プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




 RIMG8013.jpg
今回は香川のU氏からの依頼でOdeon-liteの音質改善です。

RIMG8025_202105122115548a9.jpg
筐体の底面に残っていた手書きの製造番号です。
これだけはっきりと残っているのは珍しいですね。大事にされていたか、あまり使用されていなかったか何方にしても美品の部類に入るD/Aコンバーターです。

RIMG8023.jpg


視聴した感想が届いていますので紹介です。
「ジャズを中心に聴いているのですが、ライブ録音の生々しさに毎日しびれています。
空気感、雰囲気を感じる事ができ、温度感、熱さが伝わります。
ここまで変わるのかと驚いています。」

オデオンライトを設計された方の感性の良さ(作り込み)が、音質改善によって引き出せた結果ですね。


 2021_05_13



 RIMG7385.jpg
今回はCDX10000の11台目WADIA6改SP-Bの47台目をお持ちの福岡のM氏よりの依頼でOdeon-liteの音質改善です。
この個体もフロントの印刷が奇麗に残っており大切に扱われてきたものと思われます。

RIMG7369.jpg
左のICがSPDIF信号を24bitに変換してD/AコンバーターICに送っている様ですね。

RIMG7388.jpg
裏面の印刷もきれいですね。
音は他のOdeon-liteと同様に音質改善を施していますので十分聴きごたえの有る音に成っていると思いますが、WADIA6改SP-Bをお持ちなので音の厚みの薄さを感じるかも知れませんね。
使用にあたってはWADIA6改SP-Bのデジタル出力を入れて頂ければ本領を発揮してくれると思います。


 2021_05_08



RIMG1960.jpg
 今回はB226の9・10台目をお持ちのIK氏よりの依頼でOdeon-liteの音質改善です。
珍しく2台共にフロントの印刷が残っております。


RIMG1910.jpg
2台共底面に何か文字が書かれていました。#から始まっているので製造番号の様です。

RIMG1916.jpg
2台同時に作業を行ったので外したBOXと基板を入れ間違わないように付箋をしています。

RIMG1965.jpg
中をお見せ出来ないので、書くことが無いですね。

Blue化を流用した音質改善版のB226に比べ低域が薄いとのメールが来ましたが、Odeon-liteの方が音域が広いので耳に聞こえる低域(中音に近い)の音がB226より少ないので物足りなく感じるのでしょうね。

 2019_08_03



 RIMG9679.jpg 
今回は1つ前の記事のZIA FUSIONと同じ埼玉のN氏からの依頼でOdeon-liteの音質改善です。
Odeon-liteの弱点はフロントパネルの印刷の弱さですね。殆どの個体はこの様に印刷が消えてしまっています。
現状は入力2のRCAコネクタからの入力が使えないそうです。

RIMG9646.jpg   
同じ入力2のAES/EBUは使用出来るので回路を追いかけるとどうもRCA入力のラインレシーバーのICに不具合が起こっている様です。
入力1にBNCと入力3にRCAの入力が有るので、これにRCA-BNCの変換コネクタにて使う事で対応出来るので入力2のRCAはそのままとさせて頂きました。

RIMG9682.jpg  

代理のブログの影響が大きかったのか今回の受付ではOdeon-liteが5台来ています。
WADIA6LTD-Blueとまではゆきませんが十分楽しめる音だと思いますね。



 2019_05_06



 RIMG9739.jpg
今回はWADIA850LTD-Blue 13台目をお持ちの和歌山のN氏からの依頼でOdeon-liteの音質改善です。

RIMG9722.jpg  
型番を削っているのですが24ビットのD/Aコンバーターが使われています。
これも音の良さの一因でしょうね。

RIMG9746.jpg
N氏からは既に850LTD-Blueを超えたかもと言った一報が入りました。
確かにその位インパクトがある仕上がりに成っていると思いますね。






 2019_05_01






今回はソノグラフのSD-1 2台目PHILIPS AZ6801SONOGRAPHE CD650改
をお持ちの石川のK氏からの依頼でOdeon-liteの音質改善です。

RIMG9691.jpg
Odeon-liteの回路はかなりシンプルに作られていますが、音の良さの秘密は右上のブラックボックスに成っているソリッドチューブの様です。
変更後はお見せできませんが、WADIAで使っているBlue化の手法を使った音質改善を施します。


RIMG9715.jpg
やはり音の傾向はWADIA6LTD-Blueに近いと思えるもので、ほんとコストパフォーマンスが高いと思わされるD/Aコンバーターです。
返却後の音のインプレッション報告からはとても満足されているのが伝わって来ていますので嬉しい限りです。



 2019_04_30




05  « 2021_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

受付に、ついて

【2021年6月6日現在 受付休止中です。】
OH前提の上での不具合対応と成ります。
DAC・トランスポート・CDプレーヤー専門です。
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
問合せ・ご依頼については、 下記メールをコピペして送信ください。
mailto:meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
   山手サービス 高橋
「修理のみ」の対応はリピーター機器(当方でメンテナンスした機器の再依頼)に限定しています。 当方でメンテナンスした機器はオーナー様が代っても最後まで面倒をみる所存です。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

全記事表示リンク

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

BARCO

CHORD

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

検索フォーム

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.