プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




blog_import_53b8ddbfd94ba.jpg
今回は東京のH氏よりの依頼でマランツのCD650の修理です。
最近CDを認識しなくなったとの事で此方にきました。
大半は紛失してしまいお目にかかれない純正のピックアップロックネジが付いてきました。(天板の上の赤いネジ)

blog_import_53b8ddc0afb96.jpg
さらに驚く事に元箱に入ってきました。
中には取説と保証書と販売当時の姿での梱包です。
たぶんもうお目に掛かれないのではないかと思い写真にとりました。

blog_import_53b8ddc1ea1b2.jpg
不具合のCD認識についてはCDドライブモーターシャフトへのブレーキアームの解除が出来ていない様に思われたのでブレーキアームの動作に関係するトレイベルトの交換とピックアップの清掃・給脂で解決です。

blog_import_53b8ddc2db1bf.jpg
もう1つ関係しそうな不具合が見つかりました。
フィリップス系のプレーヤーでよく使われるコネクタに錆びが出ているのがみつかりました。
このコネクタはCDドライブモーターとトレイのリミットSW用なので不具合の要因になる可能性があります。

blog_import_53b8ddc395a7f.jpg
半田クラックはお決まりの様に発生していました。
オーバーホールと音質改善も一緒に依頼されましたので、半田増しと電解コンデンサの交換を行いRCA出力のオペアンプの交換やカップリングコンデンサの変更等を行いほぼ作業は完了です。

blog_import_53b8ddc468d03.jpg
作業完了後の内部です。分解しやすい部品配置と構成なので作業性がいいですね。
このCD650は内部への埃も少なく非常に良い環境で使用されていたようです。

blog_import_53b8ddc542920.jpg
音はスイングアームのアナログ的な音をベースにオペアンプ交換等によって音域が広がったので現在でも充分通じる音が出る様になったと思います。


 2011_11_08


marantz CD650

Category: CD650  

blog_import_53b8dfc6411e2.jpg
フィリプスのCDM2を搭載した普及機のCD650です。
重量は見た目より軽くこの当たりもコストダウンの影響か?天板を外すとプラスチックで出来たフレームの左にこれまたプラスチックで構成されたCD機構があり中央にRF・D/A基板があり、右側には音楽性を考慮したマイスターアウトプット基板があります。
サーボ基板はCD機構の下に有ります。

blog_import_53b8dfc77a008.jpg
内部の構成は以前紹介したSONOGRAPHEのSD-1と近似していますが、手前に見える表示コントロール関係の基板が3枚構成の折畳みとなっており製作コストが掛かっている様に見えます。
使用している部品等はCD-34等とほとんど同じ様です。

blog_import_53b8dfc8e1477.jpg
表示部の右側上部を引くとテンキーがあらわれます。通常使わないキーをさりげなく隠している所は何と無く日本人的ですね。
このプレーヤーはトレーの開閉が出来ないとの事で此方にきました。
原因はトレイベルトの劣化による物でベルト交換にて修理自体は完了となりました。
続いてオーバーホールの依頼もありましたので電解コンデンサの交換とOPアンプにソケットを取付け、全基板のハンダ部分の増しハンダを行いました。

056
このプレーヤーの他のスイングメカを使っている機種と同様に心地よい中低音が出てきます。
出力段のオペアンプやコンデンサをグレードの高い物に変えましたので音域がグッと広がり現在販売されているプレーヤーに負けない音が出ている様に感じます。


 2010_10_12




09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.