プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



Nさまへ

Category: Q&A  

お問合せありがとうございます。
返信したメールが
配信不可能とのことで、戻ってきましたので、
こちらに返答を掲げます。

Q:
(VRDS25) トレーが動きません。
ピックアップの交換はできますか?
修理費用はいくらでしょうか?


A:
ピックアップの交換はできますが、
当方では修理のみはお受けしていません。
オーバーホール前提の上での不具合箇所修理と成りますので、
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
を、お読みの上 ご検討下さい。

なお、ただいま、受け付け再開延期のため、
ご依頼を受ける事が出来ません。
併せて、こちらもお読みください。

http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

修理のみのお問合せと思われますので
ピックアップ代金等の回答は控えさせて頂きます。

   山手サービス 高橋(代理)



 2015_09_06



ブログ:憧れのオーデイオを立ち上げて、2015年5月で5年になりますが、この間、ブログに掲載していない物まで含めると250台以上の機器のメンテナンスを行ってきました。 
多くの依頼を受ける様になってきて、此方の主旨がきちんと伝わっていないことに気が付きました。
当方がオーバーホール・修理を始めた主旨は
憧れたオーディオを本来の状態に戻す・要望があれば元以上の音を出せる様にする事です。(思い入れや憧れの有る機器をこれからも使い続けたいと言った人の為にオーバーホール・修理を行なうつもりです。)
修理はオーバーホール(半田増し・全電解コンデンサ(グレードを上げた物)交換)を施すことを前提に修理をしています。
 ここで、修理のみという方は経年劣化のコンデンサ&半田クラック(劣化)でもかまわないということになります。経験上こんな機器では本来の性能を発揮できないかぎりか、劣悪な音を本来の音と勘違いして聴いている状態です。
機器への思い入れも薄く、とりあえず音さえ出れば構わない物を直すのはお断りしようと思います。
何人もの方が憧れたオーディオを本来の状態に戻したい。
思い入れや憧れの有る機器をこれからも使い続けたい。
と、オーバーホールを待って下さっています。
これらの方をさしおいて、鳴ればいい、動けばいいを受付つけていては 申し訳ないとも思います。
初回依頼において、修理だけで良いと言われる方の機器については、 
私は修理屋ではないし主旨から外れますので申し訳ないですがお断りします。
憧れのオーディオのタイトル、すぐ下に“愛機のメンテナンスをしませんか?”となっているのはこの為です。
ただオーバーホールとなるとかなりの金額に成るので出来るだけ金額を押さえる様にしてユーザーの負担を軽くしようとしているのも思い入れや憧れに協力する為です 。
過去の色々な情報から当方で行っているオーバーホールはショップの半値以下の代金になっています。
 (全基板半田増し・全電解コンデンサー(グレードを上げたもの)交換を行うオーバーホールですので、代金は半値以下のうえに、施す内容が違います。)

blog_import_53b8db0123c14.jpg
写真はほんの一部になりますが良く使う電解コンデンサの写真です。
最初は小売り店でばら売りのコンデンサを入手していましたがグレードの高い物が少なくそれでも一般の85℃を使うところには105℃を使用しアナログ回路には音響用コンデンサを使用するようにしていました。
本業で資材を購入している商社に無理を言ってコンデンサも入手して貰うようにしたので最近はできるかぎりメーカー推奨でグレードの高い物を購入する様にしています。

blog_import_53b8db02829c8.jpg
写真の電解コンデンサの拡大です。
個人で購入すればかなりの価格になる電解コンデンサです。当然商社からの購入となると最低数量があり1種類でも数万円と言った価格になる物もあり電解コンデンサだけでも数十万円の在庫を持っている状態です。

blog_import_53b8db039785b.jpg
此方が通常使用している半田です。
通常の半田増しに使用するのは松尾ハンダのRH60-1.0・0.8で配線に使用するのはアルミットのKR-19RMA 0.8です。基板上のフラットパッケージ等は同じくアルミットのKR-19RMA 0.5等です。
これらの半田でも現在では入手がしにくい半田と成っていますがこの先10年程度の在庫は確保しています。

いずれにしても20年を超えている機器が本来もっている性能を発揮する事は出来ません。此れを可能にす るのがオーバーホールです 。
場当たり的な修理であるなら他所の修理業者をおあたり下さい。
当然此方で修理した物については後々まで出来る限りの対応はさせて頂きます。

                                                  山手サービス  高橋


 2015_01_02




Q:

現在、米国に居住しているもので、修理のお願いではありませんが修理に関する質問です。日本に居ればお願いが出来るのですが、米国では、なかなかここという修理が出来るところを探すのが難しい状況です。
そこで、質問ですが、EsotericのUX-3というCDプレーヤーを使用していますが、度々、No Discというエラーが出ます。
CDの場合がSACDより頻度が多いように思います。
一度、電源を切ってから再度電源を入れると大体は、復帰しますが、修理をした方が良いかと思っています。
原因はレンズの汚れか、ピックアップの寿命でしょうか。
レンズの汚れの場合、シロートでこの種のプレーヤーのレンズのクリーニングは、問題ありませんか。
また、ピックアップの場合、交換となりますか。部品は入手出来るのでしょうか。
こちらで修理してもらう場合、症状によるとは思いますが、一般のAudio製品の修理の人に頼んでも問題はないでしょうか。
修理依頼でなくて申し訳ありませんがお教え頂ければ幸いです。         

          投稿 谷村博史 |
2014/10/13 04:01



A:

リモコン付属 2007年3月23日生産終了
と、解説されているのを見ました。
時期的にみるとTEAC(Esoteric)のほうで、まだアフターサービスを行っていると思える製品ですので
まず、TEAC(Esoteric)に問い合わせをされるのが、良いのではないかと思います。
取りあえず、ホームページのアドレスを取ってきました。
http://www.esoteric.jp/
日本にいても、外国製品でメーカーでないと直せないものは
輸送して直すオーナー様がいらっしゃいますが
日本に輸送するほうが気楽なのでは?

お問合せ窓口
http://www.esoteric.jp/support/contact/index.html
修理窓口
http://www.esoteric.jp/support/repair/index.html


ご質問から察っしますと、当然、アメリカ(輸出)の仕様になっていて
日本のEsotericがうけあってくれるかどうかは判らない処ですが
米国での取扱店・アフターサービス店・代理店を紹介してくれたりする可能性は高いと思います。

そのほかの質問も答えてくれると思いますので
まずは、保証期間内と思われるものは、輸出仕様であっても、メーカーに問い合わせてみて下さい。

               投稿 山手サービス 高橋(代理) | 2014/10/13 14:04






 2014_10_14



Q: 
   初めまして、松井と申します。
この度、Vintageアンプを入手致しましたが
古い機器である為に修理メーカも無く、Netで
検索したところ御社がHitしメールした次第です。
申し訳ありませんが下記のアンプは修理可能かご検討下さい。
機種 GAS AMPZILLA パワーアンプ
症状 電源投入しパイロットランプ点灯するが
   音が出ない。
   全面のヒューズが2本共に欠品の為に6Aヒューズと
   ヒューズキャップは取り寄せ中。
   ヒューズキャップが上手く入らないと思われます。
   (ヒューズだけの問題なのかは分りません) 宜しくお願い致します。
 

A:
  残念ながら、アンプのオーバーホールまで手が回りません。

 

アンプの修理・メンテナンスについては

かなりの多くの人が携わっていらっしゃるので

おごった言い方ですが

其方に任せて、CDプレーヤーに専念したいと思います。

修理受付のページに
*[今回はアンプの修理・オーバーホールは控えています]*
と、書いていますが、 今後、アンプの修理はお受けしないと思います。
【付記】にも
歪計等の測定器を持っていませんので自分の耳だけが頼りなので修理代金を取ってはいるものの「修理ができました」と言い切れない所を持っています。
アンプ修理に対しては常にこの様な難点があり修理依頼に対しては躊躇してしまいます。
と、書きましたように趣味の範疇から抜け切れていない処が有ります。

メールにも書きましたように
CDプレーヤー(メーカーにこだわらず)のオーバーホール・修理・音質改善・改造(四位一体)をできる人がほぼ皆無のため
残念ながら、アンプのオーバーホールまで手が回りません。
アンプの修理・メンテナンスについては かなりの多くの人が携わっていらっしゃるので
おごった言い方ですが
其方に任せて、CDプレーヤーに専念したいと思います。
アンプ専門の方にお任せしたいというのも
「CDプレーヤーになってくると、スキルの積み重ねによって
勘も働きやすくもっと良くなる改造や修理・工夫まで思いつくわけです。
これが専門分野の強みであると思います。」
アンプ専門の方にも、また同じことがいえると思うからです。

   山手サービス 高橋(代理)




 2014_09_11


Q&A 一覧

Category: Q&A  



 2014_07_08



事実無根のうえ、本人の勝手な邪推や一方的な解釈で、
ぼったくりの罵詈の他、いくつもの、雑言をブログにアップし、
そのアドレスをこちらのコメント欄に張り付けておくという、非常識極まりない行動があったため、
その記事を読まれた人が誤解されてはいけないと、保存してあったN氏とのやりとりメールを公開しました。

途端にN氏は記事を削除してしまいましたが、代理の一存で記事のコピーを保存しています。
(高橋からは姑息な真似をするなと叱られましたが)
さすがに、これみよがしにN氏の罵詈雑言を公開するなどという、N氏と同じ態度を取る事はありませんが、
この度のことを振り返って考えてみますと
人の事を言っているつもりが、自分を披歴してしまう。 そのものだと思いました。
高橋は都合が悪くなったら記事を削除するなどと言うことは一切ありません。
それは、自分の言動に責任をもっているからです。
ですから、虚偽を書くこともしません。
今までのメンテナンス記事をお読みになっている方は気が付いていらっしゃると思いますが
かなりの技術があっても、基板に拠ってはスルーホールのランドがとれるというアクシデントが起こります。
これに対して、正直にランドが取れてしまったと書きます。
自分のスキルがたりないと自分の責任としてとらえます。
こういう姿勢もむろん、儲けや時間を度外視して機器に対して少しでもベストな状態に成る様に提案・施工していく姿を見るにつけ 生粋の職人気質(しょくにんかたぎ)が在ると思えます。

昨夜のN氏の記事の中で、ブロックコンデンサーの相違があって、私の仕事でないのに、気が付かなかったのに、怒鳴られた(と、取った様ですねW)というように書かれていましたが、
このあたりに、職人だから左右の違いが許せなかったのだろうとかかれていてびっくりしました。

左右の音の違いが判らないN氏の耳であることを、さらしているわけです。
(此処の部分が「自分を披歴してしまう。 そのものだ」ということです。)

そして、職人だから・・・は聞き分けられない自分の尺度・解釈・言い訳です。
N氏のことを批判するつもりではありませんので
高橋の「耳」について少し書きます。

200台以上の、プレーヤーやアンプを聴きわけてきた耳です。
元々、音を聞き分ける耳をもっていたから、音質改善等の技術を活用できるようになったわけです。
耳がよくなければ、たとえば、音質改善・オーバーホール後のWADIA9と肩を並べるWADIA6改LTDの音を引き出すことはできません。
表面上の記事だけなら、メンテナンスの記事でしかないわけですが、 記事を支えている(見えない)部分に、高橋の資質や気質・ポリシーなどあるわけです。

以下、昨夜の記事とコメントを貼り付け保存しておきます。

****昨夜の記事******

http://ameblo.jp/507576/entry-11815625734.html
の、記事へのリンク投稿がありましたので、よませていただきました。メールでのやり取り内容を上げた直後ににどうもブログに記載していた内容を削除された様でリンク先の投稿の内容は既に読めなくなりましたのでこの「メール内容」は明日には削除しようと思います。

KRELL KSA200mk2の修理オーバーホールに異論があるのであれば直接メールにて連絡頂ければどこがぼったくりだったのかはっきり聴きたいものですね。

記憶だけをたよりに記載すると必ず思いが先行して真実が薄れてしまいます。大人であるなら責任のある行動を取って頂きたいものです。

記事によると、過去に此方が対応したものであると思います。
この記事をお読みになった方が実際の内容を知らずにまにうけてもらってはいけないと思いますので、
上にドキュメントファイルで、N氏とのメールのやり取りを公開いたします。

どちらの言い分を真に受けるにしても、一方的な意見では片手落ちだと思いますので、

公開に踏み切りました。

ご判断はお読みに成って下さった各位さまの胸の内ということで、お願いします。

追記:

コンデンサーは海外から取り寄せた新品のコンデンサーです。
この部品についての買取はメールでN氏におねがいしており、N氏は承諾されています。
もちろん、これらのコンデンサーはN氏のものであり、対価を支払っていただいたということになります。
このコンデンサー交換作業や、他の箇所のメンテナンスなど機器に施しした分の作業費は1円もいただいていません。
N氏の損失があるとしたら、機器の送料分だと思いますが、これも、こういう業界では送料本人負担が一般的ですし、さらにいえば、直せなくても、調査費など(些少ですが)頂くようにしています。
それすらも、請求しておりません。

どこを取ってぼったくりの言葉がでたのでしょうか理解に苦しみます。

****コメント欄から****

すごいですね。
読み終えてから見直したら削除されていました。
                               投稿 Ks | 2014/04/08 00:22 

オーディオの修理で「ぼったくり」と言われるとは思いもよりませんでした。
2010年から受付を始めて認識するのは憧れのAoudioへ修理・オーバーホールを依頼してきて金額を値切る人の修理は受けられないなと言った事です。
当方としては相手に有利になる条件を出来るだけ提案したつもりですがどうも理解して頂けないどころか仇に成ってしまったのには驚きです。
N氏に請求したのは海外から購入したEROの電解コンデンサ100V470μ105℃タイプの物を48個分です。
EROのコンデンサの価値が判る人であれば請求した金額53200円が妥当だと判るはずです。
(このコンデンサーの手配についてはN氏からの電話で「手配してくれ」と承諾をえたものです。電話のため会話の記録はありませんが、N氏からの依頼だったわけです。筐体に装着した状態だったため、そのままの状態での買取をお願いしたのですが、これにも、N氏は同意してくださったわけです)
N氏が「じゃあ、やめておく」と中止する機会がいくつもあったのではないかと思います。
見積もりの値段が違っていた。と、憤慨されていたわけですが、こちらの勘違いであったとお詫びして、その機種なら、これくらいの値段になりますよと改めて値段を提示したとき。などもそうです。

でも、いくつかの場面でN氏は「了承」したわけです
代理に言わせれば、N氏は優柔不断です。
そこを自覚せずこちらのせいにしてしてしまう。

記憶だけをたよりに記載すると必ず思いが先行して真実が薄れてしまいます。

大人であるなら責任のある行動を取って頂きたいものです。

と、高橋が先に書いているとおりだと思います。

あとアンプとしてはほぼオーバーホールが出来た状態であったのでエイブルさんでの修理が安くて早くなるのは当たり前ですね。
憧れのAoudio の主旨に反して妥協した時には良くない結果が何度か発生し再度の修理依頼を断った事がありこのN氏の件もそれに該当します。
今後は主旨に合わない依頼はお断りさせて頂きます。


 2014_04_08



Q: 
  WADIA16のメンテナンスは可能ですか?

A:

 お問い合わせありがとうございます。

WADIA16の不具合修理の件ですが、ノアがアフターサービス業務をひきついでいます。
WADIA16はまだメーカー(ノア)で、修理ができる製品です。
当方が修理してしまうと、
以後、不具合があっても代理店からの修理など断られる事が有ります。

たまにWADIAもプログラムがされているICが駄目になる場合があるので
この様な事を考えると
修理期間が保証されているものはまず、

修理保証のリスクを考慮しノアのほうに問い合わせた方が良いのではと思います。

以上のリスクを考慮した上での修理依頼であれば受けいたします。

以下、URLを張り付けておきます。

ノア WADIAについて
http://www.noahcorporation.com/wadia/index.html

ノア トップページ
http://www.noahcorporation.com/index.html

    2013年4月よりアクシス株式会社から



 2014_04_04



Q:
 半田増しは、どの程度効果があるのでしょうか。


A:
 電源回りにクラックが発生すると十分な電流を流 し込めないので早く変化する音や瞬間的な立ち上がり等が出なくなると思われます。
信号経路にクラックが入ると音が出なくなる(小さく)可能性があります。
どちらにしてもクラックが発生している状態でまともな音は出ないと思います。

補足:
 同じようなことが、電解コンデンサー にもいえます。
経年(ほぼ10年)劣化したコンデンサーではまともな音がでません。
(使用環境によっても耐久年数はかわります)
またメーカーによっては、意外にプアなコンデンサーを使っている事が有ります。
山手サービスでは音響用の耐熱性のよい新しいグレードのコンデンサーに
ほぼ全部交換します。(機器によって数がかわりますがおよそ50~100本)
半田増しも全基板に渡ります。(両面基板などは半田増しの必要のない場合もあります)

徐々にコンデンサーが劣化してくると、耳がエージングされてしまってまろやかな音になったと勘違いしてしまう事がおこりえます。
機器本来の音は新品時から音楽を聴き続けてコンデンサーや半田やOPアンプ等の各部分が
トータルに和合して熟成期にはいる約半年頃からが本当の音に成ってくるのではないかと思います。


 2014_02_10



Q:

予約や此方の希望する期限までの修理・メンテナンスはできますか?


A:

修理・メンテナンスの受付は、本業との兼ね合いで、お受けすることになります。
なお、仕事がら、予約やお急ぎの物件は、お受けいたしかねますこと、ご了承ねがいます。

並びに、作業は到着順での実施となります。

個人で行っていますので時間の猶予を下さるようにお願いします。

 2013_12_02



Q:

今回我が家のCDプレイヤ― ワディア850のピックアップギアがぼろぼろになりましたがメーカーでは部品を供給してくれません。製造元のティアックでも部品は有るのですが供給出来ないそうです。当方で修理不可能ならそちら様にお願いしたいのですが現在受付休止中みたいなので大変申し訳ございませんがとりあえずピックアップギアだけでもお譲り願えませんでしょうか?宜しくお願い致します。

A:

ギアは当方が修理に使用する程度しか手配していませんので、申し訳ないですが単体販売は出来ません。
WADIA850はノアさん(現在日本でのWADIA代理店)でサービスを受ける事が出来る機種なのでノアさんに修理依頼するのが妥当だと思います。
確かにVRDSを使用していますがTEACが販売した訳ではないので部品販売してくれないのは当然の事だと思います。
あと当方や所有者本人が触ってしまうとノアさんのサービスを受けられない可能性が出るおそれがあります。
(CDPはメーカーでしか直せない部品が多く使用されており、万が一その部品に不具合が出た時に、ノアさんのサービスをうけられなくなり、WADIA850は修理不可能のジャンク品になるおそれがあるということです。)
当方が修理している機種は基本メーカーや代理店がサービス対象外としている物である事をご理解願います。

 2013_11_10



Q:

私の所のMICRO CD-M2も、トレイの開閉が出来なくなって、今まで飾りになっていたのですが、この記事を読み、やっぱり直そうかと思い分解してみたのですが、4本のベルトの全てが駄目になっていました。記事を読みますと、このベルト、交換されているようですが、どこで手に入るんでしょうか?伸びきっていますので、元々のサイズも分かりません。


A:


MICRO  CD-M2はphilips CDM1なので、marantz cd 94や95などと同じです。
よってネットオークション(ヤフオク)で出品されていれば入手できます。cd94開閉ベルトで検索すればよいです。
ちなみに、大50-51mm、中38-39mm、小35-36mm
交換はいろんな方がネットで紹介しています。
バンコードで好きな長さに加工するのもありますが、この場合はハンダごてによる熱接着処理が必要です。
いつも高橋様に御世話になっていますので代理の情報提供です。


                                          投稿 石川のK


 2013_11_10



Q:

近所のH/Oに SANSUI CD-α917XR が、ジャンク品でありました。トレイが不具合で読み込み不良って表示されていました。店内で動作確認OKなので、確認したら?確かにトレイが不具合、指で押さないと駄目みたいです。   ヘッドホンで聴いたんじゃないので音飛び確認出来ませんが、一応読み込み大丈夫みたいです。…。消費税込みで31.500円…。高いし?…。裏側の銅板が錆びているし?状態が良くなさそうだし?
買うべきかなぁ?

ピックアップが駄目だった場合、ピックアップ代金などはけっこう、高い物になります。
錆びがでているとなると、半田の劣化やコンデンサーの老朽化も考えられます。
それらのオーバーホールをしてでも、この機器を使いたいという思いがあるかどうかというところだと思います。

現状、この機器のピックアップは、ほぼ入手できません(動作品をもう1台入手するしかない)ので
ピックアップが確実に動作しない限りはおすすめできません


 2013_11_10



Q:

B226用産業用のタイミングベルト(代替品)を購入できませんか、購入先(型番)を教えてもらえませんか、宜しくお願いします。

A:

最寄の工具店などで手に入ると思います。
ご自分のベルトを採寸して工具店に確認してみてください。
ちなみに、これはB226用のタイミングベルトではありませんので
ぴったりサイズの物はないとおもいます。
 

 2013_10_19



Q:

B226の読み取りNGを修理して頂きたいのですがいつごろ再開の予定ですか。できればメールお待ちしてます


A:


再開予定は本業がはいってきますと、本業が優先になりますので、たてることができません。

並びに予約はうけていませんので、メールへの返信を希望されていらっしゃったようですが、コメント欄にて、返信といたします。
前回の受付再開後の修理依頼も一日で(正確には10時間ほど)で、こちらの受付許容量をオーバーしてしまったため、受付を休止しました。

この様な状態ですので、受付再開の記事をお見逃しの無いようによろしくお願いいたします。

本業優先のためと、到着順で修理をおこなっていますので、修理依頼をおうけしても、メンテナンス着手まで時間がかかることをご了承ください。


 2013_10_19



Q:

初めまして、あなた様のサイトを拝見いたしました。実はLX-360のアンプを使用していましたが、突然右側から音が出なくなり修理してまだまだ使用したいのですが、友人の
知人に修理依頼を依頼しましたが、右側の電源トランス不良との事で、部品がラックスに
ないと言われ諦めていました。もしよろしければ、㈱フェニックさんの電話番号を教えてもらえないでしょうか?

A:

Rコアトランス フェニックスでウエブ上を検索するとすぐ見つかると思います。
但しトランスの容量・電圧等は自分で指示しないと製作はしてもらえないと思います。


 2013_10_19



Q:

wadia21のトレーギア、ピックアップギアは入手可能でしょうか。ご回答願います。


A:

ギアもピックアップもありますが修理用として確保していますので単体販売は行っておりません。

 2013_10_19


KARIK CDの振れ

Category: Q&A  

修理中KARIK 「AM.AVI」をダウンロード


所有KARIK 
「YAMATE.AVI」をダウンロード

所有KARIK再 「YAMATE2.AVI」をダウンロード


 2012_09_28




03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ

IPアドレス




PAGE
TOP.