プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




RIMG0463.jpg  
今回は少し前にWADIA850 3台目LTDのBlue化の実施をした東京のW氏からの依頼でZIA NEW FUSIONのオーバーホールと音質改善です。
音質改善は現時点でのベストの状態にして下さいと嬉しい依頼です。

RIMG0347.jpg
ピックアップはシールの油染みからは古いと物と思われましたが、性能は新品状態でした。

RIMG0353.jpg
今回の音質改善はこのRF・サーボ基板にも電源強化等を施す事としました。
音質改善は使われているICや回路パターンを調べてからの実施となります。

RIMG0366.jpg
NEW FUSIONの設計不良はパルスアレイの温度上昇が一番に挙げられますが、次はこのコントロール基板の固定方法です。
固定のネジ穴は右端上下2個とトランス右側上下の4個です。当然基板はトランスの重みで左側が垂れている状態です。

RIMG0394.jpg  
アナログ回路は面実装となっていますが、その周りの3端子レギュレーターが取り囲んでいるのでオペアンプやセラミックコンデンサの取り外しは簡単ではありません。

RIMG0459.jpg
現在出来る範囲のBlue化を使った音質改善を施しほぼ完成状態です。

RIMG0469.jpg
元々音の素性が良いのでBlue化を使った音質改善を行うと情報量が増えWADIA6LTD-Blueとの比較でも見劣りしない音となりますね。
FUSIONは真空管を変えることで音色が変わりますので、真空管アンプの様に球を変えて楽しんで頂きたいものです。






 2019_05_17


ZIA NEW FUSION

Category: NEW FUSION  

blog_import_53b8df52db54a.jpg
今回は以前紹介したZIA FUSIONの2年位後に発売されたNEW FUSIONです。
前のFUSIONは他所へお嫁にいってしまったので、今回は入れ替わりに仕入れました。
前回の改造での音が気に入っていたので同じ改造を行なう予定です。

blog_import_53b8df54305c2.jpg
表示右側にトラックが升目に表示される様になっています。
また、左側のDISPLAY OFF時に点灯していたLEDの表示がなくなっています。
その他は同じに見えます。

blog_import_53b8df55da5b7.jpg
カバーを開けてみますと手前左側の表示基板が大きく変わっておりトランスが2個乗っています。
後方のコントロール基板は同じ基板ですがトランスが1個になっています。
前回トランスが手で触れない位熱かったので対策された様です。
実際に動作時の温度も手で触れる位になっていました。
後方中央にあるXILINXのゲートアレーは相変わらす手で触れない位熱くなるのでヒートシンクを取り付けました。
ゲートアレーのジャンクション温度は100℃になっているので問題はないと思われますが、劣化防止のおまじないです。

blog_import_53b8df57368b4.jpg
ピックアップがKSS-240AからKSS-213Bへ変更に成っています。
KSS-213Cはよく見かけますが何処が違っているのでしょうか?良く似ていますね。

blog_import_53b8df584ac8c.jpg
後ろ姿は全く変わりません。
音も旧FUSIONと変わっていないと思われます。
我が家のシステムで聴くにはこのFUSIONがマッチする様で柔かい音のなかに力強さが同居しており604-8Gの能力を十分に引き出してくれています。


 2010_12_28




11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

受付に付いて

只今、受付は休止中です。 DAC・トランスポートを含むCDプレーヤー専門です。 OH前提の上での不具合対応と成ります。 「修理のみ」の対応はリピーター機器に限定しています。 問合せは、下記メールをコピーペーストして送信ください。 mailto:meerschaum@wonder.ocn.ne.jp    山手サービス 高橋

全記事表示リンク

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

BARCO

CHORD

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

検索フォーム

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.