プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




 RIMG4840.jpg
51台目のWADIA6改LTD-BlueやWADIA850LTD-Blue等をお持ちの東京のY氏からの依頼でマークレビンソンNo.390SLのBlue化です。
現状は動作不安定な状態が有るとの事でした。

RIMG4556.jpg
作業に取り掛かる前に元の音を確認と思い音出しを始めて十数分後に突然音が出なくなり、デジタル入出力基板辺りから煙が上がりました。
流石に目の前で煙が上がると驚きますね。

RIMG4638.jpg
オーバーホールを進めると焼損したICに関係する電解コンデンサの液漏れが見つかりました。どうも原因はこいつの様です。

RIMG4605.jpg
ピックアップは寿命が来ておりましたので新品交換で復活です。

RIMG4705.jpg 
今回Blue化まで実施する予定なのですがD/Aアナログ基板のアナログ出力回路が面実装のパーツを使ったディスクリート回路なので使用している部品の型式が判らない状態です。

RIMG4802.jpg
アナログ出力のディスクリート回路の考察が出来ていないのと余りにもスペースが無い状態でのBlue化だったので出来る範囲での音質改善と成ってしまいました。

RIMG4848.jpg
ディスクリートの使用部品が判ればもう少し音を変えれたのではないかと思いが残る音質改善と成りましたが
それでもマークレビンソンの緩い感じの音からは脱却出来た物と思います。



 2020_03_19




今回は高知のH氏からの依頼でマークレビンソン390SLのオーバーホールです。
現状は半年前にハーマンで修理を行ったが現在CDの認識不良の不具合が起こっているとの事です。

RIMG4625.jpg
早速ピックアップの状態を確認しましたがアイパターンの電圧幅が小さくピックアップは寿命の様です。

RIMG4967.jpg
ピックアップを海外から購入しこれでCDを認識出来ると思っていましたがここで落とし穴があり全滅です。
CDM12は種類が多く同じ型式でも違うピックアップの物が有るようです。

RIMG4928.jpg
ピックアップの新品入手のあてが無いのでレーザー電流調整を行う事で対処できないか試しましたが、これも駄目でした。
写真では良好なアイパターンに見えますが、ぐずるとCDを認識出来ない事があるので残念ですが修理不可とさせて頂き返却しました。

この後マークレビンソンNo.37Lのオーバーホール時に新品のピックアップの販売が有ったので予備を購入しておいたのが功を奏してオーバーホールの再チャレンジです。

RIMG7759.jpg
ピックアップ交換後はCDの認識再生は良好となりましたが、CD押さえが外れるトラブル発生です。
ブリッジに挟み込む構造の所の爪が経年の使用で曲がり?引っ掛かりが無くなっていました。最初からか過去のメンテで爪の取り付け位置を迷ったかいずれにしても100万円を超えるプレーヤーとしてはお粗末です。


RIMG7827.jpg
CDドライブユニット取付やコントロール基板取付ネジは必ずと言ってよい程錆が発生しています。
ここも100万円を超えるプレーヤーとしてはお粗末ですね。


RIMG7767.jpg
トランスポート側が大丈夫になったのでいざ再生確認を始めましたがここで最悪のパターンです。
右chのDC漏れです。回路を追うと表面実装で作られた増幅回路の中でトラブルが出ている様です。
表面実装で使われているパーツの型番が確定できず今回はここまででオーバーホールは断念です。
H氏とも相談して390SLの目玉のアナログ回路は使えませんがトランスポートでの使用で了解となりました。

ここで完了と成るはずだったのですが、ここで新たな不具合発生です。
電源を投入すると勝手にレーザーが発光しピックアップのフォーカスが上下に激しく動作する不具合です。
まる1日調べて不具合の原因がつかめずH氏に駄目報告をしようかと躊躇していましたが、あるヒントで不具合原因が判り修理は完了です。

通常のCDでは使わない仕様の部位での不具合で上記の誤動作が発生していました。本末転倒な造りにはほとほと呆れてしまいます。


RIMG7867.jpg
マークレビンソン全体を通して思うのがネームバリューにすがって何とか出来ている会社だと思わされますね。
造りは値段相応ではないし、出てくる音は緩いし(ハイエンドとして)プログラムのバグを取り切れていない等々非常に残念なことです。



 2018_09_18




06  « 2020_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

受付に付いて

只今、受付は休止中です。 DAC・トランスポートを含むCDプレーヤー専門です。 OH前提の上での不具合対応と成ります。 「修理のみ」の対応はリピーター機器に限定しています。 問合せは、下記メールをコピーペーストして送信ください。 mailto:meerschaum@wonder.ocn.ne.jp    山手サービス 高橋

全記事表示リンク

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

BARCO

CHORD

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

検索フォーム

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.