プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



CORD DAC64 2台目

Category: Dac64  


今回は山口のO氏からの依頼でCHORD DAC64のオーバーホール・音質改善です。
電源が焼損したとの事なので電源探しから始める事になりました。

RIMG4371.jpg  
平行して本体DACの機能が動く事も確認したところ問題がなさそうなので、電源焼損の余波は無い様です。
このプレーヤーと英国のZIA FUSIONが基板のパーツや構成がと良く似ている様に思います。パルスアレイや複数のビットストリームのビット合成等ZIA FUSIONをベースにしている様に見えますね。
音の感じも何となくZIA FUSIONと似ています。

RIMG4590.jpg 
新しい?(発売は2001年だった様な)機種なので新品の電源を購入する事が出来ました。
小さくてもこれで40Wの容量がある電源なんです。産業用の40Wクラスではここまで小さい電源は見つける事は出来なかったので購入出来て良かったと思います。

RIMG4599.jpg 
入出力部のスイッチにに何の記載も無くちょっと不親切ですね。入力は3系統の物をトグルSWで切り替えて選択する様になっています。
バッファー切り替えSWは音に響きを加える?らしいがoffが自然な感じですね。
今回音質改善も実施したので音域レンジの拡大やスピード感が増しDAC64の魅力がそのままアップした音になったと思います。

 2016_02_27


CHORD Dac64mk2

Category: Dac64  

blog_import_53b8dd72df2d2.jpg 
今回は少し前CHORD Blu
の修理を行った東京のK氏よりBluのペアになるDAC64mk2の修理です。
動作は特に問題はないのですが、中央にある覗き窓が脱落したそうです。
写真は修理後の写真なので窓は付いていますが此方に来た時は窓が中に外れていました。

blog_import_53b8dd73ca182.jpg
窓は接着剤で張り付けているだけなので接着剤の劣化で剥がれてしまったと思われます。
窓は分厚いレンズで出来ておりけっこう重さがありますので念入りに脱脂して元の所に張り付けです。

blog_import_53b8dd74b39d9.jpg
内部はBluと同じで電源とコントロール基板は分離された配置です。
電源ノイズを遮断する効果は良いでしょうね。

blog_import_53b8dd75a8faa.jpg
基板をよく見るとどこかで見た様な感じがします。
そうです,ZIA FUSIONと同じパルスアレイを使用しており回路構成も良く似た感じです。
同じイギリスなので設計者が同じなのかも知れませんね。
それにしてもコンパクトに回路をまとめていますね。

blog_import_53b8dd76a5e3e.jpg
使っていたコンデンサはどうも香港製のようです。
コストダウンの為でしょうか。
できればもう少し良い物を使用して貰いたいですね。

blog_import_53b8dd775c2e3.jpg
電解コンデンサの交換や出力用オペアンプの交換等を行い修理は順調に完了です。
と言いたいですが電源部のコンデンサ入手に手間取りました。
音は繊細でなおかつスピード感や力強さもありなかなかいいですね。
余裕があれば購入したいですね。

blog_import_53b8dd787c01b.jpg
ペアでのエージング風景です。
デジタルケーブルはK氏が今回一緒に送って来たもので私のものではありません。
高価そうなケーブルですね。


 2012_02_04




05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ

IPアドレス




PAGE
TOP.