プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




2016.3.11掲載
RIMG3967.jpg 
オーバーホールを実施してから約5年再度ノイズが出ているとの事で再入院です。
過去のオーバーホール・メンテナンスで対応後暫くはノイズが収まった様にみえましたがどうも直す事が出来ていなかった様です。
今回は過去に分解出来なかったD/Aコンバーター部を分解する事が出来たのでこの部分のオーバーホールです。
外してみるとタンタルコンデンサーの爆発や微かに見える半田クラックが有りました。3度目の正直ではないですがオーバーホールするならやはり全部確認しなければ意味がない事を知らされました。
元値が高価なだけに分解して壊しては元も子も無くなると思い躊躇してしまった事が大きな敗因ですね。
今回の対応後1ヶ月経った頃「素晴らしく良い音でなっている」との連絡がありホント一安心です。
次のReference 64にはこの経験が生かせますね。

2011.12.7掲載

blog_import_53b8dda39a7cb.jpg
今回は神戸のK氏よりの依頼でKRELLのD/AコンバーターのREFERENCE 64です。
発売当時285万円位のハイエンド機です。
右chよりのノイズ発生の修理とオーバーホールの実施で此方にきました。
blog_import_53b8dda482ffe.jpg 

D/Aコンバーターだけですが重さはちょっとしたアンプ位の重さがあります。
ノイズについては2日間連続で確認しましたが異常を確認できなかったので一旦置いて作業を進める事にしました。
中は一面ゲートアレーやディスクリート部品で埋め尽くされています。
中央に見える青いケースがD/A変換のICが入っている基板があります。
その右がディスクリートで構成された出力回路です。
中は綺麗な状態でノイズの不具合が出そうな感じの所はなさそうです。
blog_import_53b8dda579a90.jpg 
青いケースを外してみましたがこれ以上は分解できないのでD/AのICに何を使用しているかは判りませんでした。
blog_import_53b8dda67c62c.jpg 
ディスクリートの出力回路の先には当時の高性能のオペアンプが使用されていました。
現在も発売されているOPA627の元になったバイポーラ版ですね。
今回はこのオペアンプを新しい物に変更して音域レンジの拡大と音の分離を良くします。

blog_import_53b8dda7892a4.jpg 
電源部分の内部です。3個の大きいトロイダルトランスが眼に付きます。
お互いの干渉を避ける為でしょうか?
アナログ回路・D/A回路・デジタル回路用の3個のトランスとなっています。
たぶん重さの大半はこのトランスです。

blog_import_53b8dda85e334.jpg 
電解コンデンサの交換やオペアンプの交換等も終わり早速音出しです。
音域レンジも広く音の分離・スピード感、何も言う事が無いほどスッと耳に音が入ってきます。
すごいの一言ですね。


2015.02.19ノイズ対応
008_2015021921012821a.jpg 
以前のメンテナンスから3年経過して左chからノイズ発生との事で再入院です。
症状からは接触不良が起こっている様な感じです。
まずはソケット周りの接触を確実にする為にDSP・ROM・PAL等をソケットより外して清掃・導電性グリスの塗布を行いましたがここは原因では無さそうです。
021_20150219210800e47.jpg 
アナログ出力基板を良く確認すると全体に万遍なく半田クラックの発生が有る事が判りました。
両面基板は半田クラックが起こり難いと言った思いこみで前回のメンテナンス時に半田クラックを見落としていた様です。
今回はアナログ出力基板の半田増しでノイズの対応は出来たと思われましたが、デジタル入力基板・電源基板に対しても半田増しを実施しました。
1つ前のP-2s・D-3も両面基板に半田クラックが有りましたので、両面基板(多層基板も)で有っても半田クラックを良く確認しなければいけないなと改めて認識する事となりました。


 2016_03_11




07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.