プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




blog_import_53b8df1db64c5.jpg
今回もWADIA6です。これで3台目になりました。
三重県のK氏より表示窓が外れかけているので修理と、全体のチェックをとの依頼で此方へきました。
ワンオーナーで20年近く経ちますが、外観はほぼ無傷で綺麗な状態です。
大事にされてきたのが判ります。

blog_import_53b8df1f2efc6.jpg
表示窓を修理する為に天板を外すとトレイ・リフトベルトが共に伸びていましたのでベルトを汎用品にて交換を行いました。
天板を外すのに6角穴付きボルトを8本外さなければいけませんが、今回は4隅のボルトの頭がナメテいたので外すのに一苦労しました。
アメリカ・イギリスはインチネジなので多分修理の時にミリネジの工具を使いナメテしまう物と思いますが、工具は正しく使って頂きたいものです。

blog_import_53b8df205d6ff.jpg
表示窓は元の接着剤が一部剥がれており、過去の修理?で瞬間接着剤が塗布された様にみえますが、この瞬間接着剤もはがれていました。
瞬間接着剤は年数を経ると剥がれる事が多いので良くないですね。
前面パネルは15mm位のアルミの厚板を加工して作られています。
表示窓の部分は1mmの厚さまで削られています。
見るからに手間とお金が掛かっていますね。

blog_import_53b8df220b415.jpg
チェックを始めると半田クラックが各所でみられましたので全基板の半田増しを行う事としました。

blog_import_53b8df233c8b9.jpg
D/Aアナログ基板の電源用ブロックコンデンサの頭が膨らんでいました。
前回も同じコンデンサが駄目になっていたのでここの電源は良く使われているのでしょうかね。

blog_import_53b8df245153d.jpg
トレイ・リフトのリミットSWの接点はかなり黒ずんでおり導通不良となる手前の状態です。

blog_import_53b8df2559da4.jpg
この後音質改善に出力のオペアンプ交換や電源強化を行い修理作業はほぼ終了となりました。
音は中低音の押しが強い元のWADIA6に高音域を伸ばす様にしましたので、今まで以上の空間の広がりを感じて貰えると思います。

blog_import_53b8df279e4d6.jpg
今回たまたまWADIA6が3台在りますので記念撮影です。
壮観ですね、多分こんな事は2度とないでしょう。
一番上がK氏のWADIAです。
下のWADIA6もタイミング良く音質改善で此方に来ている物です。

blog_import_53b8df29379a2.jpg
エージング2日目に音飛びが発生する様になり、3日目には曲の頭出しで再生がストップする状況となってしまいました。
アイパターン波形やレーザー電流の確認を行ったところ、ピックアップの劣化がかなり進んでいる事がわかりこの後ピックアップの交換となりました。
3日連続の音出しエージングでなだれを起こす様にピックアップが劣化したのには驚きです。
元のピックアップには489のサインが有るのでレーザー電流は48.9mAだったと思われます。
ピックアップ交換後は音飛びも無く順調に再生する様になりました。
返却前にピックアップの劣化が見つかって良かったと思います。


関連記事
 2011_01_30


Lo-D DAD-001

Category: DAD-001  

blog_import_53b8df2ab52bc.jpg 
今回は今は無き日立のオーディオブランドLo-DのDAD-001です。
トランスポートとD/A変換とに分かれたセパレートタイプのCDPの先駆けとなったプレーヤーで、おまけに受注生産だったので現在何台動作している物があるのかと言う具合でかなり貴重なCDPです。
ほとんど使用していなかった様で状態はとても良く全くと言ってもいい位傷が有りません。
今回はCDの認識が出来ないとの事で此方にきました。

blog_import_53b8df2c5505d.jpg
トランスポートの内部です。
始めてCPU基板を扱った頃と同じ様な基板の作りで懐かしさを感じます。
内部はヤニの様な物が全体に付着しており、ピックアップのレンズも曇っていました。
清掃を行いましたがCDは認識できず、良くみるとピックアップ内部にも曇りがみえます。
分解は出来そうにないので手持ちのピックアップと交換してCDの認識・再生は出来るようになりました。

blog_import_53b8df2db2c15.jpg
D/Aコンバーターの内部です。
トロイダルコイルと思われる大きなトランスが眼をひきます。
リケノームの抵抗やスチロールコンデンサが大量に使われディスクリートで作られたアナログ回路は手間とお金がかなり掛かっていると思われます。

blog_import_53b8df2f10d24.jpg
アナログ回路部分のアップです。

blog_import_53b8df30586b5.jpg
表示器と操作ボタンが整然と並べられ、流石は真面目な日立さんと思わせます。
現在のCDPに比べサーチが若干遅いですね。

blog_import_53b8df319ca92.jpg
音はいいですね、情報量・音域レンジの広さ・スピード感当時のLo-Dの技術力の高さが音に反映されていると思います。
丁度WADIA6が在るので音を比べましたが全然ひけを取りません、レンジの広さはこちらが上ですね。


 2011_01_27



blog_import_53b8df332a137.jpg 
SONOGRAPHE SD-1 2台目に続き、再び石川県のK氏よりイギリスのケンブリッジ・オーディオのD500 Special Editionの修理依頼です。
CDが認識出来ないのと、CDの再生が出来ていた時にはPlayで再生が始まっても音が出ない事があるとの2件の不具合です。

blog_import_53b8df34544b7.jpg
早速天板を外してCDの動作を確認しました。
ピックアップのフォーカス動作とCDドライブモータの回転は行っている様です。
シールドの銅ケースが綺麗ですね。ただ修理する時は半田付けで取付けているので外すのに一手間かかり厄介です。
ピックアップ(KSS-213C)やRFの信号処理ICはSONY製の物が使われていました。

blog_import_53b8df35b9521.jpg
アイパターンを確認する為配線を外そうとした時に問題を見つけました。
フィルムケーブルの一部が断線しています。
断線箇所を細いケーブルで修理して再度動作確認です。
不具合1つ目のCDの認識はここを修理する事で出来るようになりました。

blog_import_53b8df3702913.jpg
CDドライブユニットを外したのでトレイのリミットSWの接点の状態を確認です。
銀の接点は案の定黒ずんでいましたので清掃しておきました。

blog_import_53b8df381a26b.jpg
2件目の不具合のCDの再生が始まっても音が出ないのはどうもD/A変換に問題が有るようです。
D/A変換への音のデータは来ていますが、D/A変換からオペアンプ(電流/電圧変換)へ信号が出てきません。
それも時たま出ない事が有ると言った状態です。
D/A変換のICデータを見ながらピンの状態をオシロスコープで確認する事1日やっと不具合箇所を見つけました。
部品の劣化?設計時の甘さ?と断定が出来ない不具合でした。修理できて一安心です。

blog_import_53b8df3965626.jpg
音の傾向は以前紹介したLINN KARIKに通じる物がありますね。
流石はイギリス製です。
中低音の張り出しと切れの良さが心地良いですね。私も好きな音です。
エージング2日目で再び音が出なくなってしまいました。
調べて行くと今度はD/A変換への音のデータ信号が入って来なくなっていました。
前の調査時に同じ症状を一度確認したのですが一度きりだったので確認間違いだったのだろうと思っていたのですがどうもこちらも問題が有りそうです。
信号をだしているのはSONYのCDP用シグナルプロセッサのCXA401です。
色々調べましたが信号が出なくなる要因が見つけられずいよいよこのD500は修理不可かなと諦めかけていましたが、CXA401にアナログ出力端子がある事を見つけ、この端子からの信号にフィルタ回路の追加と現在のオペアンプ回路をバッファーとして使用出来る様に変更する事としました。

blog_import_53b8df3a999f9.jpg
コントロール基板の左上の隅にフィルター回路用のパターンがあったので部品を実装するだけで助かりました。

blog_import_53b8df3c0cfba.jpg
オペアンプ回路はほとんど元の部品を外し再度ジャンパーや抵抗を入れ替えました。
出力のオペアンプはソケットにしていますので色々交換して音の違いをためせますが、このD500のオペアンプの電源電圧が ±5Vと低い為に音が良いと評判のオペアンプと交換しても変化が少なく残念です。
完全にカスタム仕様となったD500ですが音はカップリングコンデンサを音響用に交換したり、電源用のコンデンサを強化する等の改良を加えましたのでそこそこに聴ける音に成ったと思います。


 2011_01_18


REVOX B226 2台目

Category: B226  

blog_import_53b8df3d77981.jpg 
このスチューダ・ルボックス社のB226はCDを認識しないとの事でこちらに来ました。
このプレーヤーも大事にされていた様で前面の上部に1箇所討ち傷があるだけで他は年数を感じさせない状態です。
早速動作確認しましたが確かにCDを認識しません。

blog_import_53b8df3eda948.jpg
CDの動作が分かるようにカバーを取りますと写真左側のD/Aアナログ基板上に広範囲にわたり錆びが発生していました。

blog_import_53b8df40bdf24.jpg
IC・トランジスタ・抵抗・ジャンパー・コンデンサ等に錆びが発生しています。どうも電解コンデンサが液モレを起こしたようです。
緑色は緑青の錆びで茶色は鉄系の錆びです。

blog_import_53b8df4236608.jpg
左の3個のコンデンサを外すと右2個のコンデンサに電解液の漏れが確認できました。

blog_import_53b8df437526d.jpg
錆びの発生しているジャンパーと電解コンデンサは交換を行いました。
IC・トランジスタ・抵抗の足は錆びを落とし錆びの酷かったものは半田めっきを行いそれ以外はフラックスをコーティングしました。
基板は入念に清掃を行いとりあえず動作確認を行ったところCDを認識できる様になりました。
どうも液モレを起こしたコンデンサを使っていた電源が不良になっていた為にCD認識ができなかったようです。
この後オーバーホールの依頼が有りましたので全基板の半田増し・電解コンデンサの交換・ピックアップ部(CDM-1)の清掃グリスUP・アイパターンの確認等を行い作業は順調に終了しました。

blog_import_53b8df46392dc.jpg
作業途中で表示器用のランプが切れているのを見つけました。
この際なので高輝度のLEDでランプを作成しておきました。
これで今後表示ランプの切れを心配しなくて済む事でしょう。

blog_import_53b8df4755b4a.jpg
結構狭い場所に取り付けられていた為LEDの飛び出しが邪魔になりLEDの頭をカットして取り付けました。

blog_import_53b8df487474b.jpg
修理途中の動作確認でPAUSE状態になる事があり何かおかしいと思っていたら、エージングを始めると高い頻度でPAUSE状態が発生するようになりました。
どうも操作関係のコントロールに問題があるようです。
前回のB226と同じくデータバスにプルアップを取り付け等の対策を行いこの問題も解決です。
やっとエージングの開始です。
この頃のCDM-1を使ったプレーヤーの音は何ともいえない音の厚みがあり気持ちの良い音がでますね。
元々のピックアップの読み取りが良いのでしょうね。
オペアンプを交換すると今まででは再生出来なかった音も聞こえてきて今まで以上の音を聞かせてくれています。


関連記事
 2011_01_17


LUXMAN L-580

Category: アンプ  

blog_import_53b8df49c0bcb.jpg
今回は我が家の現在のシステムで一番古参のアンプLUXMAN L-580のオーバーホールです。
プレーヤー等の修理後の音出しにかなり酷使した為かこの正月明けに高音域での音の濁りが感じられる様になりました。
最近は夜も昼もこのアンプが鳴っていない時はないくらいの使用頻度でしたのでとうとうギブアップの様です。

blog_import_53b8df4b0f54a.jpg
カバーを取ると1/3を占める程のパワートランジスタ用の冷却フィンとこれもまた大きい電源トランスが眼にはいります。
配置はシンプルで回路を追うのが楽そうです。
手前右にあるドライバー基板等を外そうと思いましたがどうも裏からでないと取れないようです。
サイドに2002年に修理を行った時のシールが貼られていました。
丁度このアンプを購入した少し前に修理をした事になります。

blog_import_53b8df4c5ae57.jpg
裏に有るボトムシャーシーはセラミックをFRPに混ぜて作ったとのメーカーの説明が有りますが、持った感じと型で抜いている外観はまるでアルミ鋳物です。

blog_import_53b8df4d75328.jpg
ボトムシャーシーを取り基板押さえのステーを取れば基板が出てきます。
内部には錆び等無く過去に亘って環境の良い所で使われてきた事がわかります。
なかなか分解しやすい構造で整備性はいいですね。

blog_import_53b8df4ec12d9.jpg
こちらはドライバー基板の半田クラックです。見事にヒビが入っています。
他にも多数のクラックが有りました。

blog_import_53b8df4fe7cbb.jpg
こちらはヒートシンク部分に取り付けられているパワーアンプ基板の半田クラックです。
ここはパワートランジスタへのコネクタ部分です。
L型のコネクタピンの先に直接パワートランジスタが半田付けされています。
A級動作のアンプの為に常時出ている熱気はかなりの物なのでクラックが出るのは仕方がない事ですね。
今回は早めの修理を行いましたので、電解コンデンサ以外で交換部品は無く作業も順調に進みました。

blog_import_53b8df5130fbc.jpg
L-580の修理中は古いLUXMANのL-309で音だし確認をしていました。
L-309は高音域での繊細さは無いものの低音の迫力はL-580より有るなと感じました。
しかしオーバーホール後L-580に戻すと出てくる音の迫力が違いますね。
今まで聴いていたL-580の音は何だったんだろうと思うほどオーバーホール前よりもレンジの広がりとスピード感がアップしています。
どうも半田クラックで音の情報が無くなっていた為に低音の迫力がL-309にも敵わないと感じてしまったようです。
以前の修理時に行ったと思われる半田部分は全く問題の無い状態でした。
メーカーの半田槽で行う半田付けはほとんどが薄付け状態に成っているため経年劣化による耐久性は低いので修理するならば全体の半田増しを行ってもらいたいもんですね。

2015年  お嫁にいきました。
代理の「思うところ」・・・(L-580 押しかけ女房・・1)
代理の「思うところ」・・・(L-580 押しかけ女房・・2)
代理の「思うところ」・・・(L-580 押しかけ女房・・3)
代理の「思うところ」・・・(L-580 押しかけ女房・・4)
代理の「思うところ」・・・(L-580 押しかけ女房・・5)
代理の「思うところ」・・・(L-580 押しかけ女房・・終)

関連記事
 2011_01_08




12  « 2011_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ

IPアドレス




PAGE
TOP.