プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




RIMG2952.jpg 
今回は岡山のO氏よりの依頼でTEAC VRDS-20のオーバーホールの依頼です。一つ前の受付時はどうしようと思っているうちに受付け終了したそうで今回は是非との事できています。

お住まいがわりと近くだった事もあってVRDS-20はO氏自身で持って来られましたが運悪く当方が現場作業で不在でしたのでお会いする事は出来ませんでした。引き取り時もこれまた不在時となり、持ち込みされた方で全く会う事が出来なかったのは今回が初めてです。

RIMG2867.jpg 
ピックアップを確認するとアイパターンが確立せずCDを認識出来ない状態でしたので交換です。
今回の基板のレジストの色は水色で初めて見る色です。TEACさんは通常緑色のレジストを使っていましたが、発注先を変えたのでしょうか。

RIMG2920.jpg 
電解コンデンサの被覆がかなり縮んでいるのでかなりの発熱が有った物と思われます。
アンプ程では無いですがCDプレーヤーも発熱するので設置場所は風通しの良い所がお勧めですね。

RIMG2925.jpg 
温度が上がる状態での使用は半田クラックも発生させやすい状態になります。当然写真の様な半田クラックが当たり前の様に見られます。

RIMG2968.jpg 
昔流行った音質改善です。1号機も同じ処置がされていましたのでTEACにて行った物と思われます。
これだけの手間を入れてコストパフォーマンスは合う状態だったのでしょうか。疑問ですね。

RIMG2959.jpg 
オーバーホール・音質改善を実施して作業は完了です。音質改善でオペアンプの交換や電源強化を行う事で以前に比べ音の輪郭がハッキリして音のリアルさが増した感じで聴きやすくなったと思います。






 2015_10_23


TEAC VRDS-20

Category: VRDS-20  

blog_import_53b8dbe4c446f.jpg
今回は愛知のI氏からの依頼でTEAC VRDS-20の修理・オーバーホールです。
外観はどことなくWADIAに似た感じの意匠になっています。
丁度WADIA6用のVRDS機構をWADIAに販売していた頃なのでWADIAの意匠に影響されたのでしょうね。

blog_import_53b8dbe5b1492.jpg
トレイが開閉しないとの事なので早速天板を取って中を確認です。
中は全くVRDS-10そのものと言っていい位同じです。
唯一違いはデジタル出力にSTリンクが使用されている所でしょうか。

blog_import_53b8dbe6cba5e.jpg
CDのリフトベルトが無くなっておりますので,どうもこれが原因でトレイの開閉が出来なくなっていた様です。

blog_import_53b8dbe77b352.jpg
リフト・トレイベルトを交換してトレイの開閉動作が可能になったのでまずはピックアップの状態確認です。
しばらくは再生出来ますが時間が経つと再生出来なくなるので何か問題が有る様です。
ピックアップを確認するとかなりレンズが下がっています。
どうもサスペンションが劣化している様です。

blog_import_53b8dbe959732.jpg
今回もお客様が交換用のピックアップを支給してくれていましたので支給品のピックアップと交換です。
こちらのピックアップは電圧幅やレーザー電流からもかなり良い状態なのでこのまま採用です。

blog_import_53b8dbea3f8e5.jpg
半田クラックはお決まりの状態で基板の至る所で発生しています。
コントロール基板の電解コンデンサ交換後の写真ですが、この基板だけでも40個の電解コンデンサがあります。
長く使える様に105℃タイプで出来る限り高信頼長寿命低Zの電解コンデンサを使用する様にしています。

blog_import_53b8dbeb2a4cb.jpg
今回I氏より音質改善は妥協せずに実施との依頼だったので出力のオペアンプも2回路入りのものを1回路入りのオペアンプに交換です。

blog_import_53b8dbeed63e8.jpg
過去の修理した中で一番ひどい状態のバランス出力コネクタです。
硫化もこれ位ひどくなると簡単には落ちてくれません。
使用環境が悪かったのでしょうかね。

blog_import_53b8dbefc076e.jpg
音は音質改善の効果もあり違和感なくスッと入ってくる状態で気持ちよく聞く事ができます。
割とこの辺りの機種の人気が有るのが頷けますね。


 2013_07_31




09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.