プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




blog_import_53b8ddd3ca6fc.jpg
今回は東京のS氏よりの依頼で音飛び後無音状態になる不具合とオーバーホールの対応です。
早速音出しを行い不具合確認を行いました処、3日目でやっと音飛びを確認できました。無音状態は確認できませんでしたがどうもピックアップが劣化しているようです。

007_20150209160101ac6.jpg
アイパターン波形を確認するとやはり電圧幅が小さくピックアップの劣化がみられました。以前海外より購入していたピックアップと交換しましたがCDの読み取りにミスが起こり手持ちのピックアップは此れが最後だったので、今回は香港と英国と2つの所より購入しました。
香港よりのピックアップは4個購入して4個とも使い物にならず現在返品対応を求めています。
英国よりのピックアップは1個目で満足出来るアイパターン波形が出たので一安心です。純正品の生産が無くなっているピックアップの交換は非常にリスクが高く困ったものです。
新品として販売していても実際に使用できるのはやま半分ですね。

blog_import_53b8ddd62cd4e.jpg
せっかくのオーバーホールなので今後安心して使って頂く為にウイークポイントのギアも交換です。

blog_import_53b8ddd76f7ff.jpg
表示窓の脱落が見えたので確認してみると過去に一度修理している様です。
たぶん脱脂をせずに接着した為にはがれてしまったんだと思われます。

blog_import_53b8ddd894c82.jpg
あと電解コンデンサの交換や半田増しのオーバーホールと音質改善を行い作業はほぼ完了です。

blog_import_53b8ddd9f1ec8.jpg
よくよく見るとリアパネルの形状がWADIA6とは違っていますね。
WADIA6はコネクタ類は一段奥に引っ込んだパネルに取り付けられていますがWADIA21はリアパネルその物にコネクタ類がついています。
コストダウンでしょうか。
音はオペアンプを交換しましたので音域レンジが広がっており新たな音の発見が出来るのではないかと思います。

blog_import_53b8dddad709e.jpg

オーバーホール後2ヶ月でCD認識の不調と異音が出るとの事で戻ってきました。
確認すると確かにCDが回り始めると何か擦れる様な音がでます。
音の出所を調べると何とVRDS円盤の付け根に付いている部品が外れて浮き上がりモーター取り付けネジに接触しています。
VRDS円盤をモーターより外そうとしましたが嵌め合いがキツク外れそうにないのでVRDS機構を載せ換えする事になりました。
いやはやこんな事もあるんですね。

blog_import_53b8dddb98542.jpg
で、VRDS機構を載せ換えたWADIA21です。WADIA21を分解した事が有る人には判ると思いますが、たぶん緑円盤のWADIA21は日本でこれ1台だと思います。


関連記事
 2011_09_29



blog_import_53b8dde1653fb.jpg 
今回は以前修理オーバーホールを行ったhk870の東京のT氏より再度ペアになるプリアンプのhk825の修理オーバーホール依頼です。
こちらはプロテクトが解除しない状態との事です。
確認をすると電源SWの上の電源表示ランプが点滅の状態で何時まで達てもウォームアップが解除されません。
出力に直流電流が流れている様な症状です。

blog_import_53b8dde212e81.jpg
プロテクト回路の調査することまる1日やっと原因がわかりました。
原因は単なる電源のヒューズ切れです。
通常電源ヒューズが切れるとウォームアップ動作には入らないと思い込んでいましたがこのhk825は2本のヒューズの内1本だけ切れると今回の様な症状になる回路となっていました。
いやいや色んな回路があるもんです。
使われているコンデンサやトランジスタやSW等はほとんど日本製です。
回路の作りも日本製の様に見えますがハーマンカードンが日本の会社に発注したのでしょうか?

blog_import_53b8dde312c21.jpg
古い機種だけの事はあり電解コンデンサが数箇所液モレを起こしており写真の様に部品に錆びが発生している所が8箇所もありました。

blog_import_53b8dde3bf064.jpg
セレクトSWも酸化が進んでおりまったく駄目ではないですが清掃です。

blog_import_53b8dde494a18.jpg
例にもれずこのhk825も結構半田クラックの発生がみれれました。

blog_import_53b8dde56bfde.jpg
半田増し・電解コンデンサの交換・SWの清掃を行いオーバーホールも無事完了です。
音は古いLUXMANの様な温かみの有る音で少し艶がある音が出てきます。
好みの音ですね。


関連記事
 2011_09_24


LINN KARIK Ⅰ

Category: KARIK Ⅰ  

blog_import_53b8dde668a13.jpg 
今回は東京のO氏よりの依頼でLINN KARIK Ⅰ(トランスポート)の修理です。
CDによっては音飛びが発生する事とトレイが開かない事があるそうです。
突然内部写真ですが外観写真を撮り忘れてしまいましたが以前修理をした
KARIK(Ⅲ:CDプレーヤー)と全く同じ外観です。
で内部は部品配置はほぼ同じに見えますが基板・CDドライブ・電源と全く違っています。
KARIKも
・Ⅱ・
と内容を変更して来た様ですね。

blog_import_53b8dde74da6e.jpg
今回音飛びと言う事だったのでピックアップを確認すると多少レンズに汚れが有ったのでレンズの清掃を行いました。
写真のサスペンション周りにも糸屑が見られましたのでこちらもカバーを取り除き清掃しました。
あとピックアップのスレッド動作のガイドバーに多量のグリスの塗布が見られましたのでこれをふき取りました。
この後確認するとCDの認識もまずまずの状態で音飛びは確認できなかったので修理はこれで完了です。

blog_import_53b8dde851516.jpg
アイパターンは清掃前後でかわりなく電圧幅は1.16Vとかなり良い状態です。
20年経過しているのにこの性能はいいですね。

blog_import_53b8dde91d662.jpg
CD再生時にCDの振れが眼に付いたのでCDドライブを確認するとバネだけの状態だったのでここにゴムのブッシュを入れて振動対策を行いました。
ゴムブッシュを挿入後はCDの振れもほとんどなくなり良い感じになりました。
音についてはトランスポートなので評価はできませんが、このピックアップなら良い音を拾ってくれていると思います。


 2011_09_23




08  « 2011_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.