プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村




095_201502242122465f6.jpg 
今回は富山のK氏からの依頼でSONOGRAPHE SD-1のオーバーホールと音質改善です。
このSD-1は金沢のオーディオショップのディスク33から紹介されアメリカより取り寄せて現在に至っているとの事です。

004_20150224212941c96.jpg  
中をみると埃がかなり入りこんでおり基板の至る所に錆が発生していると言った状態です。天板にスリットがある機器は設置場所を選ばないと埃などが容易に入り込むので注意が必要ですね。
現在トレイの開閉が出来難くなっている以外には不具合は無い様ですので丁度良いタイミングでのオーバーホールだと思います。

031_2015022421370718d.jpg 
珍しく赤色のレジストを使っている基板です。過去に2台同じSD-1をオーバーホールしましたがそれらは一般的な緑色のレジストでした。
わざわざメーカーが赤色を指定したのでしょうかね。

033_20150224214300055.jpg 
ソノグラフがSD-1用に作ったアナログ出力基板です。コンラッドジョンソンお得意の簡素なディスクリート回路で構成されています。基板の半分は電源回路なので電源回路にも音質的な効果があると判断している事が判りますね。

068_20150224214659f8c.jpg 
スイングアームの回転軸の確認の為に分解すると塗布してあるグリスに少し錆が見られたので、清掃して新しいグリスの塗布です。

070_201502242150233b5.jpg 
スイングアーム部についていた鉄粉です。何処から鉄粉が入ったのかは判りませんがすごい状態です。

099.jpg 
オーバーホール・音質改善と順調に作業も進みピックアップの状態もまだ大丈夫なのであとは音出しエージングです。
物量投入していないのにもかかわらずなかなか良い音を聴かせてくれます。設計者の感性の良さが音に現れていますね。



 2015_02_27



blog_import_53b8df9f94073.jpg
日本にはあまり輸入されていないと思われるソノグラフ社のSD-1が再び修理で舞込んできました。2台目です。
このCDプレーヤーは石川県のK氏よりSD-1のブログを見て自分のSD-1も音飛びがひどいので修理をしてほしいとの事で此方にきました。
早速音だしして症状の確認をしようとしましたがCDの認識をしません。
アイパターンを確認するも、アイパターンが形成されません。
どうも運送中に症状が悪化したようです。

blog_import_53b8dfa0f2de7.jpg
色々と調査をして行くのにプレーヤーの分解を始めるとなんと大半のコネクター部分に緑青の液状の物が付いており、ひどい所はコネクタを抜く時に配線がコネクタ圧接部分でとれてしまいました。今まで色々と修理しましたがこれは初めての経験です。

blog_import_53b8dfa212be5.jpg
アイパターンが形成されないのでまずはピックアップのレンズの汚れからとピックアップを確認するとこれまた、レンズの内部中央に繊維クズの様な物が入り込んでいます。
これはおもしろくないのでレンズ部分を分解してゴミを取り除いておきました。
レーザー電流は許容値上限位まで上がっていました。
で、アイパターンはどうかと確認しましたがこれでもなさそうです。

blog_import_53b8dfa325190.jpg
この後CDドライブ下のサーボ基板のコンデンサの液漏れしている物を見つけましたので今回も此処か!!とコンデンサを交換し、再度アイパターンの確認です。
しかしここでもなさそうです。

blog_import_53b8dfa44741b.jpg

とうとうメインの制御基板側を確認する事となりました。
アイパターンが形成されないのであとはサーボ関係とねらいを定めこことおもわれるICを手持ちのICと交換しました。
が、やはりアイパターンは形成されず。
ここで頭を冷やし基本に帰り各ICの電源を確認してゆくと何と有りました。
電源の中途半端なICが・・・今回はやれやれです。
修理レベルの低さが出てしまいました、原因が判るまでにまる2日。
この後全基板の半田増しと電解コンデサの交換を行い修理は完了となりました。
あと音質改善の為に出力のオペアンプを性能の良いものに交換しカップリングコンデンサも補強してエージングに入りました。

blog_import_53b8dfa5bd9a0.jpg
1987年頃に金沢のディスク33と言ったお店が当時コンラッドジョンソンの日本代理店としてソノグラフ製品を販売していたそうで、K氏は当時店長に薦められて購入したそうです。
大事に使って来た形跡がプレーヤーを分解していた時にみられました。
K氏みづから修理できるところは修理して使って来たようです。
こんな所を見てしまうと、どうしても直さなければと思わされます、プレッシャーですね。


 2010_10_25


SONOGRAPHE SD-1

Category: SD-1  

058.jpg
アメリカのソノグラフ社が作成し、1986年当時もっとも高価だったCDプレーヤーと同等との評価を受けたプレーヤーです。
持った瞬間かなり軽い・・・側板と天板を外すとプラスチックのベースフレームにプラスチックのCDドライブとかなり製作コストを抑えた作りが眼に飛び込んできます。
但しアナログ出力回路には良い物を使い音質に配慮した跡が窺えます。

011.jpg


このプレーヤーはCDを認識しない不具合できました。
動作確認したところCDが回り始めると何かが擦る様な音がしてエラーを表示します。
CDドライブを外すとサーボ基板がドライブの下に取り付けられており、この基板上の電解コンデンサ2個が液漏れを起こしていましたので交換したところCD認識は出来るように成りました。

060_2.jpg
この後CDドライブ部分を分解しメカ部分の給脂とスイングアームの調整を行う事でファイル認識が出来るようになりました。
最初に気に成った擦る様な音はサーボが激しく動く音だった様です。
音は色付けの無い素直な音が出てきます。勿論スイングアーム独特?の低域の厚い音も気持ち良く出てきてここち良いですね。
因みにスイングアームはCDM-2で音響グレードの記載が付いていました。
marantzのCD650には記載が無い物が付いています。
何処が違うのかは私には判別が付きませんでした。


 2010_06_12




09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

♪お知らせ♪

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.