プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




 RIMG2191.jpg
今回も山口のK氏からの依頼でWADIA WT-2000のオーバーホールです。
現在は読込みが出来ない状況との事です。

RIMG2120.jpg
早速ピックアップの確認を行うと7年前にピックアップの販売を探していた時に見つけた物と同じピックアップが載っていました。
販売店曰く、このピックアップはメーカーの修理にも使っていて問題が無いとの事だったのですがアイパターンの測定の結果高級機用のピックアップでは無い事が判りましたので購入した4台分を全て返却した事が有ります。
今回アイパターンを測定してみるとレーザー電流がとんでもない値に成っておりこれでは認識出来なくなるのは当たり前ですね。

RIMG2124_20190825221441c47.jpg
CDの認識不具合は当方がストックしているピックアップに交換する事で解決です。
通常の使用であれば10年は持つのではと思っています。

RIMG2121.jpg
このVRDSは高級感が有って良いですね。
以前はWADIA6に載せようかと画策した事もありましたが加工が大変なことに成りそうなので諦めています。

RIMG2193.jpg
作業性が良くないのでオーバーホールには時間が掛かりますが地道に作業を進めて完成です。
先にオーバーホールしたWADIA15との相性は良いでしょうね。


 2019_08_25


WADIA WT-2000

Category: WT-2000  

RIMG4919.jpg 
今回は以前WADIA21 15台目のオーバーホールをされた東京のY氏からの依頼でWADIA WT-2000のオーバーホールです。たまにトレイの開閉が出来ない事が有るくらいとの事です。

RIMG4782.jpg 
まずはピックアップの状態の確認です。電圧幅が音飛びする所までの低下ではありませんが少し心もとない状態なのでレーザー電流調整にて電圧幅の復活です。
内部はと言うとまんまWADIA7です、同じ機器が外観の意匠違いで2つの商品名をもっていたんですね。

RIMG4843.jpg 
コントロール基板を外すと 何とパターンが焼損しています。焼損しているのはGNDパターンです。本来であれば動かなく成っていたはずですが基板間のコネクタでGNDの回り込みが有った様でそのままにされていた物と思われます。
この焼け方はこのGNDパターンに5V・12Vの電源が直接接触した物と思われるので過去のメンテナンス時に焼いたと思われます。
これだけ焼けたらかなりの匂いが出たと思うのですが・・・

RIMG4819.jpg 
この機種にお決まりの半田クラックです。両面基板ですがそれでもこう言った状態に成ります。発熱が大きいのでしょうね。

RIMG4894.jpg 
作業を進めて行くと又してもこれは無いだろうと言った事を発見です。リフトのリミットSWの止めネジが締まっておらずグラグラの状態です。
これだとリフトの昇降動作が出来ない可能性が有るので、トレイが開閉出来ない不具合が発生します。
写真だけみるとネジはすぐ締めれるとおもわれますがそうは行きません。
このネジを締めるにはVRDS機構自体を本体からを外してしまわないと締めれないのでほぼ全バラにしないと締める事が出来ないネジです。

RIMG4915.jpg 
呆れる第3段はピックアップのロックです。Y氏からピックアップのロックをするにはどのような工具が必要かとの問い合わせに「エー・・・」ロック用の樹脂がすっかりないので周知の事実かと思っていましたがどうもこれも壊したか何かで取り除いている様です。
他にもネジを馬鹿にしていたりネジがなかったりとこのWADIAはスキルの無い方のメンテナンスを受けた様です。

RIMG4925.jpg 
何やかやと有りましたが何とか本来の状態に復帰です。
オーバーホールに出して驚く事が色々有ったと思いますがこれで当分問題は出ないと思います。



 2016_03_08




09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

受付に付いて

只今、受付は休止中です。 DAC・トランスポートを含むCDプレーヤー専門です。 OH前提の上での不具合対応と成ります。 「修理のみ」の対応はリピーター機器に限定しています。 問合せは、下記メールをコピーペーストして送信ください。 mailto:meerschaum@wonder.ocn.ne.jp    山手サービス 高橋

全記事表示リンク

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

BARCO

CHORD

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

検索フォーム

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.