プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




 RIMG7197.jpg
今回は滋賀のI氏からの依頼でWADIA6のオーバーホールとアルミ円盤への改造です。
20数年前に購入し数年前にCDを飲み込んだままトレイの開閉や再生も出来ない状態となりましたが古い機種なので修理も諦めていたそうです。
外観は20数年の年月を感じないくらい綺麗で丁寧に扱われてきたのが判ります。

RIMG7066.jpg
内部をみるとトレイ・リフトベルト共に溶けて切れていました。ベルトがこの様に溶けるとこの溶けたベルトを除去するのが意外に厄介で手間取ってしまいます。

RIMG7090.jpg
WADIA6のトレイの塗装は古くなると白けて来ます、WADIA21の様にボロボロに成るようであれば塗装の除去が出来るのですがWADIA6は塗装の除去が難しく、あまりひどい状態になると交換で対応するしかありません。
多少白けた状態ならば樹脂の保護材を塗布で対応が可能です。

RIMG7080.jpg
今回のWADIA6は製造番号が2桁なので底板の開口が小さくオーバーホール作業を行うにはほぼバラバラにしないと出来ず、メンテナンス性が非常に悪い造りに成っています。

RIMG7183.jpg
今回は改までを依頼されていたのでアルミVRDSの載せ換えも行いほぼ完成状態です。
CDの再生が出来ないのはベルト切れが原因かと思っていたらそうでは無くピックアップの劣化が原因でした。


RIMG7203.jpg
オーバーホール・音質改善・アルミVRDSと作業も無事完了です。これで往年のWADIA6以上の音でオーディオを楽しんで頂けると思います。




 2016_07_08



RIMG6414.jpg 
今回は東京のH氏からの依頼でWADIA6のオーバーホールとアルミ円盤への改造です。
此方が本業で忙しい時にトレイが動かなく成りやむなく他所でメンテナンスを行ったそうですがCDによっては読み取りが出来なく成ったので今回入院です。

RIMG6301.jpg 
WADIA6の発売初期の物が使っている6角穴付きボルトは特殊な穴形状をしており通常のインチ工具を使用すると穴がばかに成ってしまいます。
他所の修理ではそれを考慮せず6角穴をなめています。プロならプロらしく作業を進めて貰いたい物ですね。

RIMG6378.jpg 
付いていたピックアップは寿命だったのでアルミVRDS機構載せ替え後に交換を実施しました。
何度見てもアルミ円盤のVRDS機構は良いですね。

RIMG6420.jpg 
オーバーホール・アルミ円盤VRDS機構の載せ替えと書いていますが音質改善しない物についてはアルミ円盤化は実施しませんので音質改善も当然実施しています。
素のWADIA6も音質改善・アルミVRDS機構載せ替えで完全リフレッシュですね。

アルミ円盤のVRDS機構がなかなか入手出来ない状態に成って来ていますので、残念ですが次回受付時にはアルミ円盤化はお受けできないと思われます。


 2016_04_29



 2016年3月1日掲載
RIMG4626.jpg 
音飛びが出るとの事でWADIA6 11台目の鳥取のG氏から依頼で再入院です。
音飛び以外にもアルミ円盤化・音質改善も実施です。

早速ピックアップの状態を確認しましたが4年前とほぼ変わらず良好な波形が出てきました。3時間位連続で読み取りの悪いCDRを再生させましたが音飛びは発生せず、問題が無さそうな様子です。

この後VRDS機構の載せ替え時にピックアップのスレッド動作に少し重さを感じたのでもしかしたらスレッドの動作不良で音飛びが出ていたかも知れません。
今回VRDS機構を載せ替えるので此処が原因であれば音飛びに対応できると思います。

RIMG4651.jpg 
VRDS機構を載せ替え後トレイの開閉が遅く閉時にもたつきを感じたのでトレイのギアを確認すると2段ギアに小さいギアにささくれが発生していました。
WADIA21同様此方のギアも樹脂の素材が軟弱で使用が激しいとこのギアがこの様な状態になります。

RIMG4675.jpg
アルミ円盤化・音質改善とほぼ作業も完了です。
到着時すでに押しの強い音がでておりかなりエージングが進んでいる事を感じましたが今回のアルミ円盤化と音質改善で繊細さが加わりワンランクアップした音に成ったと思います。

2012年2月25日掲載
blog_import_53b8dd58e7137.jpg
今回は鳥取のG氏よりの依頼で久しぶりのWADIA6の修理です。
このWADIA6は音飛びやCD認識が出来ないとの事で此方にきました。
現状確認すると確かに最初はCD認識して再生するのですが時間がたつと音飛びが激しくなりCD認識もしなくなります。
アイパターンを測定すると電圧幅が0.9Vとなっており、ピックアップの劣化が見られたので,まずピックアップを交換しました。
ここで音飛びの修理完了と成る予定でしたが、今回はそうは行きません。
どうも他にも問題が発生している様です。

blog_import_53b8dd59d79c7.jpg
コントロール基板をみるとスピンドルモーター用のトランジスタ部分がかなり熱を上げた形跡があったのでトランジスタの交換をしましたが問題はここではないようです。

blog_import_53b8dd5ab5e37.jpg
次はトランジスタが熱を上げている位なのでスピンドルモーター劣化による回転制御不良も考えられるのでモーターを交換です。
しかし問題はここでもないようです。

blog_import_53b8dd5b999d7.jpg
簡単にできる所から対処してきましたがどうにも症状が改善する様子がないのでコントロール基板を交換することにしました。
ストックしてあった基板をWADIA6用に部品変更を行い基板の取り換えです。
で、ここでやっと音飛びが収まりました。
不具合箇所を特定するには時間が余分に掛かるのでこれ以上調査は行いませんが、基板上の部品に問題が出ていた様ですね。

blog_import_53b8dd5c741fa.jpg
あとはお決まりのオーバーホールの電解コンデンサの交換や半田増しを実施し無事作業は完了です。

blog_import_53b8dd5d5850e.jpg 
今回は音飛び修理にかなり費用が掛かりましたがこれでまたリフレッシュされたWADIA6の熱い音が復活出来たと思います。


 2016_03_04



2013年12月23日掲載
blog_import_53b8db6b9e370.jpg
今回は埼玉のN氏よりの依頼でWADIA6の修理・オーバーホール・アルミVRDS載せ替えです。
地元の修理屋さんにて音飛び修理等を行った様ですが症状は改善せず、此方に来たものです。
表示器は明るく見えますが来た時はかなり暗くなっていましたので今回の修理で中古良品に交換しています。

blog_import_53b8db6c9238d.jpg
足の部分のボルト4本のうち1本の穴の部分をなめており手持ちのインチのレンチで緩めることが出来ませんでした。
WADIA6でも後の方の号機になるとボルトも通常のインチボルトになっているので問題ありません。
WADIA6の最初の頃の号機のネジはインチのレンチを使用しても若干サイズが大きく不用意に緩めようとするとなめてしまいますので要注意です。

blog_import_53b8db6d83f6a.jpg
問題の音飛びに対してまずはピックアップの確認です。
ピックアップを見るとどうもSONYのCDプレーヤー辺りに使用されていたと思われるピックアップが付いており、アイパターンを測定すると電圧幅が0.87Vでレーザー電流も70mAとピックアップとしては寿命の状態でした。
地元の修理屋さんで交換したとの事でしたがこれはいけませんね。

blog_import_53b8db6e7be2d.jpg
おなじみの表示窓の剥がれです。元の接着剤を取り除き脱脂した上で再貼り付けです。

blog_import_53b8db6f6788c.jpg
今回のWADIA6は今までで一番多くススが発生していました。
写真はコントロール基板の電源部分の大きな電解コンデンサがあるすぐ上にあたります。
WADIA6の内部はかなりの温度上昇に成っていたと思われます。
因みに電解コンデンサの容量を測定した所、50V100μのコンデンサは46μ・10V2200μのコンデンサは1600μと容量低下を起こしていました。
改めてオーバーホール時の電解コンデンサ交換は必須だと思わされた物件です。

blog_import_53b8db7055b7f.jpg
アルミVRDSの載せ替えやピックアップも中古良品に交換を行いアイパターンの測定です。
アイパターンの電圧幅も良好に成りこれで当分は問題ないと思います。

blog_import_53b8db716646f.jpg
オーバーホールや音質改善も完了し天板を取り付ける直前です。
何度見てもアルミVRDSは様になりますね。

blog_import_53b8db7279013.jpg
今回はリモコンも調子も悪いとの事だったのでリモコンの分解です。
WADIAのリモコンは嵌め合いがきつく割れる可能性が非常に高いのを承知して頂いて分解にのぞみました。今回はケースを壊すことなく分解出来て一安心といった所です。

blog_import_53b8db737428a.jpg
WADIA6も音質改善・アルミVRDS交換まですると音がすっきりして音のランクが上がりますね。

2015年10月27日
昨年の2014年の4月に音がキツイとの事でオペアンプの変更を行ってその後は順調に動作していた様ですが、最近突然ミュートになったり音が大きく成ったりとボリュームの状態がおかしいとの事で入院です。
ボリュームについては過去にも他所にて修理した事があるとの事でした。

RIMG3296.jpg 
ミュートは対策方法が判っていますので問題ないのですが、ボリュームについては関係するパーツを交換して行くしかないのでまずはデジマスター等のパレスアレイの交換です。
パルスアレイの問題ではなさそうです。
手前にある基板ははるか昔に入手していた基盤がたまたま同じバージョンの基板だったので早速活用です。

RIMG3300.jpg 
次はD/AコンバーターICの交換です。
残念ですが此処でもないようです。
この後オペアンプを交換するも症状は改善されず、他には部品交換をする処が無いのでD/Aアナログ基板自体を交換する事にしました。

RIMG3304.jpg 
結果は良好なので基板自体に接触不良が出る問題が起こっている様です。両面基板までならパターンの確認は出来ますがWADIA6の様な多層(6層)では確認は出来ません。
今回はたまたま基板を持っていたので修理できましたが、少し前に修理不可と成ったエソテリックのP-2sの二の舞に成るところでした。
あまり使用されていなかった基板なので音は少し硬く成りましたが、使って行く事でエージングが進み聴きやすく成ると思われます。




 2015_10_27



62271.jpg  
今回は静岡のA氏よりの依頼でWADIA6のオーバーホールと改造です。
このWADIA6は昨年11月のオーバーホール・修理受付で此方に来ていましたが013.jpg トラブル発生の為に作業が中断となり、この度やっと完成したものです。
トレイ開閉にガタツキガみられたので確認するとトレイギアの歯が変形していました。
トレイを手で無理やり動かしたものと思われます。
このギアには脆化材は入っていない様なのですが材質が柔らかいので無理な力が加わるとこの様に歯が駄目になります。
019.jpg
ピックアップも寿命が来ていましたので交換です。
VRDS機構は読み取りの安定性が良いのかこれくらい電圧が低くなってもCDを再生出来てしまいます。
ただ振動に対してはかなり敏感で僅かな振動ですぐ音飛びしてしまいます。
030.jpg
何時もの様に電解コンデンサ交換や半田増しの実施です。
この基板は半田が乗り易く綺麗な半田増しができます。 
081.jpg
VRDS機構をアルミ円盤の物に交換や音質改善を行いほぼ作業は完了です。
この後音出しエージングを始め2・3時間位で再生中にミュートが勝手に動作する不具合の発生です。
以前にも今回と同じD/A・アナログ基板で同様の不具合が発生しておりどうもこのVerの基板特有の不具合の様です。
A氏との相談の結果、A氏にて再度WADIA6を購入後に続きを実施する事になりました。 
029_2014101510235886e.jpg
約半年後新たに購入したWADIA6が届きましたので作業の再開です。
今回購入したWADIA6の方が外観の状態が良いので元のWADIA6からオーバーホールや改造したパーツの移設です。 
081.jpg
D/A・アナログ基板は今回購入したものをオーバーホール・音質改善を行い作業もほぼ完了です。
半年以上の間をおいてなんとか完成となりました。 
052.jpg
A氏はもう1台当方で改造したWADIA6(7台目)を別途購入しておりますが1台は自分用で今回のWADIA6はお父さん用のようです。

 2014_07_12



blog_import_53b8dc270f296.jpg
今回は富山のS氏よりの依頼でWADIA6の修理と改造です。
現状はトレイの動作に問題が出ている様です。
この個体は製造番号よりWADIA6でも最初の頃の製造ですが外観にはほとんど傷が無く大切に扱われて来た製品の様です。

blog_import_53b8dc27d9bb1.jpg
不具合はトレイベルトの伸びが原因ですがこれだけ伸びれば開閉は出来ないですね。
トレイベルトは割りと交換し易い所に有りますが、もう1本のリフトベルトは色々と部品を外さないと交換出来ない所にあり手間が掛かります。

blog_import_53b8dc28c0462.jpg
半田増しもこのように半田が綺麗に乗れば良いですがメーカーや基板に拠っては半田がはじく様な感じで乗り難い時が有ります。

半田の材質に拠る物か酸化に拠る物か判りませんが不思議な物ですね。

blog_import_53b8dc29dab7f.jpg
以前にも有りましたがこのWADIA6のコントロール基板のブリッジダイオードも足が錆びており清掃しようとしたら足が取れてしまいました。
どうもコンデンサを固定している接着剤が悪さをしている様です。

blog_import_53b8dc2a98910.jpg
この写真はWADIA6の電解コンデンサ交換でかなり厄介な場所です。
D/A・アナログ基板にワンチップマイコンが載った基板がピンヘッダで取りついており、これらの基板の間にコンデンサの実装がされています。
交換する事は全く考えていない構造ですね。

blog_import_53b8dc2b844b9.jpg
今回はVRDSの載せ替えも依頼されましたので久々のアルミ円盤仕様のWADIA6です。
WADIA6はコンパクトな筐体の中に部品が整然と収まっており見た目のバランスは非常に良いと思います。

blog_import_53b8dc2c5e574.jpg
いつもの事ですがアルミ円盤のVRDSにすると音の景色が良くなるので良いですね。


 2013_05_22



blog_import_53b8dd278512f.jpg 
今回は以前修理オーバーホールを行った香川のS氏からの依頼でWADIA6のVRDS機構の載せ替えです。
CDを認識しなくなったとの連絡で調査を行ったところ、CDを認識しない時はスピンドルモーターが回らず高周波音を発生している状態になっていました。
以前の修理でスピンドルモーターをブラシ部分だけを新品交換して修理しましたがやはり新品のモーターに丸ごとで交換しないといけなかった様です。
で,この際なので読み取り精度向上と耐久性の向上の為にVRDS機構をWADIA16やWADIA860と同じアルミ円盤の物に交換です。
大きな違いは交換によってモーターはブラシモーターからブラシレスモーターとなる事ですね。

blog_import_53b8dd2869829.jpg
これでVRDS機構の載せ替えは4台目となり手順もほぼ確立してきたので、作業も順調に進みVRDSの載せ替えもすんなりとトラブル無く完了です。
やはり見た目はこのアルミ円盤のVRDS機構は機能美というか存在感が有って良いですね。
アイパターンの電圧幅も若干ですが大きくなるのでデーター的にも読み取りが良くなっていると思われます。
交換後の音の感じは静けさが増す方向に変化するので繊細な音の表現が良く成った様に感じます。

blog_import_53b8dd294c465.jpg
アルミ円盤のVRDSをみてしまうと元のプラスチック円盤のVRDSは薄っぺらくて何か物足りなさを感じてしまうのは私だけでしょうか。


 2012_06_13



blog_import_53b8de77bef0d.jpg 
WADIA6 6台目のWADIA6が舞い戻ってきました。
埼玉のS氏に返却後特定のCDにて音飛びがでるとの事で音飛びCDと共に音飛びの調査です。

blog_import_53b8de791cccf.jpg
早速音飛びするCDのアイパターンを見てみると電圧幅が0.95Vとかなり悪くなっている事がわかりました。

blog_import_53b8de7a75c7a.jpg
こちらでテストに使っているCDでアイパターンをみると1.19Vと出荷時とほぼ同じ状態の波形が見られました。
この事よりこの音飛びするCDは反射膜の状態があまり良くないようです。
S氏と相談の上音飛びに対処する為アルミ円盤のVRDS機構に載せ換えする事としました。

blog_import_53b8de7bbc754.jpg
サクサクとアルミ円盤VRDS機構へ変更です。(そんな訳ないです、かなり時間を要します)
やはりアルミ円盤のVRDSは様になりますね。

blog_import_53b8de7cc8c25.jpg
アルミ円盤のVRDS機構に変更したところ音飛びCDで0.95Vしかなかったアイパターンの電圧幅が1.0Vと上昇しました。
この事によりアルミ円盤のVRDS機構の読み取り精度の良さがわかります。
それにしてもCDの反射膜の反射に対する規格はないのでしょうか、せっかくの音楽もCDの悪さでスポイルされては意味がないですよね。


 2011_05_29



blog_import_53b8defbaf452.jpg
この度は以前修理できていた東京のI氏のWADIA6の音質改善です。
WADIA6の内部を一度でも見た人であれば、この写真をみてアレ!?と思われたと思います。
一番の大きいポイントはWADIA860と同じVRDS機構への変更です。
やはりVRDS機構はこうでなくっちゃいけませんね。
見た目のマッチングも最高です。

blog_import_53b8defd12a53.jpg
WADIA6の元のVRDS機構はプラスチック円盤・鉄板ブリッジ・ブラシモーターの構成です。
ブラシモーターと型で抜いただけのプラスチック円盤ではせっかくのVRDS機構でもピックアップの読み込み精度は低く成っていたと思います。

blog_import_53b8defe803d0.jpg
ブラシレスモーターへの変更に伴いモータードライバー基盤を追加でプレーヤー内部の空きスペースへ取り付けました。

blog_import_53b8deff9b11a.jpg
「シュイーン」と言うブラシレスモーターの回転する音が気持ちいいですね。
アルミ円盤の回転する高さ位置をみていてもブレが無く加工・組付け精度の良さがわかります。VRDS変更の効果はかなりの物だと思います。読み取りの情報量が増えたと思われ、今まで聞こえなかった音が聞こえて来る様になりました。
また音の分離もかなり良くなった様で演奏されている楽器の音の聞き分けが以前よりはっきりして分かりやすく成っています。

blog_import_53b8df00c3e5f.jpg
音質改善はこの他に電源強化と出力用オペアンプの変更を行いました。
電源強化はOSコンデンサのてんこ盛りです。
ネット上でOSコンデンサの効果は耳にしていましたが、実際に行ったのは初めてです。
音の切れ・分離・湧き上がる低音と評判どうりいい結果を出してくれました。
ただ価格の高いのが難点ですね。
出力用のオペアンプも当時としてはいい物を使っている様ですが流石に20年前のものなので最近の評判良いといわれる物を数種比べて現在のWADIA6改に合うオペアンプを選択です。
WADIA6をここまで改造した物はまず他に類を見ないと思います。
I氏のWADIA6への熱意と思い入れは並々ならぬ物がありますね。
この改造で WADIA6改 も現在のハイエンド機と比べても遜色のないレベルに成った事(それ以上かも)と思います。

blog_import_53b8df01d707f.jpg
I氏がこのWADIA6を修理しようと思ったきっかけは持っている何台かのCDプレーヤーでこのWADIA6だけがCD再生で音飛びがでてしまう事でした。
わたしも何台かWADIA6を修理して感じていたのは他のCDプレーヤーよりCDの傷に対しての音飛びが顕著に出てしまう事です。
この音飛びは「WADIA6が原音再生を忠実にする為に誤り訂正機能を最小限に抑えている結果」と言う様にいい風に考えていましたが、ここに来て違うと言える現象がでてきました。
元のWADIA6のブラシモーター・プラ円盤VRDS機構で再生すると音飛びのはっきり出てくるI氏のCDを今回改造したブラシレスモーター・アルミ円盤VRDS機構で再生すると音飛びが確認できません。
明らかにCD読み取りデータに対して違いのある事がわかりました。
つまりこのCDの傷は誤り訂正の範囲内であると言う事です。
制御設計をしていた一技術者として愕然とする物があります。
VRDS機構はCDの読み取り精度を向上する為の物と思っていたのですが・・・


 2011_02_21




05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ

IPアドレス




PAGE
TOP.