プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



MCINTOSH MCD7009

Category: MCD7009  

blog_import_53b8dc8a868da.jpg 
今回は以前KRELL KPS-28cの修理をされた東京のY氏よりの依頼でマッキントッシュのMCD7009の修理依頼です。
不具合内容はトレイの動作が出来なくなったとの事です。
外観は大切に使用されていたようで非常にきれい状態です。
それでも発売されて既に10年以上が経っていますので今回はオーバーホールも実施です。
ガラスのフロントパネルはマッキンのお得意の意匠ですね。

blog_import_53b8dc8b75231.jpg
早速中をみると内部の構成はVRDSです。
TEACの営業が良かったのか、この頃のVRDSは結構色々な海外メーカーの高級機で使用されています。

blog_import_53b8dc8c62744.jpg
今回の不具合原因はこの伸びたリフトベルトです。
ここのベルトを交換するにはほぼ全バラにしないと交換が出来ない構造になっており意外と手間が掛かります。

blog_import_53b8dc8d5ae32.jpg
D/Aアナログ基板の電解コンデンサの被覆が縮んでいます。
かなりの温度上昇があった様に思われます。

blog_import_53b8dc8e46292.jpg
メーカーに拠っては結構手こずる物もありますが、TEACの基板は半田自体の質が良いのか半田増しが綺麗に仕上がりますね。

blog_import_53b8dc8fbcc6e.jpg
真っ黒になっているバランス出力のコネクタピンです。
他のメーカーでもこのコネクタのメッキは良く銀メッキがされている様なのですが、どうしてなのでしょうか。

blog_import_53b8dc914ffd5.jpg
前面とは打って変わって後ろ姿は非常にシンプルです。
音は柔らかく心地の良い音を出してくれますね。


 2013_02_22



blog_import_53b8dc99497a9.jpg
今回は愛媛のK氏よりの依頼でLUXMANのプリアンプCL-36 ULTIMATEのオーバーホールです。
LUXMANの設計者である上原氏のCL-36へのこだわりを込めて作られたアンプで限定200台だったようです。
外観は高級品だと言わんばかりにピカピカです。
触ると指紋が付いて気になってしまいます。

blog_import_53b8dc9a26037.jpg
早速中を拝見すると物の見事に埃だらけです。
幸い錆びは出ていない様なので湿度の低い所での使用だったようですね。

blog_import_53b8dc9b05460.jpg
トーンの切り替えSWは見事に錆びて黒ずんでいました。
切り替えでノイズが出ても当前の状態です。

blog_import_53b8dc9bbc21a.jpg
セレクトSWも同様に錆で真っ黒です。
今回の接点は全て真っ黒になっていましたので使用環境に何か銀を強く酸化させる問題が有ったと思われます。

blog_import_53b8dc9ca6e6c.jpg
高圧ブロックコンデンサは頭が膨らんでいましたので全て交換です。

blog_import_53b8dc9d8010a.jpg
作りはCL-36と全く同じで整備性は非常に悪い作りとなっています。
コスト的に制約がある事はわかりますが、アマチュアが作るような配線をそのまま製品とするのは如何なものでしょうか。
電解コンデンサの交換やSW類の清掃するにはほぼ全バラ状態にして、部品がぶら下がった状態での実施となりました。

blog_import_53b8dc9e8c57f.jpg
ケースは後ろから見ても丁寧に作られている様に見えますが、ひっくり返してみるとなんと底板は釘で打ち付けてあります・・・何か残念ですね。
音は透き通った綺麗な音で良いですね。
しかしベースと成ったCL-36とどう違っているかは実際に横に置いて聴き比べてみなければ判らないですね。


関連記事
 2013_02_06


conrad johnson DF-1

Category: DF-1  

blog_import_53b8dc9f97ad8.jpg 
今回は以前harman kardon hk825・hk870をオーバーホールした神奈川(前回は東京)のI氏よりの依頼でコンラッド・ジョンソンのCDプレーヤーDF-1の修理です。
一昨年にもCDの認識が悪いとの事で修理に来ており、この時の調査でCDドライブユニットの不具合である事がわかりました。
この時はCDドライブユニットの入手が出来ず各部調整にてそのまま使用して頂いていましたが調子が悪くなりリベンジの修理となりました。

blog_import_53b8dca084923.jpg
基本の構成部品はフィリップスですがアナログ関係をコンラッド・ジョンソンにて新規作成し全く別物のプレーヤーとなっています。

blog_import_53b8dca160190.jpg
左がDF-1のCDM-2で右が今回入手したCDM-2です。
同じ様に見えますが、写真でも判るようにCD押さえのフレームに粘土の様な物が付けられています。
以前修理したソノグラフのSD-1も同じところに同様の物が付いていたのを思い出しました。
振動防止でしょうか?
何か効果があるのでしょうね。

blog_import_53b8dca2a09a5.jpg
2つのCDドライブの決定的な違いはピックアップの違いです。
DF-1のピックアップはCDM-1 MKⅡ辺りで使用されているピックアップです。
今回入手したCDドライブのピックアップはCDM-1の一般的な物と同じです。
DF-1に付いているこのピックアップは高級機によく使用されているタイプなのでできればこのまま使用したい所です。
調査・確認をするとCDドライブユニットの裏側のRF基板の交換で修理出来る事が判明したのでピックアップはそのまま使用できそうです。

blog_import_53b8dca3660d9.jpg
不具合の解決が出来たので電解コンデンサ交換や半田増しを行おうとしましたが、基板どうしの配線が半田付にてされており、全バラにしないと作業が出来ない構造になっていました。
中央に見えるのはアナログ基板でアナログ出力回路はCANタイプのトランジスタを使ったディスクリート構成です。

blog_import_53b8dca449a14.jpg
写真にある基板はDAコンバーター用の基板でDAコンバーターで使用するコンデンサにはオレンジ・ドロップが惜しげもなく使用されています。

blog_import_53b8dca548327.jpg
後ろ姿は非常にシンプルですね。
音は14bitとは思えないほど繊細でかつ厚みのある音をだしてくれます。
流石ですね。


 2013_02_01




01  « 2013_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.