ると思えます。

昨夜のN氏の記事の中で、ブロックコンデンサーの相違があって、私の仕事でないのに、気が付かなかったのに、怒鳴られた(と、取った様ですねW)というように書かれていましたが、
このあたりに、職人だから左右の違いが許せなかったのだろうとかかれていてびっくりしました。

左右の音の違いが判らないN氏の耳であることを、さらしているわけです。
(此処の部分が「自分を披歴してしまう。 そのものだ」ということです。)

そして、職人だから・・・は聞き分けられない自分の尺度・解釈・言い訳です。
N氏のことを批判するつもりではありませんので
高橋の「耳」について少し書きます。

200台以上の、プレーヤーやアンプを聴きわけてきた耳です。
元々、音を聞き分ける耳をもっていたから、音質改善等の技術を活用できるようになったわけです。
耳がよくなければ、たとえば、音質改善・オーバーホール後のWADIA9と肩を並べるWADIA6改LTDの音を引き出すことはできません。
表面上の記事だけなら、メンテナンスの記事でしかないわけですが、 記事を支えている(見えない)部分に、高橋の資質や気質・ポリシーなどあるわけです。

以下、昨夜の記事とコメントを貼り付け保存しておきます。

****昨夜の記事******

http://ameblo.jp/507576/entry-11815625734.html
の、記事へのリンク投稿がありましたので、よませていただきました。メールでのやり取り内容を上げた直後ににどうもブログに記載していた内容を削除された様でリンク先の投稿の内容は既に読めなくなりましたのでこの「メール内容」は明日には削除しようと思います。

KRELL KSA200mk2の修理オーバーホールに異論があるのであれば直接メールにて連絡頂ければどこがぼったくりだったのかはっきり聴きたいものですね。

記憶だけをたよりに記載すると必ず思いが先行して真実が薄れてしまいます。大人であるなら責任のある行動を取って頂きたいものです。

記事によると、過去に此方が対応したものであると思います。
この記事をお読みになった方が実際の内容を知らずにまにうけてもらってはいけないと思いますので、
上にドキュメントファイルで、N氏とのメールのやり取りを公開いたします。

どちらの言い分を真に受けるにしても、一方的な意見では片手落ちだと思いますので、

公開に踏み切りました。

ご判断はお読みに成って下さった各位さまの胸の内ということで、お願いします。

追記:

コンデンサーは海外から取り寄せた新品のコンデンサーです。
この部品についての買取はメールでN氏におねがいしており、N氏は承諾されています。
もちろん、これらのコンデンサーはN氏のものであり、対価を支払っていただいたということになります。
このコンデンサー交換作業や、他の箇所のメンテナンスなど機器に施しした分の作業費は1円もいただいていません。
N氏の損失があるとしたら、機器の送料分だと思いますが、これも、こういう業界では送料本人負担が一般的ですし、さらにいえば、直せなくても、調査費など(些少ですが)頂くようにしています。
それすらも、請求しておりません。

どこを取ってぼったくりの言葉がでたのでしょうか理解に苦しみます。

****コメント欄から****

すごいですね。
読み終えてから見直したら削除されていました。
                               投稿 Ks | 2014/04/08 00:22 

オーディオの修理で「ぼったくり」と言われるとは思いもよりませんでした。
2010年から受付を始めて認識するのは憧れのAoudioへ修理・オーバーホールを依頼してきて金額を値切る人の修理は受けられないなと言った事です。
当方としては相手に有利になる条件を出来るだけ提案したつもりですがどうも理解して頂けないどころか仇に成ってしまったのには驚きです。
N氏に請求したのは海外から購入したEROの電解コンデンサ100V470μ105℃タイプの物を48個分です。
EROのコンデンサの価値が判る人であれば請求した金額53200円が妥当だと判るはずです。
(このコンデンサーの手配についてはN氏からの電話で「手配してくれ」と承諾をえたものです。電話のため会話の記録はありませんが、N氏からの依頼だったわけです。筐体に装着した状態だったため、そのままの状態での買取をお願いしたのですが、これにも、N氏は同意してくださったわけです)
N氏が「じゃあ、やめておく」と中止する機会がいくつもあったのではないかと思います。
見積もりの値段が違っていた。と、憤慨されていたわけですが、こちらの勘違いであったとお詫びして、その機種なら、これくらいの値段になりますよと改めて値段を提示したとき。などもそうです。

でも、いくつかの場面でN氏は「了承」したわけです
代理に言わせれば、N氏は優柔不断です。
そこを自覚せずこちらのせいにしてしてしまう。

記憶だけをたよりに記載すると必ず思いが先行して真実が薄れてしまいます。

大人であるなら責任のある行動を取って頂きたいものです。

と、高橋が先に書いているとおりだと思います。

あとアンプとしてはほぼオーバーホールが出来た状態であったのでエイブルさんでの修理が安くて早くなるのは当たり前ですね。
憧れのAoudio の主旨に反して妥協した時には良くない結果が何度か発生し再度の修理依頼を断った事がありこのN氏の件もそれに該当します。
今後は主旨に合わない依頼はお断りさせて頂きます。


関連記事
 2014_04_08



blog_import_53b8daf9a43a2.jpg
今回は香川のH氏の依頼でWADIA21の修理・オーバーホールです。
トレイが開かないとの事で此方に来ています。
今まで扱った中で一番傷の少ないと思われる個体です。綺麗すぎるのも難点で移動等には気を使ってしまいますね。

blog_import_53b8dafabc3cb.jpg
早速中を確認すると何時もの如くピックアップを移動させるスレッドギアが歯こぼれを起こしていたのでジュラコン製のギアに交換です。

blog_import_53b8dafbbbe69.jpg
右が外したピックアップです。割と綺麗に見えますがアイパターンの電圧幅が小さく交換を要する状態です。
今回初めて認識した事ですが、ピックアップの一番底に付いているICの樹脂部分が少し黄色い色をしています。

blog_import_53b8dafcbcd4e.jpg
コントロール基板も製造番号の数百番台とは少し違っている所が見られます。

blog_import_53b8dafde4080.jpg
過去に修理をしている様で一部半田増しをしている所が有りますが、それでも至る所に半田クラックが発生しています。

blog_import_53b8dafee89e8.jpg
緑色の円盤のVRDSです。
これも初期のWADIA21では黒色のVRDSなので変更が掛かっている所です。
オーバーホール・音質改善とほぼ作業も完了し完成まじかです。

blog_import_53b8daffe6c91.jpg
音はレンジも広くWADIAらしさもある頃の製品なので良い音が出ますね。


関連記事
 2014_04_06



Q: 
  WADIA16のメンテナンスは可能ですか?

A:

 お問い合わせありがとうございます。

WADIA16の不具合修理の件ですが、ノアがアフターサービス業務をひきついでいます。
WADIA16はまだメーカー(ノア)で、修理ができる製品です。
当方が修理してしまうと、
以後、不具合があっても代理店からの修理など断られる事が有ります。

たまにWADIAもプログラムがされているICが駄目になる場合があるので
この様な事を考えると
修理期間が保証されているものはまず、

修理保証のリスクを考慮しノアのほうに問い合わせた方が良いのではと思います。

以上のリスクを考慮した上での修理依頼であれば受けいたします。

以下、URLを張り付けておきます。

ノア WADIAについて
http://www.noahcorporation.com/wadia/index.html

ノア トップページ
http://www.noahcorporation.com/index.html

    2013年4月よりアクシス株式会社から



関連記事
 2014_04_04


QUAD 66CDP

Category: 66CDP  

blog_import_53b8db04afd0c.jpg
今回は昨年末スチューダA727
の修理を行った東京のY氏からの依頼でQUAD 66CDPの修理・オーバーホールです。
Y氏にとって思い出の深いプレーヤーなのでぜひ直したいとの事でした。
不具合はCDを読み込めない状態との事です。

blog_import_53b8db061b3ad.jpg
動作確認をすると10秒足らずでCDの再生が出来なくなる事が判りました。
調べるとピックアップのレンズがかなり曇っていたので原因はこれかと思いましたがそんなに甘くはないですね。結局ピックアップを交換する事になりました。

blog_import_53b8db07098e5.jpg

blog_import_53b8db081960c.jpg
電解コンデンサの交換や半田増しを行いほぼ完成です。
ここでCD-Rで再生確認するとトラック指定でトラックを認識できず再度不具合調査です。

blog_import_53b8db091fc53.jpg
今回もスピンドルモーターに動作不良が発生していた様で、モーター交換にて不具合解消となりました。

blog_import_53b8db0a1f350.jpg
イギリスの製品らしく音はしっかりとした音作りでなかなか聴き応えのあるプレーヤーです。  


 2014_04_02




03  « 2014_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.