プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




blog_import_53b8df91a5a65.jpg 
2台目のWADIA6が修理で舞込んできました。
このCDプレーヤーは東京のI氏よりCD再生時にノイズが入るので修理してほしいとの事で此方にきました。
ノイズが乗るCDを同時に送って頂いていたので早速音だしして症状の確認をしました。
I氏の問題にしているノイズが再生時に常時出てくる事を確認しました。
もしかしたらCDその物の問題かも知れないと思い我が家のCDプレーヤーで再生すると全く同じノイズが出てきました。
この後ピックアップの汚れやアイパターンを確認しCDプレーヤー側の問題ではないと判断しました。
それにしてもこれほどCD自体が悪くなるとは驚きです。
同時に基板の半田増し・電解コンデンサの交換・オペアンプの交換の依頼がありましたので引き続き作業です。

blog_import_53b8df92edaf3.jpg
今回天板を外そうとした時にキャップスクリューの頭をナメテいるボルトがありましたが、インチネジのロングボルトなので簡単に入手できそうにないのでこのまま使う事としました。
天板を外すと左側にD/A・アナログ基板、右側3/4にCDドライブが見えます。
メイン基板(RF・サーボ・コントロール)はCDドライブの下にあります。

blog_import_53b8df9424dde.jpg
底板を外すとメイン基板が見えます。
フラットICの足等に既に修理した後が見られます。
半田増しとコンデンサ交換をした後動作チェックを行いましたが表示器が表示しません。
調べて行くと3端子レギュレーターが1個ダメになっていました。
半田増しの熱で弱っていた3端子レギュレーターが力尽きたんでしょうか。
3端子レギュレーターを手持ちの物と交換して此処までの作業はOKです。

blog_import_53b8df958ecad.jpg
写真はメイン基板の半田クラックです。写真写りが悪いですが光っている所とつや消しに成っている所の境にクラックが入っています。
この基板にはこんな状態のところが数箇所ありました。
半田の艶はあり良好な半田付けと思いますが、原因は熱でしょうかね?

blog_import_53b8df968ff7a.jpg
続いてD/A・アナログ基板です。
基板が外されてプレーヤーの上に有りますが、今回は側板を取り付けているボルトが外れなかった為に基板を外すのに専用の6角レンチを作成しました。
この基板1枚外すのにほとんど1日格闘です。当然付けるにも一苦労でした。
古くなると外れなくなる確立が高いので、メンテナンスを考えると6角穴付き皿ネジは使ってほしくないですね。
又、この基板では出力のオペアンプや高速バッファー用±12V電源の電解コンデンサーのマイナス側のコンデンサーが極性を間違えて取り付けられていました。
爆発していなくて幸いだったと思います。

blog_import_53b8df9804f1f.jpg
WADIA6の表示器の窓は瞬間接着剤で付けられており、前回も表示器の窓が脱落しかけていましたが今回も同様に脱落しかけていました。
瞬間接着剤は年数が経つとだめですね。
WADIA6をお使いの方は表示器を強く拭くと窓が外れてしまうので要注意です。
外れるとほぼ全バラにしないと修理できません。

blog_import_53b8df993b3f9.jpg
音は中低音に独特な押しと広がりがありこれに嵌った人には堪えられないんでしょうね。
また、今回はオペアンプに入力換算ノイズの小ない物をチョイスしたので変更後は音の輪郭がわかりやすくなり全体的な音のバランスが良くなったと思います。
I氏は真空管アンプ作成30年のキャリアを持つ方で、今回WADIA6との接続は自作のEL34シングル(3結 たまにULに)アンプとDYNAUDIOのSP25のスピーカーの組み合わせの様です。
どのような音に成るのか楽しみですね。


関連記事
 2010_10_29



blog_import_53b8df9f94073.jpg
日本にはあまり輸入されていないと思われるソノグラフ社のSD-1が再び修理で舞込んできました。2台目です。
このCDプレーヤーは石川県のK氏よりSD-1のブログを見て自分のSD-1も音飛びがひどいので修理をしてほしいとの事で此方にきました。
早速音だしして症状の確認をしようとしましたがCDの認識をしません。
アイパターンを確認するも、アイパターンが形成されません。
どうも運送中に症状が悪化したようです。

blog_import_53b8dfa0f2de7.jpg
色々と調査をして行くのにプレーヤーの分解を始めるとなんと大半のコネクター部分に緑青の液状の物が付いており、ひどい所はコネクタを抜く時に配線がコネクタ圧接部分でとれてしまいました。今まで色々と修理しましたがこれは初めての経験です。

blog_import_53b8dfa212be5.jpg
アイパターンが形成されないのでまずはピックアップのレンズの汚れからとピックアップを確認するとこれまた、レンズの内部中央に繊維クズの様な物が入り込んでいます。
これはおもしろくないのでレンズ部分を分解してゴミを取り除いておきました。
レーザー電流は許容値上限位まで上がっていました。
で、アイパターンはどうかと確認しましたがこれでもなさそうです。

blog_import_53b8dfa325190.jpg
この後CDドライブ下のサーボ基板のコンデンサの液漏れしている物を見つけましたので今回も此処か!!とコンデンサを交換し、再度アイパターンの確認です。
しかしここでもなさそうです。

blog_import_53b8dfa44741b.jpg

とうとうメインの制御基板側を確認する事となりました。
アイパターンが形成されないのであとはサーボ関係とねらいを定めこことおもわれるICを手持ちのICと交換しました。
が、やはりアイパターンは形成されず。
ここで頭を冷やし基本に帰り各ICの電源を確認してゆくと何と有りました。
電源の中途半端なICが・・・今回はやれやれです。
修理レベルの低さが出てしまいました、原因が判るまでにまる2日。
この後全基板の半田増しと電解コンデサの交換を行い修理は完了となりました。
あと音質改善の為に出力のオペアンプを性能の良いものに交換しカップリングコンデンサも補強してエージングに入りました。

blog_import_53b8dfa5bd9a0.jpg
1987年頃に金沢のディスク33と言ったお店が当時コンラッドジョンソンの日本代理店としてソノグラフ製品を販売していたそうで、K氏は当時店長に薦められて購入したそうです。
大事に使って来た形跡がプレーヤーを分解していた時にみられました。
K氏みづから修理できるところは修理して使って来たようです。
こんな所を見てしまうと、どうしても直さなければと思わされます、プレッシャーですね。


関連記事
 2010_10_25



blog_import_53b8dfa72a165.jpg 
今回は愛媛のM氏宅のシステムの紹介です。
M氏はK氏に紹介していただきました。

☆スピーカー
 ウーハー:コーラル12-L1
 ミッド:ONKYO HM-450Aドライバー
 ツイーター:フォステックスFT207D

☆エンクロージャー
 :自作インピーダンスポート250L板厚28mm K氏作成

☆CDプレーヤー
 マイクロ CD-M2
 ROKSAN CASPIAN

☆アナログプレーヤー
  型式を失念しました

☆プリメインアンプ
 ラックスマン L-309X
 ユニゾンリサーチ UNICOⅡ

blog_import_53b8dfa863044.jpg
CASPIANとUNICOⅡ L-309XとCD-M2の2組の構成で曲に合わせて切り替えてつかっていました。
CASPIANとUNICOⅡの組み合わせは押しとスピード感がありロック・ニューミュージック向きか。
L-309XとCD-M2の組み合は艶のある往年のラックストーンにスイングアームの中低音の膨らむ音が組み合さりボーカルを聞くには良い組み合わせとなっていました。

blog_import_53b8dfa97daa7.jpg
スピーカーも良いですね。
数多くの名機を作ったコーラルの1960年台のスピーカー12-L1。
ONKYOがホーンスピーカーを作っていた1970年台のセプターでつかわれていたHM-450A。
なかなかいい組み合わせですね、
繊細で力強く尚且つスピード感のある音が出てきます。
このスピーカーもK氏の設計です。
12-L1がダブルで取り付けられていますが1本はドローコーンで使っているそうです。
2個同時に鳴らすと箱の容量が足らず音が素直に出てこなく成るそうです。
今後容量を大きくして再度チャレンジするそうです。


関連記事
 2010_10_21


ROKSAN CASPIAN

Category: CASPIAN  

blog_import_53b8dfaad8336.jpg
イギリスのROKSAN社のカスピアンシリーズで初期のCDプレーヤーです。
前面のトレイ開閉部分が1960~70年頃のベルトのバックルの様な特徴的な外観をしています。
このプレーヤーは使用中に急に高速回転になる事があるとの事で此方にきました。

blog_import_53b8dfac16513.jpg
早速カバーをはずしてみたところ大きなトロイダルコアトランスが眼に飛び込んできます。
ピックアップはSANYOのSF-P1を使っている様です。
IC・トランジスタ・コンデンサの大半が日本製でした。
組み立ても日本?でしょうか。
実際にプレイを始めて10分位すると確かにCDが急に高速回転を始めました。
スピンドルモーター関係の回路に不具合が起こっていると思われるので調査してゆくと制御電源の5Vが4.8Vしかなくこれを交換しました。
これで不具合が改善した様にしばらくは正常動作をしましたが、この後不具合再発です。
再度基板上のモータードライブ関係の回路を確認していると有りました、CDコントローラー用IC(フラットパケージ)の足の数本にまたがって何かが引っ付いています。
ルーペで確認するとICを半田付けする時のボンドです。
このボンドを丁寧に取り除いた後は不具合は起こらず順調に3日間の動作確認にパスし修理完了になりました。

blog_import_53b8dfad58f85.jpg
音は輪郭のハッキリした押しの在る音が出てきます。
分解能もそこそこに良く音楽性としてはいい物をもっていると思います。
外観が気に入ればお買い得なプレーヤーではないでしょうか。


 2010_10_19


ZIA FUSION

Category: FUSION  

blog_import_53b8dfb3cdb58.jpg 
イギリスの真空管バッファー出力CDプレーヤーZIA FUSIONです。既にZIA社は倒産してないそうです。
真空管バッファーの音を1度聴きたくてCDを認識しないジャンク品を購入し修理を行いました。
さっそくカバーを外した状態で動作確認をしましたが、CDを認識する事ができませんでした。
新品のピックアップKSS-240Aを購入し付け替えを行いCDを読込みさせると無事読込み・プレイ状態となり無事修理完了となりました。
我が家のアンプLX-360と繋ぎいざ音だし・・・音が出ません!
回路を追いかけて何処で信号が切れてるかを調べる為に基板を確認しましたが、4層基板で面実装の為になかなか回路が確認できずRCAからD/A変換用デジタルプロセッサーまでのアナログ回路部分を確認するだけでまる1日を要しました。
RCA出力はミュートリレーを介して出力されておりリレーには動作信号が来ているのですが、リレーが動作せずここでアナログ信号が切れていました。
1番疑っていなかった所だけにリレーにたどり着くまでかなりの時間が掛かってしまいました。
やれやれで再度音だしをはじめました。
傷の無いCDでプレイしていたのですが2曲目の2分過ぎ位でかならず音飛びを起こしてしまうので、ピックアップのガイドレールやバーの清掃を実施一緒にピックアップも清掃をおこないました。
症状は全然改善されずこの後何度か清掃をくりかえしましたが状況はかいぜんされませんでした。
ふとネットを見ていた時にKSS-240Aには類似品が出回っており正常動作しない可能性があるとの記事をみつけました。
もしやと取り付けたピックアップを確認すると、なんと類似品でした。
再度純正のピックアップを購入し交換を行いました。
音飛びは見事に改善され今までのはもやもやした気分は一気に吹き飛びました。
どうも類似品はFUSIONと相性が悪かった様です。

blog_import_53b8dfb545e98.jpg
カバーを開けたままエージングを行っているとトランスやデジタルプロセッサーがかなり発熱しており温度を測ると65℃位まで上がります。
いくらなんでもこれはまずいので写真のごとくヒートシンク(銀色)を取り付けました。
温度は一番左のデジタルプロセッサーと大きいトランスが55℃位でその他は45℃位に落ち着きました。
音質改善の為、真空管へ出力しているオペアンプにフラットパッケージのNE5534が使われていたのでこれをOPA627に交換、およびオペアンプから真空管へのカップリングコンデンサがERO1813だったのでこれに1/50の容量のオイルコンデンサをパラに接続しておきました。

blog_import_53b8dfb69e9a6.jpg
音の分解能はKRELLのCD-DSPには劣りますがかなり良く真空管バッファーを使っている為かホワットした中に芯が有る音でまあまあ厚い音が出てきます。
LX-360との相性が良いのかレンジの広さ、余韻の出かた、聞いていて安心できる音です。
と言うわけで我が家のメインプレーヤーへ昇格いたしました。


関連記事
 2010_10_15



オーディオ趣味の方の中には高額を注ぎ込んでチューニングを行っているのをよく見かけます。
たしかにチューニングを行う事で音を良くする事が出来ると思いますが、
まずは本体の基本性能を満足出来る状態にする事が先決だと思います。


高価なオーディオ機器も年数が経てば使用部品が弱り本来の性能は発揮できません。
特に電解コンデンサは10年位を目安で交換される事が好ましいと思います。

オーバーホールでコンデンサを交換した2・3日後(エージング実施)は音の立ち上がりが早くなる為か、音がはっきりし、この機器はこんな音が出るんだと驚くほどです。
中でもCDプレーヤーのDAC以降のアナログ回路に使われている電解コンデンサはかなりの変化が現れます。
使っているCDプレーヤーが10年を超えているのであれば是非オーバーホールをする事をお勧めします。

CDプレーヤーは普及機~ハイエンド機まで色々と音を聴くことが出来ましたが、自分のシステムに合ったCDプレーヤーでないとこれまた性能を発揮できず、ハイエンドのプレーヤを購入したがアンプ・スピーカーが付いて行かない為に音の伸びスピード鮮明さがないとか、逆にプレーヤを普及機にした為にアンプ・スピーカーの能力を発揮できずやはり音の伸びスピード鮮明さがなくなるといった結果になります。
価格比率でみればスピーカ10アンプ10プレーヤ5~10位で揃えれば無難なシステム構成が出来るのではないかと思います。


 2010_10_15



仕事は機械特にエンジンが好きだったのでエンジン関係の会社という事でデンヨーという発電機やコンプレッサー溶接機を作っているメーカーに就職しましたが内容は主に電気配線のチェック(検査)ということでした。
この後やはり機械関係の仕事をしたくて協同と言う会社に替わりましたが。ここでもやはり弱電の制御回路設計と結局電気関係の仕事をしていました。
ここでは新聞輪転機の張力制御回路や商業オフセット輪転機のインク量制御表示回路等をさせて頂きました。

この後会社が倒産し小さな盤屋でしばらく仕事をした後に制御盤の設計製作を個人で行うようになり現在に至っています。
盤屋で仕事をしていた時に思ったのは結構古い機械(2・30年前)が現状でも第一線で使われており、その機械部分についてはメンテナンスを行っているが電気制御部分については10中8・9はノーメンテ状態です。
電気制御の10年位で保守部品が無くなるので10年位使った頃には制御系の部品の代替を考えておかないとトラブル発生時に復旧にかかる時間が尋常でなく下手をすると制御関係の総やり換えとなります。

古い機械をお使いで今後も機械を使って行かなければならないが最近調子が悪いがメーカーが対応してくれない(倒産して無くなっている)等で悩んで居られましたら気楽に問い合わせして見てください、かなりの確立で修理出来ると思います。

印刷機械・塗装機械・焼却炉・各種製造ラインなどの経験有ります。


*自己紹介から*

本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。


 2010_10_15


LUXMAN LX-360

Category: アンプ  

blog_import_53b8dfb833acc.jpg 
LUXMANの管球式プリメインアンプのLX-360です。
このアンプは見た目通りかなりの重さがあり移動するのがいやになります。
一見トランジスタアンプの様な外観で管球アンプらしくありません。
以前中古で購入して我が家のメインアンプとして使用していましたが、プロテクト状態が解除しなくなり使用できなくなりましたのでこの度オーバーホールを兼ねて修理をする事にしました。

blog_import_53b8dfb971289.jpg
トップカバーを外すと後ろ側に出力トランス・電源トランス、左右にパワーアンプ基板、中央にイコライザー基板、写真では見えませんが手前にコントロール基板が配置されています。
プロテクトが解除出来ない原因を調べて行くと電源トランスの1個が出力していませんでした。
トランスを外してコイルの抵抗を確認すると入力側が断線していました。
LUXMANのサービスにトランス交換を問い合わせたところ不具合のトランスは既に在庫が無く修理不可との事でした。
このままこのアンプをお蔵入りにしたくなかったのでコイルの線径と回路図よりトランス容量を判断しワンオフで㈱フェニックさんでトランスを製作して頂きました。

blog_import_53b8dfbaa8a79.jpg
トランスはアンプの後ろ側上下2段でトランスを配置しており、不具合のトランスは下側にあり結局アンプを全バラにしないとトランスを外す事ができませんでした。
トランス製作依頼時にばらしたトランスの出力側のコイルの巻き方を伝えた所「Rコアトランスは左右対称にコイルをまいてバランスを取るので言われたコイルの巻き方では性能が悪くなります」と指摘されてしまいました。
当時の設計者はRコアトランスの事をよく知らなかったのでしょうか?

blog_import_53b8dfbbe9b8c.jpg
写真は裏ブタをはずして写したもので、中央に見えるのは電源基板です。
出来上がったトランスを組み込み、全基板のハンダ増し、電解コンデンサの交換、セレクトSWの分解清掃、出力リレーの分解清掃を行いオーバーホールは完了しました。
このアンプのハンダは今までで見たアンプのなかで一番クラックが多く見られ、ものの見事に全基板どれをとってもクラックの入ってなかったものは在りませんでした。
使用時にかなり熱く(天板は手でじっと触れない位)なるのでこの熱によりクラックが発生したものと思われます。
ただハンダの材質自体のあまり良くない物を使っているように見えます。
良いハンダは艶があり見た目が綺麗ですがこのアンプのハンダは色がくすんでいます。

blog_import_53b8dfbd520c2.jpg
音色はどちらかと言うとトランジスタアンプに近い感じがします。
手持ちのL-580にほわっとした所と芯が多少加わった感じですが真空管アンプとしては全体に音が薄く感じます。
この度もう少し管球アンプらしくしようと出力段のカップリングコンデンサをフィルムコンデンサよりオイルコンデンサに交換してみました。
効果はシンバルやベース等の余韻が綺麗に伸び且つ音が繊細になりました。
また全体に音も厚くなり交換の成果は充分にありました。
このアンプをお持ちの方で現在の音に不満をお持ちの方にはお勧めです。


関連記事
 2010_10_14



blog_import_53b8dfbea9eaf.jpg
サンスイの607シリーズ15周年記念モデルでMOS-FETが採用された限定品のAU-α607 Premiumです。
見た目より重さが有り注意して持たないといけませんね。
このアンプは片側の出力が出ないので1度修理したが半年もしない内に再度同じ症状が発生してしまい先に修理した店の技術に不信を抱き此方に修理依頼をして来たものです。
修理と同時にオーバーホールの依頼も受けました。
カバーを外すとシンメトリーに配置された内部が見えます。
音質に影響の有る部分のコンデンサにはELNAのシルミックその他の部分も音響用のコンデンサを使い全般に高価な部品が使われています。

blog_import_53b8dfbfd6e39.jpg
以前修理をしたと思われるパワーアンプ基板を外して見ると何箇所か再ハンダをしているのがみられましたが、部品交換はしていないようです。
さらに基板を確認するとパワトラ(FET)前段のトランジスタにハンダクラックが見つかりましたので再ハンダをしました。
ここで音だししてみると不具合無く音がでましたのでこの後全基板の再ハンダ・ボリュームの分解清掃・セレクトSWの分解清掃・出力リレーの分解清掃を行い3日間のエージングを始めました。
このアンプは基板同士の影響を防ぐ為か各基板が筐体に囲まれており整備性は良く無く上記オーバーホールに丸々4日間の時間を要しました。
出力にMOS FETを使っているのでアキュフューズのE303辺りのスピードと押しの有る音を想像していましたがメーカーが違うと違うもんですね。
ボーカル等の中音あたりはいい味を出しているのでボーカル中心で聞くにはいいですね。
ただ高音の伸びが無くハイファイ的な音楽を聴く人には物足りなさを感じると思います。

blog_import_53b8dfc10a978.jpg
以上まあまあ順調に修理が運んで行きましたが、エージング3日目になってなんと片側の出力が小さくなっている事に気がつきました。
この後プロテクションが掛かる様になってしまい再度修理する事になりました。
原因はパワーアンプ基板のコールド側トランジスタ2SA1145の不具合によるものでした。
多分再ハンダの熱により弱っていたトランジスタにとどめを刺した様です。
なにはともあれ返却前に不具合が出て助かりました。


関連記事
 2010_10_14


BOSE CDA-12

Category: CDA-12  

blog_import_53b8dfc250e72.jpg
BOSEのアメリカンサウンドシステムAMS-1Ⅱのミニコンポとして売り出されていたセット物のCDプレーヤーです。
ミニコンポだけあって寸法がかなり小さいのですが操作する釦やノブが適切な大きさで使い勝手は意外によいと思います。

blog_import_53b8dfc39102a.jpg
このプレーヤーはCDを認識しないとの事で此方に来ました。
動作確認を行いましたがやはりCDを認識しないので、早速カバーを開けてアイパターンをオシロで確認しましたがこれまた波形が形成されず、この後レーザー出力電流・レーザー用電源電圧等をチェックを行いました。
結果はどうもヘッドからメイン制御基板へのフィルムケーブル用のコネクタの接触不良によりRF信号が取り込めていなかった様です。
アイパターン波形が出るようになりましたが、波形にブレが発生してTOFは認識するもののプレイは出来ない状態でしたので新品のCDドライブアッシーと交換をしました。
メインの制御基板や電源基板にハンダクラックが見られましたのでだめそうな所は再ハンダをしておきました。

blog_import_53b8dfc4e86fa.jpg
音は意外と力強くハギレの良いしかりとした音が出ますがレンジの狭さが残念ですね。
出力に使っているオペアンプやコンデンサによい物を奢ればかなりレンジが広がり聴けるプレーヤーに成るのではないかと思います。
改造を薦める訳ではないですがコンパクトで整備性もよく初心者でも触り易い構造なのでハンダさえ出来れば格好の改造ベースになるのではと思います。


 2010_10_13


marantz CD650

Category: CD650  

blog_import_53b8dfc6411e2.jpg
フィリプスのCDM2を搭載した普及機のCD650です。
重量は見た目より軽くこの当たりもコストダウンの影響か?天板を外すとプラスチックで出来たフレームの左にこれまたプラスチックで構成されたCD機構があり中央にRF・D/A基板があり、右側には音楽性を考慮したマイスターアウトプット基板があります。
サーボ基板はCD機構の下に有ります。

blog_import_53b8dfc77a008.jpg
内部の構成は以前紹介したSONOGRAPHEのSD-1と近似していますが、手前に見える表示コントロール関係の基板が3枚構成の折畳みとなっており製作コストが掛かっている様に見えます。
使用している部品等はCD-34等とほとんど同じ様です。

blog_import_53b8dfc8e1477.jpg
表示部の右側上部を引くとテンキーがあらわれます。通常使わないキーをさりげなく隠している所は何と無く日本人的ですね。
このプレーヤーはトレーの開閉が出来ないとの事で此方にきました。
原因はトレイベルトの劣化による物でベルト交換にて修理自体は完了となりました。
続いてオーバーホールの依頼もありましたので電解コンデンサの交換とOPアンプにソケットを取付け、全基板のハンダ部分の増しハンダを行いました。

056
このプレーヤーの他のスイングメカを使っている機種と同様に心地よい中低音が出てきます。
出力段のオペアンプやコンデンサをグレードの高い物に変えましたので音域がグッと広がり現在販売されているプレーヤーに負けない音が出ている様に感じます。


関連記事
 2010_10_12


KRELL CD-DSP

Category: CD-DSP  

blog_import_53b8dfcb98e31.jpg
KRELLが出したMD-1に続く2号機目のCDプレーヤーのCD-DSPです。
アクリルの分厚いトップカバーがアナログプレーヤー的な外観を作り出していて なんとも言えない味がありますね。カバーは結構重くて開閉に気を使います。
このプレーヤーはRCA出力にノイズが有るとの事で此方にきました。

blog_import_53b8dfcce3921.jpg
アクリルカバーと上面板を外すと中心にCDM-1のドライブユニット・左に電源回路・右下にCDドライブ回路・右上にDACアナログ出力回路と言う構成になっています。
不具合は最初A/D変換への電源が18VとICの最大定格15Vを上回っていたのでA/D変換の劣化と思いA/D変換の載せ換えを行いましたが症状が改善せず。
よくよく調べる内にソケットの接触不良による事が判りソケットを交換し修理完了となりました。 この後コンデンサの交換、出力オペアンプ部をソケット取り付けとしオペアンプの選択を可能とし、エージングを兼ねて音だしを3日間行いました。

blog_import_53b8dfce354d9.jpg
音はとても繊細で低音から高音までかなりレンジが広く尚且つクリアな音が出てきます。
ちょうどLINN kARIKが有りましたので聞き比べるとCD-DSPを聞いた後ではKARIKは分解能が悪くなったのではないかと思える位のレベル差を感じました。
流石に100万近い値段がすると音も違うと感じさせられたプレーヤーです。


 2010_10_01




09  « 2010_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ

IPアドレス




PAGE
TOP.