プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



TEAC VRDS-20

Category: VRDS-20  

blog_import_53b8dbe4c446f.jpg
今回は愛知のI氏からの依頼でTEAC VRDS-20の修理・オーバーホールです。
外観はどことなくWADIAに似た感じの意匠になっています。
丁度WADIA6用のVRDS機構をWADIAに販売していた頃なのでWADIAの意匠に影響されたのでしょうね。

blog_import_53b8dbe5b1492.jpg
トレイが開閉しないとの事なので早速天板を取って中を確認です。
中は全くVRDS-10そのものと言っていい位同じです。
唯一違いはデジタル出力にSTリンクが使用されている所でしょうか。

blog_import_53b8dbe6cba5e.jpg
CDのリフトベルトが無くなっておりますので,どうもこれが原因でトレイの開閉が出来なくなっていた様です。

blog_import_53b8dbe77b352.jpg
リフト・トレイベルトを交換してトレイの開閉動作が可能になったのでまずはピックアップの状態確認です。
しばらくは再生出来ますが時間が経つと再生出来なくなるので何か問題が有る様です。
ピックアップを確認するとかなりレンズが下がっています。
どうもサスペンションが劣化している様です。

blog_import_53b8dbe959732.jpg
今回もお客様が交換用のピックアップを支給してくれていましたので支給品のピックアップと交換です。
こちらのピックアップは電圧幅やレーザー電流からもかなり良い状態なのでこのまま採用です。

blog_import_53b8dbea3f8e5.jpg
半田クラックはお決まりの状態で基板の至る所で発生しています。
コントロール基板の電解コンデンサ交換後の写真ですが、この基板だけでも40個の電解コンデンサがあります。
長く使える様に105℃タイプで出来る限り高信頼長寿命低Zの電解コンデンサを使用する様にしています。

blog_import_53b8dbeb2a4cb.jpg
今回I氏より音質改善は妥協せずに実施との依頼だったので出力のオペアンプも2回路入りのものを1回路入りのオペアンプに交換です。

blog_import_53b8dbeed63e8.jpg
過去の修理した中で一番ひどい状態のバランス出力コネクタです。
硫化もこれ位ひどくなると簡単には落ちてくれません。
使用環境が悪かったのでしょうかね。

blog_import_53b8dbefc076e.jpg
音は音質改善の効果もあり違和感なくスッと入ってくる状態で気持ちよく聞く事ができます。
割とこの辺りの機種の人気が有るのが頷けますね。


関連記事
 2013_07_31



blog_import_53b8dbf0bb29d.jpg
今回は北海道のH氏からの依頼でCDP-R1aの修理とDAS-R1aのオーバーホールです。
CDP-R1aは殆んど読み込みが出来ないそうです。
大きな傷も無くほぼ綺麗な外観なので丁寧に扱われてきた事が判ります。

blog_import_53b8dbf1a478a.jpg
トランスポートまずはトランスポートの動作チェックからです。
右側に見えるデジタル出力基板をアナログ出力基板にすれCDP-R3と全く同じです。これなら一部の部品交換で機種を換えれるのでコスト低減には良い方法ですね。
車で言えばトヨタ方式でしょうか。
このトランスポートとCDP-R3は同じ販売価格なので構成部品からはCDP-R3はお買い得と言えます。

blog_import_53b8dbf3bde7d.jpg
ピックアップの確認をと思いましたがトレーの塗料が加水分解しており手にベタベタと付くので作業になりません。
まずはこの塗装の除去が先決です。

blog_import_53b8dbf48eea7.jpg
分解して行くとトレイベルトがかなり硬化していましたので此方も速攻で交換です。
通常は加水分解で柔らかくなるのですが材質の違いでしょうか。

blog_import_53b8dbf56adc2.jpg
やっとピックアップの状態を確認出来る様になりましたが残念な事に寿命となっていましたので交換です。
交換したピックアップはH氏がネット上で購入された物で新品かどうか判らないと言っておられましたが性能や外観からは間違いなく新品でした。
ここ数年はピックアップの新品販売は見た事がないのでかなり前の事でしょうか?

blog_import_53b8dbf67dfe4.jpg
ガラスエポキシの両面基板を使用していますがこのCDP-Rシリーズは何故か半田クラックが発生しています。

blog_import_53b8dbf802e92.jpg
交換したブロックコンデンサは同じ耐圧で同じ容量ですがかなり小さくなっています。
この辺りは20年の技術の進歩を感じさせてくれる所です。

blog_import_53b8dbf8e51f2.jpg
今度はD/Aコンバーターのオーバーホールです。
こちらも内部は割と整備し易い構造に見えます。
ここでCDP-R3との違いを見て取れます。
真ん中の基板の上に見える灰色の円筒形の部品です。
トランスポートからのデジタル入力信号をトランス受けしている様に見えます。
D/A・アナログ基板はCDP-R3と良く似ており使用部品にも大きな違いはありません。

blog_import_53b8dbfb87f86.jpg
此方の基板にもトランスポートと同じように半田クラックの発生が所々に見られます。

blog_import_53b8dbfcacec4.jpg
アナログ出力用オペアンプに後付の積層セラミックコンデンサを見つけました。
過去の経験からアナログ信号ライン上の積層セラミックは音にガサツキが生じてとても良くないのでEROのフィルムに交換です。

blog_import_53b8dbfd9ab8a.jpg
こちらのD/Aコンバーターは過去の使用環境がかなり良くなかったのか外部に使用しているビスやコネクタにかなりの錆が見られましたが、内部の銅メッキされた中板にも錆が出ています。
腐食性のガスがある雰囲気での使用?でしょうか。

blog_import_53b8dbfe922d3.jpg
2台の修理・オーバーホールが終わったところでCDPとDASをツインリンクでつなぎ音出しエージングです。
音はCDP-R3の延長線上の音で少しクリアに成っている感じでしょうか。
これはこれで悪いわけではないのですが販売時の価格や内部で使用している部品を見てしまうともっと良い音が出ても良いのではと思ってしまいます。


 2013_07_03




06  « 2013_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.