プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村



REVOX B226 10台目

Category: B226  

 RIMG7973.jpg
今回も引き続き東京のIK氏からの依頼でレボックスのB226のオーバーホールと音質改善(ブルー化仕様)です。

RIMG7915.jpg
IK氏が2台のB226を所有しているのは1台を予備としている為だったのですが、2台のB226共にピックアップの状態を良好だと誤った判断をしたことで、後でI氏にご迷惑をかけてしまう事に成ってしまいます。


RIMG7919.jpg
此方のB226はアナログ回路の電源に不具合がありましたので先に不具合対応です。

RIMG7933.jpg
此方も前回同様の錆の発生です。

RIMG7972_2018110523332875c.jpg
此方はオーバーホール・Blue仕様の音質改善を実施してほぼ作業は完了です。
今回はクロックも高精度の物に載せ替えです。
残念な事に、音出しエージングを始めて1日でCD再生が出来なくなりました。

RIMG8044.jpg
原因を調べて行くとスピンドルの回転が重いので分解するとスピンドルの受けが削れいました。
受けに削れ防止処置をして動作させるもCDの再生は出来ずこの後RF関係のICの交換などを実施しましたが、原因は意外にもピックアップの劣化でした。

RIMG8054.jpg
手持ちのアフターパーツのピックアップに交換する事で不具合は解決ですが、これは最初にピックアップの状態を確認した時に当方の勘違いでピックアップを良好と判断した事で見落としていた不具合が発生した状況です。
IK氏には大変申し訳ないと深く反省する次第です。

この後IK氏に了解を得てピックアップの交換を実施し問題は解決です。

RIMG7979.jpg
トラブルは続くもので3日間のエージングをすり抜けてIK氏に返却後Lchがノイズが出ているとの連絡です。
調べると音質改善で交換したオペアンプの1個が発熱しており初期不良を出した様です。
オペアンプ交換後、音出しエージングを始めて半日、今度はRCA出力より音が出なくなりました。
RIMG8100.jpg
又もやアナログ電源回路の不具合で今度はトランジスタに不具合発生です。

今年はほんと難しい状態の機器が続いていおり1台に掛かる時間が倍以上になっている感じがします。
オーディオ以外でも飼っていた猫の病死・浸水被害・娘の結婚・例年より多い本業の現場仕事等、申し訳ないですが今年の受付はもう出来ないと思われます。



関連記事
 2018_11_17


REVOX B226-S 9台目

Category: B226  

 RIMG8031.jpg
今回は東京のIK氏からの依頼でレボックスのB226シグネーチャーのオーバーホールです。
IK氏はもう1台B226を持っておりもう一台はこのB226Sに引き続きオーバーホールの予定です。

RIMG8005.jpg
フィリプス系統(ヨーロッパの製品)特有のコネクタの錆です。コネクタの材質とメッキとの相性が悪いのでしょうか?錆の発生原因が良く分かりませんね。

RIMG8018.jpg
此方にも同様な錆が発生しています。

RIMG8021.jpg
トレイのローラー部のゴムベルトが千切れていたので汎用ベルトで代用です。

RIMG8025.jpg
トレイベルトも歯が脱落して寿命状態です。
日本製のベルトは既に販売終了なので今後のメンテナンス用には海外製品を手配しなければいけないですね。

RIMG8028.jpg
此れと言った不具合もなく此方のB226のオーバーホールはほぼ完成です。

RIMG8037.jpg
このB226Sはシグネーチャーと命名されていますが通常のB226と中身の基板・ピックアップは同じでフロントパネル部が黒っぽく成っているだけです。
当然音は通常のB226のオーバーホール機と同じですね。



関連記事
 2018_11_08




今回は高知のH氏からの依頼でマークレビンソン390SLのオーバーホールです。
現状は半年前にハーマンで修理を行ったが現在CDの認識不良の不具合が起こっているとの事です。

RIMG4625.jpg
早速ピックアップの状態を確認しましたがアイパターンの電圧幅が小さくピックアップは寿命の様です。

RIMG4967.jpg
ピックアップを海外から購入しこれでCDを認識出来ると思っていましたがここで落とし穴があり全滅です。
CDM12は種類が多く同じ型式でも違うピックアップの物が有るようです。

RIMG4928.jpg
ピックアップの新品入手のあてが無いのでレーザー電流調整を行う事で対処できないか試しましたが、これも駄目でした。
写真では良好なアイパターンに見えますが、ぐずるとCDを認識出来ない事があるので残念ですが修理不可とさせて頂き返却しました。

この後マークレビンソンNo.37Lのオーバーホール時に新品のピックアップの販売が有ったので予備を購入しておいたのが功を奏してオーバーホールの再チャレンジです。

RIMG7759.jpg
ピックアップ交換後はCDの認識再生は良好となりましたが、CD押さえが外れるトラブル発生です。
ブリッジに挟み込む構造の所の爪が経年の使用で曲がり?引っ掛かりが無くなっていました。最初からか過去のメンテで爪の取り付け位置を迷ったかいずれにしても100万円を超えるプレーヤーとしてはお粗末です。


RIMG7827.jpg
CDドライブユニット取付やコントロール基板取付ネジは必ずと言ってよい程錆が発生しています。
ここも100万円を超えるプレーヤーとしてはお粗末ですね。


RIMG7767.jpg
トランスポート側が大丈夫になったのでいざ再生確認を始めましたがここで最悪のパターンです。
右chのDC漏れです。回路を追うと表面実装で作られた増幅回路の中でトラブルが出ている様です。
表面実装で使われているパーツの型番が確定できず今回はここまででオーバーホールは断念です。
H氏とも相談して390SLの目玉のアナログ回路は使えませんがトランスポートでの使用で了解となりました。

ここで完了と成るはずだったのですが、ここで新たな不具合発生です。
電源を投入すると勝手にレーザーが発光しピックアップのフォーカスが上下に激しく動作する不具合です。
まる1日調べて不具合の原因がつかめずH氏に駄目報告をしようかと躊躇していましたが、あるヒントで不具合原因が判り修理は完了です。

通常のCDでは使わない仕様の部位での不具合で上記の誤動作が発生していました。本末転倒な造りにはほとほと呆れてしまいます。


RIMG7867.jpg
マークレビンソン全体を通して思うのがネームバリューにすがって何とか出来ている会社だと思わされますね。
造りは値段相応ではないし、出てくる音は緩いし(ハイエンドとして)プログラムのバグを取り切れていない等々非常に残念なことです。



 2018_09_18



 RIMG7635.jpg
今回は群馬のM氏からの依頼でB225のオーバーホールと音質改善です。
音質改善はBlue化の手法を取り入れての実施です。
M氏はB225の2台目の時は京都だったので転勤でしょうか??

RIMG7533_20180827190616a3f.jpg
肝心なピックアップの状態はレーザー電流値からみると寿命となっていたのと、目視確認では樹脂封入が見えずレーザー打ち換え品の疑いが有り通常はオーバーホール不可となるはずでしたが、
マイクロのCD-M2の時に新品のCDM-2の販売を見つけたので当方の予備にと購入していたCDM-1が有たので此れを使いオーバーホールです。

RIMG7540.jpg
交換後のアイパターンの電圧幅は1.63Vレーザー電流49mAと新品時の状態です。当然樹脂封入も有り正規品と思われるピックアップです。

RIMG7553.jpg
購入したあったのはCDM-1で付いていたのはCDM-0なのでピックアップ自体の交換はコネクタの形状や過去の評価よりはCDM-0を使いたかったのでCDM-0へCDM-1のスイングアーム部の移植です。
取り付け部の形状が違うので単純に交換しただけでは駄目だという事が今回判りました。

RIMG7627.jpg  
押し釦基板の取り付けネジが過去のメンテナンス時に外されて無くなっていました。新しい間はプラスチックの爪だけで基板を固定できますが古くなるとプラスチックの変形や硬化で基板を支えきれなくなります。
修理の基本は「まず元に戻す」です。メンテされる方はこれを守って貰いたいですね。

RIMG7630.jpg
右端の基板が今回の目玉のBlue化の手法で音質改善を行ったD/Aアナログ基板です。

RIMG7645.jpg
持てる性能を引き出せる点ではやはりBlue化の手法は効果ありですね。
エージングでの変化を楽しめそうです。




関連記事
 2018_08_27



2018年8月23日掲載
今回は遥か昔にアルミVRDS円盤への改造及び音質改善を行った神奈川のS氏のWADIA6で、最近勝手にミュート状態になるということで入院です。
この号機はオーバーホール後既に7年が経過しているので一番気になるのがピックアップです。
RIMG7443.jpg
早速アイパターンを確認するとオーバーホール時と遜色のない電圧幅があり一安心です。
RIMG7449.jpg
CDプレーヤーのオーバーホールを初めて間がない頃の作業なので交換されている電解コンデンサが85℃タイプの物だったり、今では音響用の電解コンデンサを使うところに105℃の電解コンデンサを使っていたりと時の流れを感じます。
今回もSpirit-Blueへの変更となるのでコンデンサ類も現在チョイスしている物に一掃です。

RIMG7525.jpg
順調に作業もすすみWADIA6改Spilit-Blueの完成です。
これでまた1つ心地よくCDを聴くことが出来るプレーヤーが増えましたね。

2011年5月29日掲載 

blog_import_53b8de77bef0d.jpg
WADIA6 6台目のWADIA6が舞い戻ってきました。
埼玉のS氏に返却後特定のCDにて音飛びがでるとの事で音飛びCDと共に音飛びの調査です。

blog_import_53b8de791cccf.jpg
早速音飛びするCDのアイパターンを見てみると電圧幅が0.95Vとかなり悪くなっている事がわかりました。

blog_import_53b8de7a75c7a.jpg
こちらでテストに使っているCDでアイパターンをみると1.19Vと出荷時とほぼ同じ状態の波形が見られました。
この事よりこの音飛びするCDは反射膜の状態があまり良くないようです。
S氏と相談の上音飛びに対処する為アルミ円盤のVRDS機構に載せ換えする事としました。

blog_import_53b8de7bbc754.jpg
サクサクとアルミ円盤VRDS機構へ変更です。(そんな訳ないです、かなり時間を要します)
やはりアルミ円盤のVRDSは様になりますね。

blog_import_53b8de7cc8c25.jpg
アルミ円盤のVRDS機構に変更したところ音飛びCDで0.95Vしかなかったアイパターンの電圧幅が1.0Vと上昇しました。
この事によりアルミ円盤のVRDS機構の読み取り精度の良さがわかります。
それにしてもCDの反射膜の反射に対する規格はないのでしょうか、せっかくの音楽もCDの悪さでスポイルされては意味がないですよね。


関連記事
 2018_08_23




10  « 2018_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

受付に付いて

只今、受付は休止中です。 DAC・トランスポートを含むCDプレーヤー専門です。 OH前提の上での不具合対応と成ります。 「修理のみ」の対応はリピーター機器に限定しています。 問合せは、下記メールをコピーペーストして送信ください。 mailto:meerschaum@wonder.ocn.ne.jp    山手サービス 高橋

全記事表示リンク

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDP・・DAC・トランスポート

BARCO

CHORD

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

検索フォーム

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.