プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



BARCO EMT982

Category: EMT982  

blog_import_53b8dc6c30075.jpg 
今回は東京のS氏よりの依頼でBARCO EMT982です。
ローディングが不安な状態との事で来ています。
外観はEMT981と良く似ていますね。

blog_import_53b8dc6d158fd.jpg
中を確認すると流石は業務用と言った作りで、メンテナンス性は非常に良いと思います。
多層(両面)基板にフラットケーブルと制御基板の設計や製作をしていた頃と殆んど同じ様な内容で懐かしさを感じます。

blog_import_53b8dc6e0bee2.jpg
トレイ動作に少し引っ掛かりがありましたがやはりトレイギアの破損が確認されました。

blog_import_53b8dc6ecb24b.jpg
CDが回ると何か擦れる音がします。
トレイ部を確認するとCDのリフトが足らずCDとトレイが接触している音でした。

blog_import_53b8dc70370d8.jpg
EMT982のピックアップはCDM-9PROだったんですね。今回が初のお目見えです。
CDとトレイの接触の原因はCDドライブユニットを支持しているダンパーのヘタリの様です。
ダンパー自体を入手する事は出来ないのでダンパーを補強する事でヘタリに対応です。
ドライブユニットを取り出すとここで大きな問題を発見です。
なんと支持フレームに割れが有ります。
これでは音にも影響が出ていたのではと思える状況です。
過去の修理でドライブユニットの取外しを行った時にパワープレイをしている様です。
フレームはプラスチック製でキャシャな作りなので無理な力を入れると割れてしまいますよね。

blog_import_53b8dc70f0d62.jpg
ダンパーと同じく入手は不可能なので割れたフレームの修理です。
割れた所にステンレスのバーを貫通させて接着補強です。

blog_import_53b8dc71a230f.jpg
表示基板のLEDですがここにもパワープレイの跡があります。
表示基板をフロントパネルに取り付ける際にこのLEDは穴に収まるのですが穴に入っていない状態にて基板をフロントパネルに取り付けた様です。
ここらの7セグLEDやLEDも使用した事があり懐かしく見させて頂きました。

blog_import_53b8dc72850a2.jpg
ピックアップの状態を確認するとこちらはまだ問題の無い状態でした。
この後電解コンデンサの交換等を行い作業は完了です。

blog_import_53b8dc73724ef.jpg
後ろ姿の素気なさはほんと業務用です。
音はEMT981よりも高域が伸びてハイファイ的な方向に振られています。
全体にはバランスの良い音作りですね。


関連記事
 2013_03_25



blog_import_53b8dc745e4be.jpg 
今回は広島のY氏からの依頼でマイクロのCD-M2です。
何故か
今まで修理してきたCD-M2と色が違っています。
型式を見ると末尾にDCとあります。
リアのパネルに外部DC電源の取り込み用のコネクタがありましたのでDCドライブ出来る機種の様ですね。
トレイの動作不良の修理で今回入院です。

blog_import_53b8dc7583cc3.jpg
;オーバーホールも実施する事になりましたのでまずトレイ・リフトベルトを交換後すぐピックアップの状態確認です。
20年以上前のプレーヤーですがピックアップはまだまだ現役状態です。
フィリップスさん良い仕事してますねの一言です。

blog_import_53b8dc766958e.jpg
ま<ずネット上でも見る事が無いCDM-1のブラシレスモータードライブ基板です。
半田がくすんだ色になっていますので半田増しにてリフレッシュです。

blog_import_53b8dc7747298.jpg
この頃のフィリップス系の基板はほぼ半田クラックが発生しています。
今回も例に洩れずほとんどの基板でクラックが発生していました。

blog_import_53b8dc7833227.jpg
たぶん初期の頃の販売と思われる基板にはこの様にワイヤリングのオンパレード状態です。
これだけの追加作業が発生してしまうと、企業としては儲けに成らなかったでしょうね。

blog_import_53b8dc79392c4.jpg
音質改善も実施してほぼ作業は完了です。
古くてもこの頃の機種は基本性能が非常に優れておりオペアンプ等の交換で簡単に音域レンジが広がります。
現行機種では味わえないアナログ的な表現力は何とも言えません。

blog_import_53b8dc7a49d98.jpg
トレイ動作でいまいち閉位置が安定せず色々と確認するとトレイ開リミットの取付ネジがトレイ駆動用ワイヤーと接触しています。
新品の時はモーターも力が有って動作出来ていたのでしょうが古くなるとこう言った僅かな抵抗も動作不良の原因になります。

blog_import_53b8dc7b21483.jpg
後ろ姿ですが右側にDC電源入力コネクタがあります。
電源を別置きにすればワンランク上の音が出るのでしょうね。


関連記事
 2013_03_19


YBA WD202B

Category: WD202B  

blog_import_53b8dc7c1b249.jpg 
今回はYBAのWD202Bで依頼者はWADIA20の方と同じで東京のH氏です。
音が出ないとの事ですが、たまに正常に動作する時もあるそうです。

blog_import_53b8dc7d0c810.jpg
サイズは非常にコンパクトで使用している部品も特殊な物は使われておらず同社の古いCDプレーヤーの様なコンデンサや抵抗は見当たりません。

blog_import_53b8dc7f602d0.jpg
不具合の調査をするとD/A変換ICへのビットクロックやデーターが入力されていない状態が発生している事が判りました。
この後信号を追いかけて調べて行くと原因は電源に問題が有る事が判り修理は完了です。

blog_import_53b8dc8067338.jpg
コンパクトなサイズで特殊な物も使用していませんがそれでもYBAの音です。
音域レンジの広さ音の分離や押し出し等音作りが上手なメーカーですね。


 2013_03_19


WADIA WADIA20

Category: WADIA20  

blog_import_53b8dc8193fd9.jpg
今回は東京のH氏よりの依頼でWADIA20のコネクタや天板の交換で来ましたがオーバーホールも合わせて実施です。
天板が光っているのはカーボン天板に載せ替えている為です。
この写真は修理後の状態でH氏より支給された天板に交換しています。
ゴールドムンド辺りの影響でしょうか。こう言った天板を製作している所があるのですね。

blog_import_53b8dc82637e9.jpg
早速中をみるとVRDS機構をバージョンアップで載せ替えているようです。
見るからにかなり剛性が高くなっている様に見えます。
内部は各パート毎にアルミブロックで区切られた所に設置されておりノイズの輻射等の影響が少ない構造を取っています。

blog_import_53b8dc835529f.jpg
まず見る事はないVRDSのCDクランプ面の写真です。
センターの嵌合部もステンレスの削り出しで作りは非常に丁寧です。
VRDSはアルミに緑のアルマイトを施し上面にはステンレス?の板を張り付けている様に見えます。

blog_import_53b8dc84764c2.jpg
トレイの動作が鈍いので確認するとやはりトレイベルトの伸びがありました。

blog_import_53b8dc854726d.jpg
リミットSWも真っ黒になっていましたので清掃です。
このあとオーバーホールで電解コンデンサの交換と半田増しの実施です。

blog_import_53b8dc85ec7ae.jpg
AES/EBUコネクタの交換はH氏が選択し支給して頂いたコネクタ・電線・半田で実施です。

blog_import_53b8dc86cc4e2.jpg
WADIA20・9の操作用に別途入手したWADIA27のリモコンだそうです。
リモコン動作が出来ないそうなので此方も修理です。梨地肌の高級感のあるリモコンです。

blog_import_53b8dc8783511.jpg
中を確認すると電池の液漏れで電池ボックス近くの基板に錆びが発生して色々と駄目になっていました。
チップ抵抗も錆でオープン状態となっておりこの後交換です。
銅箔がムギだしになっているのは錆を除去する為です。
レジストと銅箔間に電解液が回った様です。

blog_import_53b8dc886df0d.jpg
電池ボックスもスプリング側が壊れて使い物にならないので同様の電池ボックスを購入して交換です。

blog_import_53b8dc8972898.jpg
交換したコネクタがかなり目立っている後ろ姿です。
大きさ的にはWADIA16辺りと同じ様に見えるのでBOXは共用かもしれません。
中低音の出方が流石と思わせるトランスポートですね。


 2013_03_18




02  « 2013_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.