プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村





今回は神奈川のT氏からの依頼でWADIA25のオーバーホールとBlue化です。
現状低音が薄くなったのとテストCDにて315Hzでノイズが出るとの事です。

RIMG2260.jpg  
ノイズの原因がデジマスターの時は修理が出来ない可能性があるので先にノイズの確認です。
2日間位テストCDや通常の音だし用のCDで確認するもノイズの発生は無くWADIA25以外の問題であろうと判断しオーバーホール作業の実施です。

下に有るWADIA6は貸し出し予定の当方のWADIA6LTD-Blueです。Blue化の作業が続きそうなので音の比較用に貸し出しに踏み切れずにいます。
申し訳ないですが今しばしお待ち願います。

RIMG2168.jpg
D/Aアナログ基板はWADIA860とよく似ています。出力回路は同じに見えますので音の違いが有るとすればデジマスターのプログラムと繋ぐトランスポートによると思われます。

RIMG2163.jpg
WADIAらしい加工です。アルミの厚板をフライス加工で掘り込んでいます。1/3位は屑にする位の加工ですね。

RIMG2326.jpg
Blue化も無事完了し音出しエージングです。
音はWADIA850LTD-Blueとよく似た感じです。
WADIA850と同等でフラットな音作りなのでオーケストラ等の大編成のCDを聴くには抜群ですね。では小編成やボーカルはと思われるかも知れませんが此方も駄目な訳では無いですよ、中音が強調されているWADIA6LTD-Blueと比べると立体感に欠けますがかなりの物だと思います。






 2017_07_20


WADIA X-64.4

Category: X-64.4  


今回もひとつ前のWADIA850と同じ東京のK氏からの依頼でX-64.4のオーバーホールです。
現状不具合はないとの事です。
こちらはセカンドシステムでLUXMAN D500と繋いでおりWADIA850より密度感が有るそうです。

RIMG2052.jpg
内部はボードコンピューターの様な作りで、デジタル側はメッシュのGND(たぶん)アナログ側はベタのGNDと当時のコンピューター業界のお決まりのパターンです。

RIMG2124.jpg
D/Aコンバーターも量販メーカー製ではなく、自社開発品?を使っているので回路構成等判りませんのでICが壊れると修理不能ですね。

RIMG2137.jpg
電解コンデンサの使用も少なく作業性も悪くないのであまり手間のいらない機器だと思います。
音はWADIA6の前期型の様な感じでしょうか。WADIA6の様に中音が少し盛り上がっているので密度感が有るように聴こえるのでしょうかね。



 2017_07_19



 RIMG2035.jpg
今回は東京のK氏からの依頼でWADIA850のオーバーホールです。
CDを認識しなくなったとの事なので持病が出た様ですね。

RIMG1975.jpg
お約束の様にスレッドギアが壊れています。このギアではしかたがないですね。

RIMG1984.jpg
此方のピックアップもレンズを支持するサスペンションのへたりが出ているのが判ります。

RIMG1993.jpg
普通では見る事の出来ないドライブユニットの裏側です。
縦方向には曲げが有り剛性を確保していますが、横の長手方向には曲げを入れていません、剛性を上げる為の曲げなら、長手方向にこそ曲げを入れておくべきだと思うのですが良く分からないですね。

RIMG2032.jpg

WADIA850が最初に来た時はWADIA21と似ているがWADIA21の様にはアイパターンの測定が出来ないとかと悩みましたが、今ではオーバーホールの手順も確立しているので作業は楽に成りましたね。

RIMG2041.jpg
オーバーホールで発売時の状態以上にリフレッシュされていますので、往年の音をお聴きいただけると思います。




関連記事
 2017_07_19



 RIMG1853.jpg
今回は福島のE氏からの依頼でCDX-10000のオーバーホール・音質改善です。
社会人になってから憧れのCDX-10000を購入し10年程になるそうですが既にローディングが出来ず、トレイにラベルを張り手でトレイを出し入れして使用していたそうです。

RIMG1707.jpg
物の見事にガイドローラーのゴムが溶けてそこら中がベタベタの状態です。憧れていた機種でなかったら諦めて手放していたと思えるくらいの状態です。

RIMG1699.jpg
CDX-10000の良い所は来る機械ほぼピックアップの状態が良い事です。このCDXもかなりの電圧幅が有ります。
ほんとYAMAHAさんはいい仕事していると思います。

RIMG1744.jpg
この写真で不具合が判る人はまずいないと思いますが、この不具合のおかげでトレイ開動作が途中で止まってしまいます。
答えは後ほど

RIMG1842.jpg
スピンドルモーター部より異音がしていたので分解すると磁石とコイルの間に異物が入り込んでいました。異物が柔らかかったのでコイルに傷が付いておらず一安心です。

RIMG1864.jpg
今回は音質改善でアナログ出力回路のオペアンプを全て交換したので今まで以上に切れの有る音に成ったと思います。

問題の答えはリミットSWを押すレバー止めネジの締めこみすぎです。レバーが常時SWを押した状態に成っており、この為トレイが途中で止まる不具合を起こしていました。




関連記事
 2017_07_17



2017年7月15日より、

メンテナンス完成後の返却は日本郵便 「ゆうパック」を利用します。

運送会社、変更のいきさつについては

次回から、返却発送はゆうパック[保証付き]に成ります。

【追記】次回から、返却発送はゆうパック[保証付き]に成ります。

を、参照ください。


こちらへの配送も「ゆうパック」をご利用ください。
保証50万までを提示してくださっている
ゆうパックの方針も心強く思います。

ゆうパックの集荷について、
電話での申し込みも可能ですが
郵便IDを取得すれば
ゆうびんポータルから集荷依頼を行えます。





  Web集荷サービスのお申込み(リンク有↓)

集荷のお申し込み


お電話での集荷申込み(ゆうパック・EMSがお申込みできます。)

          集荷専用電話番号 0800-0800-111
(固定電話・携帯電話ともに無料)

          集荷専用電話番号におかけいただき、集荷に伺う地域の郵便番号7ケタを押していただくこ
          とで担当郵便局におつなぎします。

          ※担当郵便局により集荷受付時間が異なります。あらかじめご了承ください。


【日本郵便 ホームページ トップ】




http://www.post.japanpost.jp/index.html

【ゆうびんID登録】

https://portal.post.japanpost.jp/aew/pc/memberTmpRegistInit.do

【ゆうびんポータル】

https://www.post.japanpost.jp/lpo/id/

此方からの返却の際は従来通り、保険をかけますが、
ゆうパックの場合は、
お客様にて、着払い代金とともに保証金を
お支払いいただくことになります。
一律、370円で、
50万円までの保証です。
何かあったときには、すぐに当方にご連絡ください。

送り先です。
常時誰かいますので、時間指定は不要です。

メール meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
【リンクを貼っていません。コピーペーストでメール宛先欄に貼付けてご利用ください】

〒720-0092 

 広島県福山市山手町7丁目2-41

    山手サービス 高橋政則

TEL・FAX 084-951-0642(緊急時にご利用ください)



関連記事
 2017_07_16




06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

♪お知らせ♪

OH前提の上での不具合対応と成ります。
D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。
詳細は
(お問合せ・ご依頼の前に)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
(オーバーホール・メンテナンス受付)
http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
29年度第一回受付は再開同日、2月26日深夜1時50分に閉じました。
ご依頼については、次回、受け付けをお待ちください。
問合せについては、
下記メールをコピーペーストして送信ください。
meerschaum@wonder.ocn.ne.jp
  山手サービス 高橋

全記事表示リンク

ブログ内検索

オーディオを想う

客先訪問

スピーカー

CDプレーヤー

BARCO

CHORD

Mark Levinson *更新

SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

♪ありがとう♪

プロフィール

山手サービス

Author:山手サービス
本業の制御の仕事があまりに暇なので趣味のオーディオのメンテナンスを始めたところ、自分の過去の仕事内容とメンテナンスがかなりの範囲で一致しており、気がつくと本業よりこちらのウエイトが大きくなっているこの頃です。
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。
オーディオのメンテ修理ではCDPが一番気が入ります。何でって・・そりゃ音の変化が顕著に現れるのが嬉しくて。
ご依頼については

の主旨にご賛同いただいたうえでお願いいたします。

(ゆとり)OR(余力)

ブログ村

QRコード

QR

カテゴリ

ページランキング

ブログパーツ




PAGE
TOP.