プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



PRIMARE 301L

Category: アンプ  

blog_import_53b8dd20a2ed8.jpg 
今回はWADIA21の9台目
のオーナーの福岡のM氏よりの依頼でプライマー社のアンプ301Lです。
WADIA21と同時に送られて来ていましたが修理部品の入手の都合でかなり遅れての修理となってしまいした。
症状は音が出なくなる事が有るそうで修理とオーバーホールの依頼です。
プライマー社は工業デザイナーのボー・クリステンセン氏が設立した会社でこの301Lのデザインも日本の物とは違って斬新ですね。

blog_import_53b8dd218f62d.jpg
早速中を見ると綺麗に左右対称に作られた基板と大きな2個のトランスが目に入ります。
持った時に前後の重量バランスの悪いアンプだなと思った通り手前には重量級のトランスが配置されていました。

blog_import_53b8dd2272fec.jpg
音が出ないとの事なので入力から信号回路を追いかけるとボリュームへ入る前のリレーでの接触不良が出ている事が判りました。
この301Lのオーディオ信号はプリからパワーまで全てバランスで構成されておりました。
信号伝達の向上の為と思われますが贅沢な作りですね。

blog_import_53b8dd2362ae1.jpg
入力のセレクトSWを分解してみると金メッキ接点が使用されており全く問題の無い状態でした。
過去に見たSWの中でも1・2を争う位上等な接点が使用されている様ですがこの接点にはオーディオ信号の通過は有りません。
この接点で入力数分のリレーを動作させて信号を切り替えて入力のセレクトを行っています。
リレーの接点よりも此方の接点の方が良いのには驚きです。

blog_import_53b8dd24174af.jpg
出力リレーも確認しましたが此方の接点も良い状態で、問題なさそうです。

blog_import_53b8dd24c90f8.jpg
取り外した電解コンデンサですが同じ基板上に載っていたとは思え無い位色の違いがでています。
ススでしょうか?
電源用のブロックコンデンサも頭が膨らんでいたのでアンプ内の温度が高かった物と思われます。

blog_import_53b8dd258d0db.jpg
修理とオーバーホールが終わり連続音出しエージングを始めた所、一番使われる辺りでのボリューム位置にガリの発生です。
このアンプはバランスでの信号形態なので当然ボリュームも4連の物が使用されていました。
2連のボリュームならいくらでも見つかるのですが、4連で同じ抵抗値の物が見つかりません。
結局2連の物を購入して4連に改造して使用しましたが純正の様にはバランスが合わず、自分としては少し残念な修理となってしまいました。

blog_import_53b8dd26811f3.jpg
音は癖のないクリアな音が出てきますのでジャンルを問わず使用できそうな感じですね。


関連記事
 2012_06_28



blog_import_53b8dd278512f.jpg 
今回は以前修理オーバーホールを行った香川のS氏からの依頼でWADIA6のVRDS機構の載せ替えです。
CDを認識しなくなったとの連絡で調査を行ったところ、CDを認識しない時はスピンドルモーターが回らず高周波音を発生している状態になっていました。
以前の修理でスピンドルモーターをブラシ部分だけを新品交換して修理しましたがやはり新品のモーターに丸ごとで交換しないといけなかった様です。
で,この際なので読み取り精度向上と耐久性の向上の為にVRDS機構をWADIA16やWADIA860と同じアルミ円盤の物に交換です。
大きな違いは交換によってモーターはブラシモーターからブラシレスモーターとなる事ですね。

blog_import_53b8dd2869829.jpg
これでVRDS機構の載せ替えは4台目となり手順もほぼ確立してきたので、作業も順調に進みVRDSの載せ替えもすんなりとトラブル無く完了です。
やはり見た目はこのアルミ円盤のVRDS機構は機能美というか存在感が有って良いですね。
アイパターンの電圧幅も若干ですが大きくなるのでデーター的にも読み取りが良くなっていると思われます。
交換後の音の感じは静けさが増す方向に変化するので繊細な音の表現が良く成った様に感じます。

blog_import_53b8dd294c465.jpg
アルミ円盤のVRDSをみてしまうと元のプラスチック円盤のVRDSは薄っぺらくて何か物足りなさを感じてしまうのは私だけでしょうか。


関連記事
 2012_06_13



blog_import_53b8dd2a94b31.jpg 
今回は愛媛のK氏よりの依頼でMark LevinsonのデジタルプロセッサーNo.35Lの修理です。
左chにノイズが出るとの事で此方にきました。
D/Aコンバーターの機能だけですが通常のアンプ並みの大きさと重さがあります。
外観はとても綺麗で年式を感じさせません。

blog_import_53b8dd2b4c856.jpg
早速中を確認です。
中央にはアンプ並みのトランスが2個あり、左右のD/Aアナログ基板はアルミ板で全体を遮蔽されています。
両サイドのD/Aアナログ基板への信号もパルストランスを使って入力系のデジタルとアイソレーションされています。
全体にススみたいな物が付着していたのでたぶん、使用していた環境が悪く内部の温度がかなり上がったのではないかと思われます。
アナログ出力を確認すると左chの出力波形にクリップする所がみられたのでこれがノイズ音の元と思われます。

blog_import_53b8dd2c27808.jpg
D/AコンバーターへのDATA入力波形を確認すると左右の信号に違いが見えます。
再生したCDはモノラルなので同じ波形がでるはずですが。
どうもデジタル信号系に何か問題がでているようなので関係するICの手配をしておきました。

blog_import_53b8dd2d21a5a.jpg
取り外した左chのD/Aアナログ基板です。
左右兼用の作りでRCA・XLRコネクタを移動すると右chに使用できるパターンになっています。

blog_import_53b8dd2e05119.jpg
D/AコンバーターはD/Aアナログ基板の裏に実装されています。
マドリガル社とウルトラアナログ社のコラボと記載があります共同作成?でしょうか、大きいですね。このD/Aコンバーターと同じ大きさのヒートシンクがすぐ下に取り付けられており発熱の大きさが伺えます。

blog_import_53b8dd2ee7a9d.jpg
D/Aコンバーターへの信号に違いが有るようなのでデジタルオーディオインターフェースのICとデジタルフィルターのICを交換してみました。
はっきりと判るノイズは無くなりましたが、連続で再生するとまだある音域で音のひずみが有るようです。
さらに調べて行くとD/Aコンバーターに問題がある事がわかりRCA出力のみの使用に限定で修理をさせて頂きました。

blog_import_53b8dd2fbc508.jpg
完全な修理とはなりませんでしたが、音は素晴らしいですね。空間の広さや音の余韻は流石です。見合うシステムで聞けばさぞかし良い音が出るのでしょうね。


 2012_06_10



blog_import_53b8dd3931d16.jpg 
今回は福岡のM氏の依頼でWADIA21の修理です。
諸事情で6年間しまっておいたWADIA21を動作させたところトレイが開かなくなっていたそうです。
ウイークポイントのギアが破損していると思われますので早速分解です。
この個体もかなり程度が良く筐体のエッジで手が切れそうな位です。
大切に扱われていますね。

blog_import_53b8dd3a08ddc.jpg
予想通りギアが破損していましたのでジュラコンのギアに交換です。
今後の為に一緒にスレッドギアも交換です。

blog_import_53b8dd3ab88cb.jpg
ピックアップの状態を確認するとこちらもアイパターンの電圧幅が8.5Vともう少ししたら音飛びが出始める状態だったので交換です。

blog_import_53b8dd3bd298a.jpg
上が外したピックアップで下がこれから取り付けるピックアップです。
このピックアップはまだ新品を入手できるので安心出来ますね。

blog_import_53b8dd3c9566c.jpg
半田増し・電解コンデンサ交換の為にコントロール基板とドライブユニットを外した状態です。
WADIA6も同じですがこのWADIA21も外部からのゴミが入りにくい構造なので中は綺麗です。
このあとオーバーホールを実施して作業は終了です。

blog_import_53b8dd3d733b4.jpg
WADIA21はWADIA6の様な中音域の濃さは薄くなっていますが、安心して聞く事ができる音ですね。


関連記事
 2012_06_07




05  « 2012_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ

IPアドレス




PAGE
TOP.